■DVD-R DLメディア検証 Part4 - 2005年5月5日更新 -

一通り終わったと思ったDVD-R DL焼き実験ですが、OEM版 RecordNow! 7.31 が2層DVD-Rに対応したということなので、新たに試してみます。
焼き方はこれまでと同じで、MPEGファイルからDVD-Videoを作成します。

参考リンク



【追記】
2005年5月7日現在、SONICのトップページからたどったバッファローOEMアップデータのページ では、7.30までしかダウンロードできないようです。7.31のダウンロードアドレスは、バッファロー製品に付属されている紙に書かれています。





■結果

項目 条件(1) 条件(2) 条件(3)
書き込みドライブ PLEXTOR
PX-716UF
ファームウェア 1.06
オーサリングソフト TMPGEnc DVD Author 2.0.6.47
※チャプターを自動で5分おきに打つ設定にし、出力はCBR (元のMPEGファイルもCBR)
書き込みソフト nero 6.6.0.12 RecordNow! 7.31
(OEM版)
書き込み設定 DVD-Video焼き データ焼き
↓の 【補足】 のところも参照
書き込み速度 4倍速
使用メディア
三菱化学
4倍速DVD-R DLメディア
ID : MKM 01RD30
三菱化学
2.4倍速DVD+R DLメディア
ID : MKM001
用意した動画の容量 7.14GB ※オーサリング後の VIDEO_TS 容量です
書き込み後の容量
(Nero CD-DVD Speed + PX-716UF で確認)
7.96GB 7.56GB 7.14GB
書き込み後の容量
(Windowsエクスプローラで見た VIDEO_TS の容量)
7.14GB
※3枚とも同じ映像ソースを使用
書き込んだ動画時間 2時間9分27秒
レイヤ切りかえポイント
※DVDプレイヤーの時間表示での確認結果
1時間12分20秒 1時間4分43秒
※約半分のところ
Layer Br. 記述されない 記述される
ROM化 - する
Implementation id AHEAD Nero PxMas
(物理的に)ディスク全面に焼かれているか? 全面に焼かれている (目視による判断) 当然焼かれない
初期型PlayStation2 (SCPH-10000)
での再生
レイヤ切りかわりのところでも一瞬たりとも止まらず、正常に再生可能
Pioneer DV-555
での再生
レイヤ切りかわりのところ
で完全停止
ダウンロード!(期間限定)
レイヤ切りかわりのところで一瞬もたつくものの、
正常に再生可能
ダウンロード!(期間限定)
条件(2)
ダウンロード!(期間限定)
条件(3)
Panasonic DVD-S39
での再生
レイヤ切りかわりのところでも一瞬たりとも止まらず、正常に再生可能
ダウンロード!(期間限定)
レイヤ切りかわりのところで一瞬もたつくものの、
正常に再生可能
ダウンロード!(期間限定)
条件(2)
ダウンロード!(期間限定)
条件(3)
三菱 DJ-P230
での再生
レイヤ切りかわりのところでも一瞬たりとも止まらず、正常に再生可能 レイヤ切りかわりのところで一瞬もたつくものの、
正常に再生可能
Cyber Home CH-DVD 300
での再生
レイヤ切りかわりのところで完全停止 レイヤ切りかわりのところでも一瞬たりとも止まらず、正常に再生可能


まずはDVD-R DLメディアを RecordNow! 7.31 で焼いた後、焼き面を目視でチェック。 ← 条件2のディスクです
どう見てもディスク全面に2層焼きされているので、この分だと、Part1、Part2と同じ結果かなぁと思いましたが、結果としては予想と異なりました。
焼いたデータは約7.14GBで、ディスクフル容量は約7.96GBですが、Nero CD-DVD Speed 等で容量を確認すると、

7.56GB

ということになっています。
さらによく確認すると、Part1、Part2ではお目にかかれなかった Layer Br. の記述もあります。

Part1、Part2と試していたときは、


前半レイヤいっぱいまで焼く
前半レイヤがいっぱいになる
後半レイヤに折り返して焼く
容量があまるので、余った領域にはダミデーを焼く


といったことをしていたように見えましたが、RecordNow! 7.31 はどうやらこれと違うことをしています。(詳しいことはよくわかりませんが、焼きの工程が違うことは確実)

結果として、Pioneer DV-555 では再生互換性がアップしてます。

ただ、Panasonic DVD-S39 や 三菱 DJ-P230では、neroで焼いた(レイヤーブレイクなしの)DVD-R DLが最もいい結果になっているので、「この焼き条件が絶対にいい」 というのはなく、結局のところ再生環境に左右されることになりますが・・・

また、意外というかなんというか、DVD-Video普及にもっとも貢献したとも言われている初期型PS2は、2層メディア再生が(+ -ともに)実はかなり得意、ということになりました。





【補足1】
焼くのに用意したデータは、容量約7.23GBのMPEGファイル(CBR) ですが、オーサリング後の容量は約7.14GBです。

【補足2】
RecordNow! 7.31 で設定変更したところは、
 「ディスクに1度だけ書き込みたい」 にチェック
 キャッシュを75MBに変更

で、その他は設定変更するところは特になく、以下の手順で普通にデータ焼きするだけです。


こんなかんじで VIDEO_TS フォルダを登録して、普通に焼くだけです。


焼き中の画面・・・


【補足3】
オーサリングソフトが異なると、ここに書いてある結果のとおりにならないかもしれません。(特に、RecordNow! は焼きのときのファイルチェックが厳しいため、焼きに行く前にエラーになる可能性あり)
もしどうしてもうまくいかないときや、どのオーサリングソフトがいいかわからないときは、TMPGEnc DVD Author 2.0 を一押ししておきます。(ただ、使用するときに認証が必要 & その後のも定期的に認証が必要なので、その点ではダメダメですが・・・ とはいえ性能的にいいのと、使いやすいのでやはり押しておきます。特に2層焼きオーサリング用としては威力を発揮します)
※認証自体はすぐ終わる & XPの認証ほど厳しくはない、ということを追記しておきます。


全体的な感想として、(うちで調べた範囲では)DVD-R DLは後発ならではのメリットといったものがイマイチ感じられず、なんで発売したのか?
とさえ思えてきます。(^^;
そこに山があるから・・・じゃなくて、そこに規格があるから・・・というのは言い過ぎ(考えすぎ)かと思いますが。

とは言え、三菱とPanasonicのプレイヤーでは、DVD-R DLメディアを使うとレイヤ切りかえのところで止まらずに再生できたりしているので、(再生環境によっては)いい面もありそうですが。



RecordNow! 7.31は、DVD-R DLメディアに焼くとき、どのようなことをしているのか?