■DVD-R DLメディア検証 Part1 - 2005年4月29日更新 -

DVD+R DLメディアの発売から11ヶ月ほど遅れましたが、ようやくDVD-R DLメディアが発売されました。
(第一弾はDVD+R DLのときと同様、三菱化学から登場)


三菱化学 4倍速DVD-R DLメディア
ID : MKM 01RD30
詳細情報
画像を見ると分かると思いますが、表ジャケットは付属してません。
(個人的にはかなり不満。ぜひジャケットも付属して欲しいところです)


すでに雑誌等で情報は出回っていますが、正式発売ということで、再生互換性等、気になることを調べてみようと思います。


---------- 以下駄文 ----------

普段から情報収集していると、DVD-R DLメディアが発売になっても、「ちょっと遅れたけど、ようやく発売になったか」 と特に疑問に思うところもありませんが、特別DVD系に興味がなかった人が、「そろそろ昔撮影した映像からDVD-Videoでも作ってみるか。最近はドライブも安いし、はやいとこデジタル化しておかないと、今の再生機器が壊れたらそれっきりになっちゃうし・・・」 などと思いつつ、いざDVD系ドライブ & メディアを買うとなると、ますますややこしいことになりつつあるような気がします。(店側が説明するのが大変)
例えば、



DVDってなんだか随分規格があるみたいですが、最近発売になった2層のDVD-Rメディアってなんでこんなに高いんですか?1層の倍以上するんですけど・・・

店員
2層DVD-Rメディアは製造自体が大変難しくなっております。現在のところ三菱化学しか製造していないこともあり、コスト的にはどうしても高くなってしまいます。


はぁ、そうですか。ところで、DVDマイナスじゃなくて、DVDプラスアールってのもあるみたいなんですが、どこが違うんですか?

店員
DVD+R DLメディアは2層対応ドライブならどのドライブでも使用できますが、DVD-R DLメディアは、現在のところ対応ドライブじゃないと使用できません。


いや、そんなことを聞いたんではないんですが・・・ なんというかその、2層DVDプラスRと、2層DVDマイナスRのそれぞれのメリット、デメリットというのを知りたいんですが。

店員
・・・・・・・・・・え〜と、それはその・・・・・基本的には似たようなものですが、2層DVDプラスRはROM化ができるので、互換性の面ではそれなりに有利です。2層DVDマイナスRはROM化はできませんが、ブックタイプはDVD-R DLではなく、DVD-Rとなっているので、互換性は高いと聞いております。ただし、互換性についてはお客様の再生環境によりますので、一概には言えませんが。


なんですかその「ROM化」とか「ぶっくたいぷ」というのは!もっと分かりやすく説明してください!

店員
互換性を高めるための一つの手法のようなものです。


はぁ、そうですか。で、結局なんでプラスとマイナスがあるんでしょうか?

店員
DVDメディアは規格が2つの路線にわかれているので・・・VHSとベータのようなライバル関係と思ってもらえればいいと思います。


はぁ、そうですか。でもパッケージをよく見ると、DVDプラスアール、DVDマイナスアール両対応機種が結構あるんですけど・・・ ほんとにライバル関係なんですか?

店員
いや、それはその・・・ 昔はライバル関係だったんですが、いつのまにかそうじゃなくなりました。


はぁ、そうですか。よくわかりませんが、結局メディアは2層DVDプラスRと2層DVDマイナスRとどっちを買えばいいんですか?

店員
それはお客様の再生環境にもよるので・・・


つまり人柱になれと。

店員
いや、そうは言ってないですが・・・まぁそういうことになってしまいますが。


よくわからないので、両方買っておきます。

店員
2枚で2千8百80円になります。


高っ!!

-------------------------------


と、こんな感じで、ますますややこしさに拍車がかかってきた感がありますが、人柱というのは大げさではなく、DVD-R DLメディアに関しては各自の環境で調べないと分からない部分が結構ありそうです。(そのうち情報は集まってくると思いますが)




■DVD-Videoを焼いて互換性チェック

発売されたばかりのメディアということもあり、ソフト側の対応がいまいちのところもありますが、いくつかのソフトではDVD-R DLに正式対応済みなので、3つの代表的なライティングソフトで試してみます。

焼き方はDVD+R DLのときと同じで、MPEGファイルから TMPGEnc DVD Author 2.0.6.47 で容量約7.14GBのDVD-Video用ファイル(VIDEO_TS)を作成し、それを各種ソフトで焼きます。
(1枚だけは、TMPGEnc DVD Author 2.0.6.47 でDVD-Video用ファイルを作成したあと、同じく TMPGEnc DVD Author 2.0.6.47 でISOファイルを作成し、そのISOファイルをONESを使って焼いています → 最初はnero6を使う予定でしたが、なぜか焼くときにエラーになってしまったので、ONESを使用)
※MPEGファイルの時間は約2時間10分。チャプターは1時間のところに1個だけ打ち、メニューは作成していません。

あとは書き込みに使用するドライブですが、(このページでは) PX-716UF (Firm 1.06) を使用しています。
書き込み速度は、いずれも 6倍速 です。


結果
ライティングソフト Ulead DVD Player
+
PX-716UFでの再生
初期型PlayStation2
(SCPH-10000)
での再生
Pioneer
DVD-VideoプレイヤーDV-555での再生
Layer Br. 焼き方
nero 6.6.0.12 一瞬たりともとまらず
完璧に再生可能
一瞬たりともとまらず
完璧に再生可能
レイヤ切りかえの
ところで完全停止
生成されない Data焼き
(VIDEO_TSの書き込みを選択)
ONES 2.0.300 一瞬たりともとまらず
完璧に再生可能
一瞬たりともとまらず
完璧に再生可能
レイヤ切りかえの
ところで完全停止
生成されない Data焼き
(VIDEO_TSの書き込みを選択)
B's Recorder GOLD 8.11 一瞬たりともとまらず
完璧に再生可能
マウントできない マウントできない 生成されない Data焼き
(ディスクアットワンスにチェック)
TMPGEnc DVD Author 2.0.6.47
のライティングツール
非対応のためまともに扱えない
TMPGEnc DVD Author 2.0.6.47
でISOを作成し
ONES 2.0.300 で書き込み
一瞬たりともとまらず
完璧に再生可能
一瞬たりともとまらず
完璧に再生可能
レイヤ切りかえの
ところで完全停止
生成されない ISO焼き

※再生確認は、再生開始部、レイヤ切りかわり部、エンド部の3ポイントです。(ディスク全体は確認していません)
※2005年4月29日時点に調べた結果なので、このあと各種ソフトのバージョンアップで対応状況はよくなっていくものと思われます。


最初にnero6で焼いているときに感じましたが、リードアウトの焼き時間がやけに長いです。
最初は何でかなぁと思ってましたが、焼きあがったあとの記録面を見た瞬間納得。容量は7GBを少し上回るくらいのはずですが、これがディスクいっぱいに焼かれてました。(つまり、前半レイヤいっぱいまで焼いてから折り返して後半レイヤに焼く → 残ったエリアはダミーデータを焼く、ということみたいです)
ONES 2.0.300 でも記録面いっぱいに焼かれていたので、どうやら同じことをしています。

ところが、B's 8.11 ではダミーデータを焼かないようで、ディスク裏面を見るとクッキリ焼きむらが見えます。→ ダミーデータは焼いていないため、後半レイヤは途中までしか焼いていない。(B'sの設定はデフォルト。その後設定画面を確認しても、それらしき設定項目は見当たりませんでした)
再生互換性という面では、B'sで焼いたのはあきらかに悪く、ちょっと使えそうにありません。

また、今回試した条件だと(いずれのディスクも)Pioneer DV-555 ではレイヤ切りかわりのところで止まってしまいました。これはDVD-R DLの仕様からしてどうしようもないことなのか?ソフト側の対応で解決できる問題なのか?いずれにしても、2005年4月下旬の段階ではソフト側の対応がいいとはいえないので、もう少し待った方がよさそうです。
動画を焼く場合は、しばらくはDVD-R DLメディアは使わない方がよさそうな気がします。DVD+R DLメディアを使って 「レイヤーブレイク対応ソフトを使う」 「ROM化する」 に気をつけて焼けば、互換性の面でもかなりいい感じのものがすでに焼ける状況にあるので・・・

※注意
オーサリングソフトは TMPGEnc DVD Author 2.0.6.47 を使ってますが、他のオーサリングソフトを使うと結果が異なってくるかもしれません。




■各種PCドライブでのマウント & 再生

↑で、nero 6.6.0.12 で焼いたディスクを元に、PC用ドライブでの互換性を調べた結果です。(2005年4月29日現在)
ファームウェアは確認時点では(基本的に)最新のものを使用しています。


ドライブ名 ファームウェア
バージョン
(確認時点)
マウント可能か? Ulead DVD Player
での再生結果
- 参考比較用 -
ROM化したDVD+R DLディスク
のマウント & 再生
PLEXTOR
PX-716A
1.06 可能 良好 問題なし
PLEXTOR
PX-712A
1.07 可能 良好 問題なし
PLEXTOR
PX-708A
1.10
正常にマウントできない
一見正常っぽくマウントするが、中のファイルが見えない
- 問題なし
PLEXTOR
PX-116A
1.00 マウントできない - 問題なし
Pioneer
DVR-A09-J
1.40 可能 良好 問題なし
Pioneer
DVR-A08-J
1.20 マウントできない - 問題なし
Pioneer
DVR-A07-J
1.21 可能 良好 問題なし
Pioneer
DVR-A06-J
1.08 マウントできない - 問題なし
Pioneer
DVR-A05-J
1.33 可能 良好 問題なし
Pioneer
DVR-103
2.00 マウントできない - 問題なし
NEC
ND-3540A
1.21 可能 良好 問題なし
NEC
ND-3530A
3.22 可能 良好 問題なし
NEC
ND-3520AW
3.23 可能 良好 問題なし
NEC
ND-2510A
2.18
正常にマウントできない
3.99GBブランクメディアとして認識されてしまう
- 問題なし
日立LG
GSA-4163B
A104 可能 良好 問題なし
日立LG
GSA-4040B
A304 マウントできない - 問題なし
BenQ
DW1620
B7V9 可能 良好 問題なし
BenQ
DW1625
BBEA 可能 良好 問題なし
TOSHIBA
SD-R5372
TU55 マウントできない - 問題なし
TOSHIBA
SD-M1712
1004 可能 良好 問題なし
TOSHIBA
SD-M1502
1002 可能 良好 問題なし
東芝サムスン
TS-H552B
TS09
正常にマウントできない
31.22GB記録済みメディアとして認識されてしまう
レイヤ切りかわりの
ところで完全停止
問題なし
松下寿
SW-9585S
N100 可能 良好 問題なし
LITE-ON
SOHW-1653S
CS0M
正常にマウントできない
一見正常っぽくマウントするが、中のファイルが見えない
- 問題なし
SONY
DRU-700A
VY08
正常にマウントできない
4.38GBブランクメディアとして認識されてしまう
- 問題なし
AOpen
DVD1648/AAP
PRO
1.02
正常にマウントできない
31.22GB記録済みメディアとして認識されてしまう
レイヤ切りかわりの
ところで完全停止
問題なし

※TOSHIBA SD-R5372 は、元ハードは TS-H552A です。
※再生確認は、再生開始部、レイヤ切りかわり部、エンド部の3ポイントです。(ディスク全体は確認していません)
※TS-H552B と DVD1648/AAP Pro の 「31.22GBとして認識」 というのは誤記ではなく、ほんとにその容量で認識されてました。


さすがに対応できていないドライブもあるようで、あまりいい状況ではないです。(次第によくなっていくと思いますが)
ドライブによっては、「今後ファームアップするのか?」 という問題もあることと、ROM化したDVD+R DLは互換性が比較的いいので、結局2層メディアはDVD+R DLしか使わなくなりそうな気もしますが・・・まぁ半年くらいもすると、いろいろと違った面でのメリット、デメリットが見えてくるかもしれません。




■計測結果

nero 6.6.0.12 で焼いたディスクの各種ソフトでの計測結果です。

PxScan
上から、Sum8Test(PIE)、 Sum1Test(PIF)、 Beta/Jitter Test
特に問題ないと思います。レイヤ切りかわり部も気になりません。



TA Test (PX-716A + PlexToolsProfessional 2.21)
レイヤ0内周 - レイヤ0中周 - レイヤ0外周 (上段)
レイヤ1内周 - レイヤ1中周 - レイヤ1外周 (下段)
特に問題ないと思います。



Sum8 Test (PX-712U + PlexToolsProfessional 2.21)
速度1(高精度測定)
特に問題ないと思います。



Nero CD-DVD Speed 3.80 + BenQ DW1620
ディスク品質テスト
特に問題ないと思います。


DVD-R DLメディアは、実質 強制メディアいっぱい焼き仕様 になりそうで、DVD+R DLのように、「メディアの外周はなるべくなら使いたくないから、容量は7GBくらいに抑えておこう」 といったことができないっぽいので、ちょっと嫌だなぁと思いましたが、この分だとエラー的には心配しなくてもよさそうです。
(ただ、今回試した条件だと使用しているDVD-Videoプレイヤー Pioneer DV-555 でまともに使えなかったので、結局2層はDVD+Rを使うことになりそうですが)




■まとめ

一言、


動画を焼くといった使い方をするときは、わざわざDVD-R DLメディアを使うメリットはなさそうだ。
(動画焼きは、ROM化したDVD+R DLメディアのほうがいい)


ということで。
値段的に安ければまだいいのですが、DVD+R DLもDVD-R DLも実売価格は同程度なので、やはりわざわざDVD-R DLメディアを使うことはなさそうです。




■参考資料

以下、参考資料です。(いずれもこのページで焼いたディスクの情報)


nero 6.6.0.12 で書き込みしたディスク



ONES 2.0.300 で書き込みしたディスク
nero6もONESも、レイヤ0とレイヤ1の容量合わせのため、ダミーデータを記録していますが、認識される容量が違ってます。



B's Recorder GOLD 8.11 で書き込みしたディスク



TMPGEnc DVD Author 2でISOファイルを作成し、ONES 2.0.300 で書き込みしたディスク
最終的なライティングはONESを使ってますが、ISOを作ったのがPxエンジン系ソフトのため、Prassi とでます。



nero 6.6.0.12 で書き込みしたディスク



トップへ