■SHARPから発売された初期化済のBD-R/RE  - 2010年4月15日更新 - 

LTHのメディアが出てきて少し混乱した経緯はありますが、BD-RはDVDのときと違って比較的規格がわかりやすいという特徴があります。
ですが、ここへきて少し混乱しそうなメディアが登場しました。レコーダー用にすでに初期化されている、というものです。
初期化するとそれなりに手間がかかると思うので、その分少しでも安くした方がよさそうな気も・・・まぁあまり文句言うのはやめておきます。

ただ、売る側としては売りやすいかもしれません。(いや、売りにくいか・・・?)
 「さっきアクオスのぶる〜れいとかいうのを買ったのですが、BD-Rはどれを買ったらいいですか?」
 「こちらのSHARPのがお勧めです。同じSHARPなので、相性の心配も要りません。すでに初期化もされているので、すぐにお使いいただけます」
 「本木雅弘はあまり好きではないのですが、綾瀬はるかのはないのでしょうか?」
 「・・・・・」



SHARPブランド
1層4倍速BD-R(10枚組)

UAE製
SHARPブランド
2層4倍速BD-R(3枚組)

中国製
2010年4月15日
ビックカメラ大宮店にて3380円
2010年4月15日
ビックカメラ大宮店にて2980円


SHARPブランド
1層2倍速BD-RE(3枚組)

UAE製
SHARPブランド
2層2倍速BD-RE(1枚組)

日本製
2010年4月15日
ビックカメラ大宮店にて2080円
2010年4月15日
ビックカメラ大宮店にて1980円


さて気になる製造元ですが、(製造国、対応速度を見れば容易に想像つきますが)すべてTDKです。

パッケージ裏面(スペースの都合もあり、1層BD-Rのみ)
普段製造国を気にして買っている人なら、すぐにTDKとわかります。

メディア自体は初期化されていること以外、特にこれといってなさそうです。PCドライブでも使えますが、BD-RはUDF2.6でフォーマットされているので、ImgBurn等では使えない点には注意。(というか、PCで使うことが前提なら、他のメディアを選ぶと思いますが)


SHARPブランド
1層4倍速BD-R(10枚組)

UAE製
SHARPブランド
2層4倍速BD-R(3枚組)

中国製
[BD-R-SL:TDKBLD-RBB-000] [BD-R-DL:TDKBLD-RFB-000]


SHARPブランド
1層2倍速BD-RE(3枚組)

UAE製
SHARPブランド
2層2倍速BD-RE(1枚組)

日本製
[BD-RE-SL:TDKBLD-WBA-000] [BD-RE-DL:TDKBLD-Wfa-000]



ディスクの中身
MKB_RW.inf もすでにあります。
※SONYレコでフォーマットだけしたものは、MKB_RW.inf はありません。(参考まで)


MKB_RW.inf
V14でした。これは今後変わる可能性もあります。



メディアのP-MKB
一応調査。(AEAEAEAEAE............)



メディアの情報(BD-R 1層)
見てのとおりTDKです。(2層BD-R、1層BD-RE、2層BD-REもTDK)



DVDINFOProによる情報
タイムスタンプは2007年1月1日。BD-Rなので、UDF 2.60です。


あとはエラー計測ですが、BD-Rは初期化されてしまっているため、DiscSpeed等で書き込みできません。しかたがないので、Windows7標準での書き込み機能を使います。


Pioneer BDR-205 (F/W 1.04) + Windows7標準での書き込みエラーグラフ
+
うちのBDR-205はUAE製TDKにイマイチうまく記録できないのいで、かなり悪い結果を予想してましたが、意外とまともでした。


トップへ


















■最大の欠点

このメディアの最大の欠点は、インデックスカードだと思います。
当然本木氏の 結構濃い 写真があるのは、パッケージだけだと思ってましたが・・・・・


まさかインデックスカードにまで濃い写真がそのまま載っているとは!
ひっくり返せば普通のインデックスカードなのですが、それにしてもメディア取り出すときに本木氏の濃い写真が見えます。
まぁ今回はネタで買ったのでどうでもいいですが。(通常はPanasonicのBD-R使います)