■お○πさん♪ Part2 - 2006年5月25日更新 -

Pioneer DVR-111L というと Labelflash に対応したドライブとして知られてますが、NECと違い通常のDVD-Rメディアへは描画できないという欠点を抱えてました。
専用メディアは価格的にも高く、メディアの選択の余地もないことから、


Labelflash を使いこなしたいなら、通常のDVD-Rメディアの余った領域にも描画できるNECで決まり


というのがこれまでの常識でした。

-----

そんなことも忘れかけていたころ、いつものようの焼き関係掲示板をチェックしていると、「婿とまちゃえのたこ焼」 さんの掲示板にて、DVR-111L もNeroのバージョンアップで通常のDVD-Rメディアへ描画できるようになったとの情報を発見。

早速試してみたところ、Firm8.19 の DVR-111L (バッファロー販売版) + Nero 7.2.0.3b にて、確かに普通のDVD-Rメディアの記録面に描画できます。


・・・・・それならば!ということで、




■お○πさん♪ Part2 決行!

とはいっても、今回はやることは簡単で、問題は自己責任をどこまで背負えるか?です。ちと大げさですが。
※以前購入した、バルク DVR-111 を使います。


危険兄弟 さんのページからファイルをダウンロードし実行
"Flash" を押すと、保証がなくなります。(要注意)



お○πさん♪



お○πさん♪
111L 化成功。(シリアルはしっかり同じです)




■動作確認

Nero 7.2.0.3b を使用
ある程度焼いたDVD-Rメディア(ファイナライズしたもの)をマウントさせてますが、しっかり使えるようになってます。



描画中・・・
トータル時間は、約4分16秒。



完成
なかなかよい感じです。


保証の点、その他の理由によりお勧めはしませんが、その気になれば 111 → = 111L は可能で、しっかり 111L の機能も使えます。



トップへ