■DVD-R DLメディア検証 Part2 - 2005年5月2日更新 -

Part1 である程度実情は判明してきましたが、もう少し追加で試してみます。

Pat1 の内容に関して、(掲示板にて)通りすがりさんより技術的な情報を頂きました。ありがとうございます。
まとめると、


DVD-R DLは、LayerJumpAdressがレイヤ0のラストアドレスに基本的に固定されている。
DVD+R DLのように、焼くのに用意したデータをレイヤ0とレイヤ1で2分割して焼くのではなく、レイヤ0を焼ききってから残りのデータをレイヤ1に焼く。(あまったディスク容量はダミーデータで埋める)
DVD-R DLメディアにDVD-Videoを焼くと、特定のプレイヤーではレイヤ切りかわりのところで止まる。(DAOで記録する限り、DVD-R DLではこれが仕様)
↑の問題を解決するには、ソフト側では(基本的に)無理。
LayerJumpAdressが固定されるのは、Format1RMD(シーケンシャル記録、DAOなど)で記録を行うときのみで、Format4RMD(LayerJumpRecording)では、固定されない。(レイヤ切りかえ時にとまるかどうかは不明)
Format4RMDで記録するときは、基本的に記録データを2分割して均等記録することもできる & 固定サイズでぐるぐる記録することも可能。
2005年4月時点では、Format4RMDに対応したソフトはない。

ということになるみたいです。
No.3289、No.3292 の通りすがりさん、詳しい情報提供ありがとうございます。

これ以上検証しても時間 & 金の無駄のような気もしますが、ま、一応やってみることにします。

参考リンク




■再度DVD-Videoを焼く

やり方はPart1とほぼ同じで、オーサリングソフトは TMPGEnc DVD Author 2.0.6.47 を使用。用意したMPEGファイルも同じです。
違うところは、Part1はチャプターを1個しか打ちませんでしたが、ここでは5分おきに自動で打っています。


結果
ライティングソフト 書き込みに使用
したドライブ
初期型PlayStation2
(SCPH-10000)
での再生
Pioneer
DVD-VideoプレイヤーDV-555での再生
Layer Br. 焼き方
nero 6.6.0.12 PX-716A
(Firm 1.06)
一瞬たりともとまらず
完璧に再生可能
レイヤ切りかえの
ところで完全停止
生成されない Data焼き
(VIDEO_TSの書き込みを選択)
nero 6.6.0.12 松下寿 SW-9585S
(Firm N100)
一瞬たりともとまらず
完璧に再生可能
レイヤ切りかえの
ところで完全停止
生成されない Data焼き
(VIDEO_TSの書き込みを選択)
Power2Go 4.20.1614b PX-716A
(Firm 1.06)
一瞬たりともとまらず
完璧に再生可能
レイヤ切りかえの
ところで完全停止
生成されない DVD-Video焼き

ということで、予想通りの結果になりました。
以下はここで作成した3枚のディスクのDVDINFOPro.での情報ですが、やはり使用するライティングソフトによって、7.96GB (ディスクいっぱいの容量) 7.14GB (書き込みしたデータ実容量) と、2種類の認識のされ方があるみたいです。(実際には3枚ともダミーデータが追加されて、ディスクいっぱいまで焼かれています)


nero 6.6.0.12 + PX-716A で書き込みしたディスク


nero 6.6.0.12 + SW-9585S で書き込みしたディスク


Power2Go 4.20.1614b + PX-716A で書き込みしたディスク






さて、今まではオーサリング工程とライティング工程を分けて行っていましたが、2層DVD-Rに正式対応している DVD MovieWriter 3.7 SE を使って、オーサリング → 焼きまでを一気にやってみることにします。

※ 事前に Ulead のサイト から DVDMW35_dl_patch_0425.exe をダウンロードしてインストールしておきます。

設定は特にいじるところはありませんが、チャプターは5分おきに自動で打って、メニューは作成していません。
結果は以下の通り。


結果
オーサリング & ライティングソフト 書き込みに使用
したドライブ
初期型PlayStation2
(SCPH-10000)
での再生
Pioneer
DVD-VideoプレイヤーDV-555での再生
Layer Br.
Ulead DVD MovieWriter 3.7 SE
for I-O DATA
NEC ND-3520AW
(Firm 3.23)
一瞬たりともとまらず
完璧に再生可能
レイヤ切りかえの
ところで完全停止
生成されない


ということで、これも予想通りの結果です。
※Ulead DVD MovieWriter 3.7 SE for I-O DATA も、レイヤ0いっぱいまで焼く → レイヤ1に焼く → あまった容量はダミーデータで埋める ということをしているっぽいです。


ここで作成したディスクの情報




■計測結果

どうも2層DVD-Rは(ほんとに)使い道がなさそうに思えてきましたが・・・
一応 ND-3520AW で書き込みしたディスクの、各種ソフトでの計測結果を載せておきます。


PxScan
上から、PIE、 PIF、 Beta/Jitter Test
Betaのところが赤判定ですが、特別問題はないと思います。
この設定で読む場合のバッチファイル



TA Test (PX-716A + PlexToolsProfessional 2.21)
レイヤ0内周 - レイヤ0中周 - レイヤ0外周 (上段)
レイヤ1内周 - レイヤ1中周 - レイヤ1外周 (下段)
特に問題ないと思います。



Sum8 Test (PX-712U + PlexToolsProfessional 2.21)
速度1(高精度測定)
特に問題ないと思います。



Nero CD-DVD Speed 3.80 + BenQ DW1620
ディスク品質テスト
特に問題ないと思います。



トップへ