■ニュータイプのCDS200が登場!?

最近はCDS200関連はあまり調べていませんでしたが、掲示板にて、


aiko / 暁のラブレター は、元ディスクにはエラー(C2,CU)がないのに、
焼くとエラー(C2,CU)が出てしまう


との報告を頂きました。 (雪女さん、情報提供ありがとうございます)

非常に気になるので、早速調べて見ましょう。


マスターディスクの情報


PlexTools Professional 2.07 + PREMIUM-U (Firm 1.05) での、マスターディスクの測定結果
見てのとおり、エラーなしタイプです。
CDSのバージョンは、CDS200.0.4 3.0 build 16a


※PlexTools Professional の最新バージョンは2.08ですが(2003年12月17日現在)うちの環境だとなぜかエラーで起動できないので、バージョン2.07を使用しています





■とりあえず、よさそうな条件で試してみる

いずれの条件も、読み書きにPREMIUM-U (Firm 1.05) を使用、読み書きの速度はすべての場合で4倍速、メディアは太陽誘電32倍速650MBのものを使用しています。


番号
(識別用)
読み 書き 補足
1 PlexTools Professional
2.07
PlexTools Professional
2.07
特になし
2 PlexTools Professional
2.07
PlexTools Professional
2.07
「1stセッションのみ有効」にチェックする
3 DiscJuggler
4.10.1128
DiscJuggler
4.10.1128
Scan gaps/indexes, RAWにチェック
4 Exact Audio Copy
V0.95 prebeta 4
nero
6.3.0.0
EACで、Secure modeでトラック単位でリッピング
→それらを並べて、neroでDAO焼き


まず4つの条件で試してみましたが、いずれもだめです。焼きあがったディスクにC2, CUが検出されてしまいます。


番号1のディスクの結果


番号2のディスクの結果

※番号3と4も同じような結果になります

ということで、元ディスクにはC2,CUが検出されないのに、バックアップでは検出される、という現象が起きてしまっています。
※ここで注目すべきはエラーの出る位置で、どうもトラックの切り替わりのところで出ているようです

そこで、





■CD-DAでは最終兵器的なソフト、CDRWINを使ってみる


上記の設定で、CDRWINには 「これはデータディスクですよ」 と伝え(笑) 1stセッションのデジタルデータを、(トラックに関係なく?)ひとまとめに吸い上げよう、という考え方です。
(ただし、実際には他のソフトで普通にイメージ作成しているのと違いはないかもしれませんが・・・なんとなく気分的にこんなことをやってみました、ということで)

※マルチセッションディスクのため、エンドアドレスを求めるのが少し面倒ですが、ここでは PlexTools Professional の1stセッションのオプションを有効にして、CDRWINの↓の画面からもとめました。
少し古い記事ですが こちら も参照。



と書いているうちに気が付きましたが、このページの上の方にある、RecordNow MAX の画面からも求められますね。
241390 + 26942 - 1 = 268331



データを吸い上げたら、あとは焼きですが、この場合は次のようなCUEシートを書きます。
(実際には、PlexTools Professional の1stセッションのオプションを有効にして、CDRWINでCUEを作成しています。その他、EACでもいけるはず)


FILE "CDRWIN_SECTOR.BIN" BINARY
TRACK 01 AUDIO
INDEX 01 00:00:00
TRACK 02 AUDIO
INDEX 01 02:08:30
TRACK 03 AUDIO
INDEX 00 06:27:52
INDEX 01 06:28:55
TRACK 04 AUDIO
INDEX 00 11:15:67
INDEX 01 11:18:42
TRACK 05 AUDIO
INDEX 00 16:49:40
INDEX 01 16:52:62
TRACK 06 AUDIO
INDEX 00 21:49:25
INDEX 01 21:50:35
TRACK 07 AUDIO
INDEX 01 27:00:17
TRACK 08 AUDIO
INDEX 01 31:14:52
TRACK 09 AUDIO
INDEX 00 35:35:15
INDEX 01 35:38:00
TRACK 10 AUDIO
INDEX 00 40:35:60
INDEX 01 40:38:40
TRACK 11 AUDIO
INDEX 00 44:37:00
INDEX 01 44:40:25
TRACK 12 AUDIO
INDEX 00 48:59:67
INDEX 01 49:01:60
TRACK 13 AUDIO
INDEX 00 53:34:27
INDEX 01 53:38:40


書き込み完了したら早速計測、ですが、期待に反してC2,CUがカウントされてしまいました。





それならば、ということで、今度はCUEシートを以下のようにしました。(このやり方だと、わずか1曲入りの、トラックの区切りのない音楽CDになります)


FILE "CDRWIN_SECTOR.BIN" BINARY
TRACK 01 AUDIO
INDEX 01 00:00:00


結果ですが・・・これでもだめ!(PREMIUMではだめっぽい?)




仕方がないので、他のドライブで検証