■お○πさん♪ - 2005年11月10日更新 -

※このページは、前触れなく削除する可能性があります。


DVR-110D (RAM書き込み機能なし)
DVR-110 (RAM書き込み機能あり)


と、謎の販売形態をとっていた今回のPioneerですが、ようやくその辺をアレするときがきたようです。


参考URL
http://club.cdfreaks.com/showthread.php?t=154864


ということで、早速試してみましょう!


元のドライブ


今回はいきなり結論から載せます。
以下、お○πさん♪後です。


お○πさん♪後
DVR-110D から DVR-110 になり、RAMのところにしっかりチェックが付いてます。
(シリアルは当然同じ)




■お○πさん♪の流れ

参考URL
http://club.cdfreaks.com/showthread.php?t=154864
http://tdb.rpc1.org/


用意したファイル
※今回はDOS版ではなく、Win32版の DVRFlash 2.2 を使用




ここより下はいろいろと危険な可能性があります!!
もし行うときは、すべて自己責任で!!




※ G: はドライブレター








"y" をタイプします。










こんな感じになりました。





フラッシュ後のDVRFlash 2.2 での情報



で、使えるわけですが・・・




■Nero CD-DVD Speed 4.10 での maxell 5倍速DVD-RAMメディアの読み書き

ほんとにRAMが使えるか?ということで、実際に読み書きしてみます。


書き (ベリファイレス)



読み


ということで、予定通りRAMの書きもできました。読みも5倍速と高速化!




■一応通常のDVD-Rメディアを焼いてみる (TYG02 8倍速焼き)

Nero CD-DVD Speed 4.10 データディスク作成 (8倍速指定)



DW1640 (Firm BSMB) ディスク品質テスト



PxScan (PX-716UFL)



PxScan (PX-712U)


ほんとにA10-J 化しちゃって絶対に大丈夫か?というのは一般ユーザーでは判断つかないところもありますが、一応正常に動いているっぽいです。



トップへ