■昔のCD-Rは大丈夫なのか? - 2014年2月23日更新 - 

昔焼いたCD-Rは大丈夫なのか?確認してみようと思います。
本当はDVD-Rでやる予定でしたが、DVD-Rはあまり古いのがなく、エラー値も全然問題なかったので、今回はCD-Rにします。

今まで数えきれないくらいのCD-Rを焼いてきましたが、基本的にデータは順次DVD-R → BD-Rと移行してきたこともあり、手元にはもう2枚のCD-Rしかありません。いずれも太陽誘電で、1999年と2000年に記録したものです。今回はそのうち1999年のものを検証してみます。

記録ドライブはあやふやですが、時期的にTEAC CD-R55S か CD-R56S と思われます。(ライティングソフトはドライブに付属の B's Recorder GOLD だったと思います)


1999年12月9日に焼いたCD-R
もう14年近くも経過しています。
ホームページを開設したのが2000年11月なので、それよりも前に焼いたものです。



中身は画像データ
今となっては消えても全然問題ない画像データです。



まずは普通にファイルコピーを試みる
なにも問題なく完了しました。
↑は PX-760A ですが、BDR-S08J でも問題なく完了してます。



リードグラフ
外周ややふらついていますが、ほぼ問題なさそうです。



PxScan + PX-760A
Opti Drive Control 1.70 + PX-B950SA ではCD-R計測非対応なので、PX-760A + PxScan を久々に使います。
C1、C2、Beta いずれも良好で問題ありません。
※OSはWindows8.1ですが、正常動作しています。



PlexUTILITIES + PX-B950SA
以前使っていた DW1640 はもう手元にないので、Jitter計測のために PlexUTILITIES + PX-B950SA を使います。
値だけ見るとよくはなさそうですが、ピンクの線のはるか下なので、問題ないだろうということにしておきます。
(テキトーですいません)


ということで、よいメディアを使っていれば14年くらいならまったく問題なさそうです。
P○INCOとか、R○TEKとかだとわかりませんが。




■おまけ

押し入れの中をあさっていたら昔のCD-R(未使用)がでてきたので、記念にアップしておきます。

古きよき時代のCD-R
10数年前に買ったものと思いますが、当時は10枚セットで2千円くらいしてました。


同じく、古き良き時代のCD-R
秋葉に毎週のように通って、エックスとかあきばお〜で、コスパ最高のMEMOREXをよく買っていたのを思い出します。


トップへ