CD-R実験室トップ
LITE-ON LH-20A1S トップ ドライブ情報等 CD関連の各種性能 CD関連のベンチマーク
各種速度でのDVD-R書き込みグラフ DVD関連のベンチマーク DL
各種8倍速メディアエラーチェックページ Part1 各種8倍速メディアエラーチェックページ Part2
各種16倍速メディアエラーチェックページ Part1 各種16倍速メディアエラーチェックページ Part2


■LITE-ON LH-20A1S  - 2007年2月3日更新 -

20倍速DVDドライブの LH-20A1P 発売から約1ヶ月。LH-20A1P の S-ATA版らしきドライブ、LH-20A1S が販売されました。


LITE-ON LH-20A1S
LITE-ON LH-20A1S
LH-20A1P と比べて、トレイの色が白から黒へ変更、天板のデザインが変更等、
細かな点で変わっているところあり。
初回出荷分は海外パッケージですが、日本語パッケージがもし発売された場合、
ベゼルがシールの可能性があるので、買う時はパッケージの表記を要チェック。
- 公式サイト -
代理店
AKIBA PC Hotline!


ドライブ的な特徴は、LH-18A1P や LH-20A1P とよく似ていて、LH-20A1P のインターフェースを S-ATAにしたような感じです。(型番からも想像はつきますが、実際に特徴は似ています)

違う点としては、


DVDINFProで正常に認識されない。(うちのPC環境のせいの可能性あり)
Nero CD-DVD Speed のディスク品質テストで、開始位置を0001MBにしないと動かない。(LH-20A1P でも動かないときありますが、LH-20A1S では数回試みたところでは、1度も動きません)
逆に、開始位置を0001MBにすれば、確実に動く。


くらいで、マザーボードの対応度がよければ普通に使えます。(このマザーボードの対応度というのがクセモノですが)
とりあえず、ASUS P5LD2 DELUXE (intel 945P + ICH7R) では正常動作しています。

主な特徴等は、※一部、ASUS DRW-1814BLT のコメント文流用してます。

メインチップはMediaTek MT1899Eが搭載。KProbe等でも予想通り動作可能。
インターフェースは、2007年2月時点では貴重な S-ATA (配線スッキリ)
S-ATA変換基板とかを使うのではなく、プリント板から専用設計している。
Nero CD-DVD Speed のディスク品質テストで動作可能。(Jitterも対応)
ただし、CD-Rや、2層DVD+Rメディアの後半レイヤのJitter計測は不可。(LH-18A1P、LH-20A1P 等と同様)
※うちのPC環境のせいかもしれませんが、本ドライブの場合は開始位置を "0001MB" にしないとなかなか動いてくれません。(繰り返しになりますが、開始位置を "0001MB" にすれば確実に動作可能)
※LH-18A1P の場合は、わざわざ開始位置を "0001MB" にしなくてもほとんど動いてます。(うちの環境の場合)
LH-18A1P はうるさく感じるときがありますが、(Nero CD-DVD Speed のディスク品質テスト開始前のタイミング等で)
本ドライブはそれほどうるさくはない。(主観 & ドライブの個体差もあるかもしれません)
DVDScan 0.04Beta でも予定通り動作可能。
ただし、Betaだけやけに遅く、ちょっと実用的ではない。(PC環境の可能性あり)
PIE、PIF、Jitterは普通に動きます。
KProbe 2.5.2 でも予定通り動作可能。
EACで設定するオフセット値は、LITE-ON LH-18A1P 等と同じで、読み(-24) 書き(+24)
また今までのLITE-ON同様、EACでオーバーリードの設定をすることで、ディスク先頭の24サンプルを読むことも可能。(メインチップが同じ TSST TS-H653A ではこれができない)
書きの方は、Exact Audio Copy で "Write samples offset" を "+24" に設定することで、位置ずれ、データの書き漏らしのない完璧な音楽CD作成が可能。
DVD±R 8倍速書き込みの初速は、相変わらず SHM-165P6S より遅い。
DVD±R 6倍速CLV 書き込みはしっかり可能。
なだらかなカーブになるのも、いつものLITE-ON通り。
太陽誘電32倍速CD-Rメディアはついにサポート対象外?マウント自体ができません。
【追記】
その後ファーム9L05にしたところ、マウントできるようになりました。
SMART-BURN Media Check 3.1.16t で全ファンクションチェック可能。"Over Speed Writing"は実際に効果あり。
Nero CD-DVD Speed を使うことで、BookTypeの設定変更が可能。さらにDVD+RWメディアのBookType書き換えを行うことも可能。
(ただし、Nero CD-DVD Speed では設定保持できないので、常時ROM化したいときは ImgBurn で)
※1層DVD+Rは、ROM化する、しないどちらも可能なことを確認。
※2層DVD+Rは、ROM化する焼きのみ確認。
本ドライブで6倍速書き込みしたDVDメディアを、PX-755A 等でJitter計測すると、書き始めが階段状になることがある。(これ自体はそんなに問題なさそうな気がします)
この辺の特徴は、LH-18A1P、LH-20A1P も同様。
トレイの色は黒で、デフォルトベゼルも黒。(白、銀の交換ベゼルも付属)
天板のデザインが、LH-20A1P から変更されている。
メイン基板には、"SONY" のシルク印刷が復活。(いつ以来?)
さりげなく S-ATA ケーブルが付属されている。
CD Manipulator、Exact Audio Copyでは共に書き込み可能。
暁のラブレターでは問題起きない。


LITE-ON でいいのは、なんといっても

Nero CD-DVD Speed のディスク品質テストで動作可能 (Jitterも対応)

な点で、(2007年2月現在では)PLEXTORやBenQが入手しにくくなってきているだけに、貴重な存在です。
どこかで聞いたフレーズですが、一家に1台!ライトンドライブ!


↑のことも含めた、特徴等のまとめは以下のとおり。




■LITE-ON LH-20A1S の主な特徴等 ※確認時のファームウェアは 9L02

調査項目 結果(内容) 補足説明 (なんで調べているか?等)
ベンダーID LITE-ON 読みは 「ライトオン」 ではなく、「ライトン」 が正解
プロダクトID DVDRW LH-20A1S
メインチップ MediaTek
MT1899E
TSST TS-H653A は、MT1899E
ASUS DRW-1814BLT は、MT1899LE
購入時ファームウェア 9L02
製造国表示 MADE IN CHINA
排気ファン なし
5V定格 1.5A
12V定格 1.5A
ヘッドホン端子 なし
付属のブランクメディア なし
付属ソフト Nero Express Essentials 7.2.3.3 等
(LH-18A1P と同じっぽい)
Exact Audio Copy での
Read sample offset correction
-24サンプル
Exact Audio Copy での
Write samples offset
+24サンプル
Exact Audio Copy での
Combined read/write sample offset correction
±0サンプル 音楽CDを読み書きしたときの位置ずれ。(音楽CDをコピーするとほんの少しデータが削られます)
本ドライブは、読み書きでズレが相殺されます。
Exact Audio Copy での
Overread into Lead-In and Lead-Out
Lead-In のみという判定結果
音楽CDリッピング可能領域 Exact Audio Copy を使い、"Read sample offset correction" を "-24" に設定し、リードイン、リードアウトオーバーリードのオプションを有効にすることで、全領域リッピング可能。
音楽CD書き込み可能領域 Exact Audio Copy を使い、"Write samples offset" を "+24" に設定することで、位置ずれ、データの書き漏らしのない完璧な音楽CD作成が可能。
エラー入りCDS200系ディスク
(通称コピーコントロールCD)
の読み
読みはやや苦手だが、問題なし
認識は良好
NeroDriveSpeed での速度制御 CD、DVDともに制御可能。(詳細はベンチマークページ参照) Nero DriveSpeed 3.0.10.0 にて確認
CD-Rオーバーバーン Nero CD-DVD Speed 4.7.0.2 でのシミュレーションでは、82分41秒くらいまで可能という判定結果。
DVD+Rオーバーバーン 非対応 Nero CD-DVD Speed 4.7.0.2にて確認
1層DVD+R ROM化 ROM化する、しない、どちらも可能 Nero CD-DVD Speed 4.7.0.2にて確認
2層DVD+R ROM化 ROM化する焼きは確認
ROM化しない焼きは特に未確認(設定自体は可能)
Nero CD-DVD Speed 4.7.0.2にて確認
Exact Audio Copy での読み書き 読み → 可能
書き → 可能
CDRDAO経由しなくても可能。
V0.95 beta 4にて確認。
※CDRDAO経由のオプションは、「EAC」 → 「書き込み」 タブのところにあります。
CD Manipulator 2.70 での読み書き 読み → 可能
書き → 可能
CD-R最低書き込み速度 16倍速
フルCLVでのCD-R書き込み最高速度 16倍速
フルCLVでのDVD-R/DVD+R書き込み最高速度 1層は6倍速
2層は詳細未確認
ROM化したDVD+R、DVD+R DLディスクの認識 DVD+R、DVD+R DL共に本来のBookTypeで認識 なんでこんなことを調べているかというと、ドライブによってはROM化したディスクをROM化していないと判断してしまったり、逆にROM化していないのにROM化したかのように処理してしまうことがあるからです。(LH-20A1S はBookTypeの判別ドライブとして正常に使用可能)
(作り間違えた)
ルクセンブルクTDK8倍速メディアの認識
TTG02 詳細はこちら を参照。
保証 箱入りだが、バルク扱い
トレイの色
搭載バッファ容量 2MB
データ転送速度 PIOモード 4
MultiWord DMA-2
Ultra DMA-5
ドライブのLEDとマザーボードHDDのLEDは同期するか? 書き込み中はドライブのLEDは点滅、HDDのLEDは点灯
MediaCodeSpeedEdit でのファームウェア情報 9L02_speedsettings.txt 出荷時のファームで20倍速書き込み可能なメディアは、太陽誘電 DVD±R 16倍速メディア、SONY 16倍速DVD-Rメディア、CMC 16倍速DVD-R メディアあたり。
SONY 16倍速DVD-Rメディアは、1枚試した限りでは焼きミスしてしまったので、使わないほうがいいかもしれません。
Nero CD-DVD Speed のディスク品質テストで動作するか? 動作可能 1層DVD±R はJitterも可能
CD-R や、2層DVD+R の後半レイヤはJitter不可
暁のラブレター書き込み能力 問題なし aiko/暁のラブレターは、書き込みのとき問題が出やすいという特殊データが入っている音楽ディスクです。
こちら を参照。
購入時ジャンパー位置 -


■トレイの色

LH-18A1P、LH-20A1P では白になりましたが、再度黒になりました。

デフォルトのベゼルは黒で、トレイの色も黒。


■交換用ベゼル

LH-18A1P の日本語パッケージでは ベゼルの代わりにシール という嫌すぎる仕様でしたが、しっかり交換用ベゼルが付属。
※海外パッケージの場合です。(今後日本語パッケージが出た場合は要確認)


■ドライブ背面

背面はこんな感じでスッキリしています。


■スピンドルモータ部

LH-18A1P (初回出荷購入品) に比べて動作音が小さいので、一応掲載。


LH-20A1S


LH-18A1P (参考比較用)


LH-18A1P は、Nero CD-DVD Speed のディスク品質テスト開始直前のとき等結構うるさいときありましたが、LH-20A1S はそれと比較してうるさくはありません。(うるささの感じ方は主観 & 個体差の可能性もあり)


■マザーボードBIOSでの認識

Ultra DMA-5


■LITE-ON 系ツールでの動作

各種ツールが期待通り使えました。


SMART-BURN Media Check 3.1.16t
"Force Hyper Tuning" と "Online Hyper Tuning" の実際の効果は詳しくは調べてませんが、チェックできるようになっています。
"Over Speed Writing" は実際に効果あり。



Flash Utility for LiteOn Based Optical Drives 2.0.0
ファーム吸い上げ中の図。



↑で吸ったファームを、MediaCodeSpeedEdit V1.0.9.6 に読ませたところ
9L02_speedsettings.txt


■各種エラー計測ソフトでの動作

これもほぼ期待通り使えます。
ほぼというのは、DVDScanのBeta計測のみやけに遅く、(Betaのみ)ちょっと実用的ではなさそうだからです。(その他は予定通り)


使用メディア
太陽誘電16倍速DVD-Rメディア ID : TYG03


以下、TYG03を20倍速で焼いたディスクを、各種ソフトで計測した結果です。


Nero CD-DVD Speed 4.7.0.2
もし動かない場合、開始位置を "0001MB" にしてみるといいかと思います。


DVDScan 0.04Beta + LH-20A1S (Firm 9L02) PIsum8 Test (Speed=4)
元画像表示 (New Window!)


DVDScan 0.04Beta + LH-20A1S (Firm 9L02) Jitter Test (Speed=4,Interval=400)
元画像表示 (New Window!)
外周が悪いですが、20倍速書き込みなので、まぁこんなものだと思います。


DVDScan 0.04Beta + LH-20A1S (Firm 9L02) TE/FE Test (Speed=4,Interval=400)
元画像表示 (New Window!)


KProbe 2.5.2
KProbeも問題なく動作可能。


※他のドライブでの計測結果は、16倍速DVD±Rメディアエラーチェックページに載せています。


■箱

箱1 箱2 箱3 箱4

■各種DVDメディアの選択できる書き込み速度 & 書き込み方式について ※ファーム 9L02時

メディア 20x 18x 16x 12x 8x 6x 4x 2x
太陽誘電 16倍速DVD-Rメディア
TYG03
CAV
CAV
CAV
P-CAV
P-CAV
CLV
CLV
書き込み
エラー
太陽誘電 8倍速DVD-Rメディア
TYG02
×
-
×
-
×
-
P-CAV
P-CAV
CLV
CLV
CLV

※TYG02への12倍速書き込みは、"Over Speed Writing" を有効にすることで可能。

TYG03の2倍速書き込みがエラーになるのは、LH-18A1P のときと同じです。

■各種ディスクのマウント時間 ※ファーム 9L02時

記録済みディスクは MountTime_Checker で。ブランクディスクと通常の音楽CDは Nero CD-DVD Speed を起動させておいて、 「ディスク種類」 のところの表示されるまでの時間を計測しています。

ディスク種類 マウント時間 ディスク種類 マウント時間
ブランクDVD-Rメディア
(TYG02)
13秒 記録済みCD-Rメディア
(太陽誘電48倍速CD-Rメディア)
10秒
記録済みDVD-Rメディア
(TYG02)
15秒 普通の音楽CD 15秒
ブランクDVD+R DLメディア
(MKM001)
20秒 プレス2層DVD-Video (CSS) 12秒
記録済みDVD+R DLメディア
(MKM001)
19秒 記録済みDVD-RAMメディア
(maxell 5倍速DVD-RAM)
32秒
ブランクCD-Rメディア
(太陽誘電48倍速CD-Rメディア)
11秒 記録済みDVD-RAMメディア
(maxell 12倍速DVD-RAM)
33秒

RAMが少し遅いですが、それ以外は普通です。


■今回使用しているソフト等

【焼き関連で使用しているソフト】
Nero CD-DVD Speed 4.7.0.2
Nero DriveSpeed 3.0.10.0
Nero InfoTool 4.2.1.0
PlexToolsProfessional 2.36
PxScan 1.7.10.1
PxView 1.12.6
Exact Audio Copy V0.95 beta 4
CD Manipulator 2.70
Nero7.7.5.1A
DVDINFOPro 4.626
MountTime_Checker
CD-Ripper
WaveCompare
wnaspi32.dll (nero)
※CD-Ripper等、ASPI が原因で動作しないソフトの場合、wnaspi32.dll を *.exe と同じフォルダに入れてやると(大抵)正常動作します。

【ここで使用しているPxScan 1.7.10.1 用バッチファイル、PxView 1.12.6 用config.ini】
PIE/Beta/Jitter用バッチファイル
PIE/Beta/Jitter用 config.ini
TA 用バッチファイル(デフォルト3エリア)
TA 用バッチファイル(外周を指定したもの)
TA 用 config.ini
バッチファイルの中の6桁の数値は、PX-716A のシリアルナンバーです。(使用するドライブの S/N に書き換える必要あり)

【画像関係で使用しているソフト】
ホームページビルダー2001に付属のウェブアート デザイナー (*.png、*.jpeg 変換)
OPTPiX webDesigner 3.10.00 (画像切抜き、その他)


■各種エラー計測グラフの見方がわからない!

説明ページ


CD-R実験室トップ
LITE-ON LH-20A1S トップ ドライブ情報等 CD関連の各種性能 CD関連のベンチマーク
各種速度でのDVD-R書き込みグラフ DVD関連のベンチマーク DL
各種8倍速メディアエラーチェックページ Part1 各種8倍速メディアエラーチェックページ Part2
各種16倍速メディアエラーチェックページ Part1 各種16倍速メディアエラーチェックページ Part2