■M-DISCを茹でてみた - 2016年1月31日更新 -

M-DISCなる耐久性の高いメディアが出回っています。なんでも 1000年持つ そうです。
1000年持つ とか言われると反発したくなるのが自然の摂理で、どこまで耐久性があるのか?実際に試してみたいと思います。

加速試験としては恒温槽を用いるのが有効かと思いますが、会社にある恒温槽を個人的な目的で使用するのはちょっと抵抗感があります。
使えないこともないですが


かと言って、1000年持つ ものに対して、直射日光をあてるだけだと加速度が足りなそうだし・・・

ということで、熱湯で茹でる ことにしました。
さすがに熱湯は耐えられないだろうとも思いましたが、なんせ 1000年持つ とか言ってます。厳しめにいきましょう!
ポリカーボネートが熱湯に耐えられない気もしますが、その辺はあまり深く考えないでまずはやってみます。

参考比較用として、通常のBD-Rでも同じことをします。(通常のBD-Rは、Panasonic 6倍速BD-Rを使用)
書き込みに使用したドライブは、Pioneer BDR-XD05R2 です。


1000年持つらしい 参考比較用の普通のBD-R
M-DISC Panasonic 6倍速BD-R
[BD-R-SL:MILLEN-MR1-000] [BD-R-SL:MEI-RA1-001]


茹でてみた!
約2分弱茹でました。
さすがにこれはまずいんじゃないか?という気がしますが、物は試しです。




■茹でる前後のエラーグラフ

茹でる前
M-DISC
[BD-R-SL:MILLEN-MR1-000]
Panasonic 6倍速BD-R
[BD-R-SL:MEI-RA1-001]


茹でた後

ということで、M-DISCの方は途中から完全に死んでいます。Panasonicはなんとか持ちこたえてますが、お亡くなり寸前な感じです。
結果が逆の気がしますが、そもそも 熱湯で茹でる というのは加速試験のやり方としては適していないと思うのと、BDR-XD05R2 (F/W 3.00) はM-DISCに対応していないので、なんとも言えないところです。

パソコン用ドライブ記録メディアについて
↑で調べるとわかりますが、BDR-XD05系はM-DISC非対応です。(IDが載っていない) ※209系5インチドライブの方は対応してます。(2016年1月時点)

あと↑の動画をよく見るとわかるのですが、Panasonicが上側で、M-DISCが下側になっているので、M-DISCの方が不利な条件になってしいるかもしれません。(M-DISCは色が濃い方になります)
※意図的にそうしたのではなく、後で動画を確認したらそうなっていたことに気が付きました。
※本当にM-DISCが不利になってるのか?その場合どの程度不利なのか?はイマイチ不明です。









■条件を変えて茹でてみた

追加検証です。書き込みに使用するドライブは I-O DATA BRP-UT6SW (Pioneer BDR-UD03) です。M-DISCに対応しています。
また、条件を少しゆるくし、できるだけ同じ条件になるようにしました。

 ○熱湯で茹でる時間を 2分 → 30秒に変更
 ○熱湯で茹でるのはディスク半分くらい
 ○その他、できるだけ条件を揃えるため、ディスクレーベル面を貼りあわせる



1000年持つらしい 参考比較用の普通のBD-R
M-DISC Panasonic 4倍速BD-R
[BD-R-SL:MILLEN-MR1-000] [BD-R-SL:MEI-T02-001]


条件を変えて茹でてみた!
音量注意!(変な雑音混入してます)
大分条件をゆるくしてます。




■茹でる前後のエラーグラフ

茹でる前
M-DISC
[BD-R-SL:MILLEN-MR1-000]
Panasonic 4倍速BD-R
[BD-R-SL:MEI-T02-001]


茹でた後

今度は2つとも生き残ってますが、M-DISCの方が劣化してます。
ただ(繰り返しになりますが)このやり方は加速試験としては適していないと思うので、やはりなんとも言えないところです。(地道に日光浴が一番いいと思います)
予想外なのはJitterで、どちらも熱湯で茹でた後の方が数値がよくなってます。(なぜ?)

ということで、

1000年持つ M-DISCでも、熱湯で茹でればお亡くなりになる

という、そりゃそうだろうという結論になりました。


トップへ






■おまけ (M-DISCパッケージスキャン画像)

Verbatim
Unique Disc Identifier : [BD-R-SL:MILLEN-MR1-000]
----------------------------------------------------------------------------
Disc Type : [BD-R SL : Class 0 - Version 1]
Manufacturer Name : [Manufacturer Not Found In Database]
Manufacturer ID : [MILLEN]
Media Type ID : [MR1]
Product Revision : [000]
Stamper Date : [Not Present On Disc]
Layer Info : [1 Layer (L0) : 25.03 GB (23.31 GiB) Per Layer]
Blank Disc Capacity : [12,219,392 Sectors = 25.03 GB (23.31 GiB)]
Recording Speeds : [1x , 2x , 4x]
----------------------------------------------------------------------------



RiDATA
Unique Disc Identifier : [BD-R-SL:MILLEN-MR1-000]
----------------------------------------------------------------------------
Disc Type : [BD-R SL : Class 0 - Version 1]
Manufacturer Name : [Manufacturer Not Found In Database]
Manufacturer ID : [MILLEN]
Media Type ID : [MR1]
Product Revision : [000]
Stamper Date : [Not Present On Disc]
Layer Info : [1 Layer (L0) : 25.03 GB (23.31 GiB) Per Layer]
Blank Disc Capacity : [12,219,392 Sectors = 25.03 GB (23.31 GiB)]
Recording Speeds : [1x , 2x , 4x]
----------------------------------------------------------------------------


トップへ