■MagicCDR 2 - 2005年4月16日更新 -

以前、MagicCDR というライティングソフトが発売されましたが、新たに MagicCDR 2 が発売されました。
公式サイトの説明によると、

 ●操作がシンプル
 ●特殊音楽ディスク (コピーコントロールCD、レーベルゲートCD、Key2AudioCD) を音楽用CD-Rに変換


が売りのようなので、「はたして実際の使い勝手や性能はどうなのか?」 ということで試してみたいと思います。

※注
ただし、製品版ではなく、試用版で試しています。(もし結果がよかったら買う、ということで)
また、このページで使用したドライブは、確認時点では公式ページのサポートドライブには載っていないため、今後のMagicCDR 2のバージョンアップ等によっては状況が変わってくるかもしれません。





■今は普通に扱えてしまうドライブが多い

コピーコントロールCDというと、一般的には、「コピーできない音楽CD」 といった認識もあるかと思いますが、あくまで 「コントロールしようとしている」 だけで、(最近のドライブだと)実際には普通に扱えてしまう場合が多いです。

個人的に購入した、最近のドライブの状況は以下の通り。


ドライブ名 CDS200.0.04仕様ディスク
(コピーコントロールCD)
のリッピング
Key2Audio仕様ディスク
のリッピング
PLEXTOR
PX-704A
普通にリッピング可能 普通にリッピング可能
PLEXTOR
PX-712A
普通にリッピング可能 普通にリッピング可能
PLEXTOR
PX-716A
普通にリッピング可能 普通にリッピング可能
Pioneer
DVR-A09-J
普通にリッピング可能 正常にリッピングできない
Pioneer
DVR-A08-J
普通にリッピング可能 普通にリッピング可能
NEC
ND-3530A
普通にリッピング可能 普通にリッピング可能
NEC
ND-3520A
普通にリッピング可能 普通にリッピング可能
NEC
ND-3500A
普通にリッピング可能 普通にリッピング可能
NEC
ND-2510A
普通にリッピング可能 普通にリッピング可能
日立LG
GSA-4163B
普通にリッピング可能 普通にリッピング可能
日立LG
GSA-4120B
普通にリッピング可能 普通にリッピング可能
BenQ
DW1625
普通にリッピング可能 普通にリッピング可能
BenQ
DW1600
普通にリッピング可能 普通にリッピング可能
BenQ
DW822A
普通にリッピング可能 普通にリッピング可能
東芝サムスン
TS-H552A
正常にリッピングできない 普通にリッピング可能
東芝サムスン
TS-H552B
普通にリッピング可能 普通にリッピング可能
松下寿
SW-9585
普通にリッピング可能 普通にリッピング可能
LITE-ON
SOHW-1653S
普通にリッピング可能 普通にリッピング可能
TEAC
DV-W58E
普通にリッピング可能 普通にリッピング可能


国内で採用されているコピーコントロールCDはほとんどCDS200.0.4ですが、「コントロール効果」 が適用されるドライブは(この中では)東芝サムスンのTS-H552Aしかありません。(他のドライブはEAC等のリッパーで普通に吸えてしまうので、言われなければコピーコントロールCDと気がつかないかも)

ほとんど普通に吸えてしまう状況ですが、(公式サイトを見ると、CCCDの読みに特化されているような印象を受けたので)ここでは問題のある2ドライブ(Pioneer DVR-A09-J、東芝サムスン TS-H552A)を使って、MagicCDR 2の実力チェックをしてみます。



〜 少し脱線 〜

謳い文句の、「操作がシンプル」 というのはいいとして、

特殊音楽ディスク (コピーコントロールCD、レーベルゲートCD、Key2AudioCD) を音楽用CD-Rに変換

というのは、なにかすごそうに感じますが、使ってみたところでは1stセッションのみを読んで、書き込みしているだけということでよさそうです。
(EACでイメージ作成して、書き込むのと同じです)

というか、ドライブが対応していれば、EACの方が断然お勧め。EACで書き込みできないドライブでも、EAC読み → nero6書き とかやれば同じことができます。




■Pioneer DVR-A09-J (ファーム1.40) + Key2Audio の場合

使用ディスク (Key2Audio)
Nick Carter / NOW OR NEVER


モードはいろいろありますが、ここでは
CCCDからAudioCDへのコンバート(変換)機能
というのを使ってみます。



非情にシンプルな設定画面 ・・・が!
ブロック数がマイナス表示になっていて、どうも誤認されているっぽいです。
(この時点でだめそうな気が・・・)

(ブロック数がマイナスになっているのが変な気がするものの)
「開始」
をクリック。
で、











やはりだめみたいです!
当然ながら、空き容量は十分にありますが・・・




■東芝サムスン TS-H552A (ファームBA53) + CDS200.0.4 の場合

使用ディスク (CDS200.0.4)
Every Little Thing / Many Pieces


今度はブロック数は正常に認識されてます



がしかし、この画面から進みません。



で、なんのメッセージも出ず、元の画面に戻ってしまいました。(ToT)


ここでの作業をデジカメで撮っておいたので、参考までに公開しておきます。


magiccdr2.AVI (約2.43MB)
こんな感じで、読みにいかず、元の画面に戻ってしまいます。


その後、EACを使ってリッピングを試みましたが、読みにいけずドライブが固まってしまいます。
ただ(同じくEACを使い) 事前に 「ギャップ検出」 を行った後リッピングを試みたところ、正常にリッピングできました。
やり方によってはうまくいくみたいです。



※公式サイトに 「プロテクト付き音楽CDのバックアップ機能は、CD-R/DVD-Rドライブに依存し、機種によっては正常に動作しません」 といた記述がある以上、今回のようにうまくいかないときはあきらめるしかなさそうです。(試用版があるので、もし買うときは事前に要チェック)
※PX-716A での読み書きは、おかしな挙動もなく、ごく普通に行えたということを(一応)追記しておきます。(とはいえ、PX-716Aでは別にMagicCDR2を使わなくても、他のソフトで普通にうまくいきますが)




■結論

コピーコントロール音楽ディスクは長いこと調べてますが、やはり、


コピーコントロールCDは、ドライブ依存でファイナルアンサー


ということで。


あとちょっと気になったのは、MuziQSエンジンとは一体何なのか?ということですが、


Dritek System で検索してみたところ、コア部はMagicCDR1のときと同じ会社 みたいです。

それともう1つ。このソフト、常駐型です。





気になる人は要注意かと。(ま、試用版があるので、自分で試してみるのが一番かと思いますが)

あとは・・・そうそう、イメージファイルを覗くと、今回も CDMAKIT がありました。


やはり、1のときと同じ会社のソフトのようです。




トップへ