■コピーコントロール銀色円盤の音飛び検証

コピーコントロール銀色円盤は、バックアップを取ったときに特定の条件で音飛びが発生してしまうことがあります。

それについて調べていたところ、実態の一部がつかめてきたので、簡単に調べたことを書きます。




■使用したディスク、ソフト等

使用ディスク 浜崎あゆみのFree&Easy (規格外CD CDSのバージョンはCDS-200.0.4)
上記ディスクの構成 音声トラック4トラック、データトラック1トラックのマルチセッション形式(CD-Extraと同等の構成)
使用ソフト Subcode analyzer Version 0.10, 0.22 (サブコードの解析が行えるソフトです。製作者はnueさん)
CloneCD 3.3.4.1
CloneCD 4.0.0.0 BETA30(執筆時最新)
CDRWIN 4.0Aβ
Exact Audio Copy V0.9 beta 3
Stirling 1.31
WaveCompare 1.31





■(各種条件で)CloneCD 3.3.4.1を使用してバックアップした際の、音飛びの有無

まず、以下の条件で焼いたCDですが、音飛びが発生するのは番号1, 2のみです。

 番号1の音飛び発生ポイント → はかったように各トラックの9秒目あたり
 番号2の音飛び発生ポイント → 2トラック目の54秒目あたりのみ


となっています。

番号1は、作成したイメージには音飛びはありません。 →イメージにWAVEヘッダを貼り付けて聞くと分かります。
→ただし、番号2はイメージ作成した段階で音が飛んでました。

さらに、番号1と3の*.subファイルを入れ替えて焼くと、今度は番号1は音飛びが発生せず、
番号3に音飛びが発生するようになってしまいます。


以上の事実より推測すると、

 PX-W4012Aで作成した*.subが怪しい
 焼くときに*.subが作用して、音飛びが発生するディスクができてしまう


といったことが言える可能性があります。

番号 読み 書き 音飛びの有無 読みの設定
1 PLEXTOR PX-W4012A(1.01) PLEXTOR PX-W4012A(1.01) 各トラックの9秒目あたりで発生 オーディオのサブチャネル.....のみチェック
2 PLEXTOR PX-40TS(1.13) PLEXTOR PX-W4012A(1.01) 2トラック目の54秒目あたりで発生 オーディオのサブチャネル.....のみチェック
3 RICOH MP7200A(1.30) PLEXTOR PX-W4012A(1.01) なし オーディオのサブチャネル.....のみチェック
4 PLEXTOR PX-W4012A(1.01) PLEXTOR PX-W4012A(1.01) なし ノーチェック
5 PLEXTOR PX-40TS(1.13) PLEXTOR PX-W4012A(1.01) なし ノーチェック
6 RICOH MP7200A(1.30) PLEXTOR PX-W4012A(1.01) なし ノーチェック

【その他の諸条件】
○読み 4倍速指定(MP7200Aのみ2倍速指定) → 各ドライブのサポートされている最低焼き速度を選択しています。
○書き RAW DAO 最後のセッションを閉じる 4倍速指定











■CloneCD 3.3.4.1で、「オーディオのサブチャネルを読む」にのみチェックして吸い出した*.subを比較

どうも *.sub ファイルが怪しいので、各ドライブで吸った *.sub を比較することにします。
(比較するのは、上記の番号1, 2, 3 の条件で吸い出した *.sub です)

3つのドライブで吸い出した*.subをすべての組み合わせで比較して、相違がでたフレームのみ掲載してます。
6桁の数値は、ディスクの先頭からのアドレス(単位フレーム)です。
※リードイン除く
赤字のところは、いわゆる「9秒音飛び」の発生する原因となる可能性を秘めているところです。
橙色のところは、今回新たに発生した「2分54秒音飛び」です。



比べてみると、吸い出すドライブによって、生成される *.sub ファイルにかなりの相違があることが分かります。

PLEXTOR PX-40TS(1.13)
で吸った *.sub と
PLEXTOR PX-W4012A(1.01)
で吸った *.sub の
相違ポイント(フレーム)
PLEXTOR PX-40TS(1.13)
で吸った *.sub と
RICOH MP7200A(1.30)
で吸った *.sub の
相違ポイント(フレーム)
PLEXTOR PX-W4012A(1.01)
で吸った *.sub と
RICOH MP7200A(1.30)
で吸った *.sub の
相違ポイント(フレーム)
位置
000711 - 000711 トラック1 00分09秒35フレーム
000712 - 000712 トラック1 00分09秒36フレーム
000713 - 000713 トラック1 00分09秒37フレーム
000714 - 000714 トラック1 00分09秒38フレーム
000715 - 000715 トラック1 00分09秒39フレーム
000716 - 000716 トラック1 00分09秒40フレーム
000717 - 000717 トラック1 00分09秒41フレーム
000718 - 000718 トラック1 00分09秒42フレーム
000719 - 000719 トラック1 00分09秒43フレーム
000720 - 000720 トラック1 00分09秒44フレーム
000721 - 000721 トラック1 00分09秒45フレーム
004683 - 004683 トラック1 01分02秒32フレーム
006282 - 006282 トラック1 01分23秒56フレーム
007635 - 007635 トラック1 01分41秒59フレーム
- 013709 013709 トラック1 03分02秒58フレーム
023263 - 023263 トラック2 00分09秒35フレーム
023264 - 023264 トラック2 00分09秒36フレーム
023265 - 023265 トラック2 00分09秒37フレーム
023266 - 023266 トラック2 00分09秒38フレーム
023267 - 023267 トラック2 00分09秒39フレーム
023268 - 023268 トラック2 00分09秒40フレーム
023269 - 023269 トラック2 00分09秒41フレーム
023270 - 023270 トラック2 00分09秒42フレーム
023271 - 023271 トラック2 00分09秒43フレーム
023272 - 023272 トラック2 00分09秒44フレーム
023273 - 023273 トラック2 00分09秒45フレーム
028206 - 028206 トラック2 01分15秒28フレーム
- 029311 029311 トラック2 01分30秒08フレーム
- 029759 029759 トラック2 01分36秒06フレーム
031496 - 031496 トラック2 01分59秒18フレーム
- 031843 031843 トラック2 02分03秒65フレーム
031877 - 031877 トラック2 02分04秒24フレーム
- 034467 034467 トラック2 02分38秒64フレーム
034674 - 034674 トラック2 02分41秒46フレーム
034838 - 034838 トラック2 02分43秒60フレーム
035633 035633 - トラック2 02分54秒30フレーム
035634 035634 - トラック2 02分54秒31フレーム
035635 035635 - トラック2 02分54秒32フレーム
035636 035636 - トラック2 02分54秒33フレーム
035637 035637 - トラック2 02分54秒34フレーム
035638 035638 - トラック2 02分54秒35フレーム
035639 035639 - トラック2 02分54秒36フレーム
035648 - 035648 トラック2 02分54秒45フレーム
- 036310 036310 トラック2 03分03秒32フレーム
036358 - 036358 トラック2 03分04秒05フレーム
040244 - 040244 トラック2 03分55秒66フレーム
041527 041527 - トラック2 04分12秒74フレーム
043763 - 043763 トラック2 04分42秒60フレーム
044699 044699 044699 トラック2 04分55秒21フレーム
046471 - 046471 トラック3 00分09秒35フレーム
046472 - 046472 トラック3 00分09秒36フレーム
046473 - 046473 トラック3 00分09秒37フレーム
046474 - 046474 トラック3 00分09秒38フレーム
046475 - 046475 トラック3 00分09秒39フレーム
046476 - 046476 トラック3 00分09秒40フレーム
046477 - 046477 トラック3 00分09秒41フレーム
046478 - 046478 トラック3 00分09秒42フレーム
046479 - 046479 トラック3 00分09秒43フレーム
046480 - 046480 トラック3 00分09秒44フレーム
046481 - 046481 トラック3 00分09秒45フレーム
047950 047950 - トラック3 00分29秒14フレーム
052697 - 052697 トラック3 01分32秒36フレーム
055548 055548 055548 トラック3 02分10秒37フレーム
056847 - 056847 トラック3 02分27秒61フレーム
- 057900 057900 トラック3 02分41秒64フレーム
- 059199 059199 トラック3 02分59秒13フレーム
063185 - 063185 トラック3 03分52秒24フレーム
069960 - 069960 トラック3 05分22秒49フレーム
072369 - 072369 トラック3 05分54秒58フレーム
- 076276 076276 トラック3 06分46秒65フレーム
- 077899 077899 トラック3 07分08秒38フレーム
- 079067 079067 トラック3 07分24秒06フレーム
080328 - 080328 トラック4 00分09秒35フレーム
080329 - 080329 トラック4 00分09秒36フレーム
080330 - 080330 トラック4 00分09秒37フレーム
080331 - 080331 トラック4 00分09秒38フレーム
080332 - 080332 トラック4 00分09秒39フレーム
080333 - 080333 トラック4 00分09秒40フレーム
080334 - 080334 トラック4 00分09秒41フレーム
080335 - 080335 トラック4 00分09秒42フレーム
080336 - 080336 トラック4 00分09秒43フレーム
080337 - 080337 トラック4 00分09秒44フレーム
080338 - 080338 トラック4 00分09秒45フレーム
082804 082804 082804 トラック4 00分42秒36フレーム
084596 - 084596 トラック4 01分06秒28フレーム
084795 084795 084795 トラック4 01分09秒02フレーム
084808 084808 084808 トラック4 01分09秒15フレーム
085784 - 085784 トラック4 01分22秒16フレーム
099455 - 099455 トラック4 04分24秒37フレーム
101800 - 101800 トラック4 04分55秒57フレーム







さて、注目のサブコードの中身です。(スペース的な都合で708フレームから725フレームまで掲載)

推測が正しいなら、PX-W4012AとCloneCD3で作成した *.sub になんらかの異常があるはずですが、

「Q-FRAME」と「Q-AFRAME」のところが確かにおかしくなっています。


※上から、番号1, 2, 3 のディスクです。



Q-FRAMEを比較

        →アドレス
↓読みドライブ
710 711 712 713 714 715 716 717 718 719 720 721 722 723
PX-W4012A 34 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 46 47
PX-40TS 34 30 32 32 38 38 40 41 42 43 44 45 46 47
MP7200A 34 30 32 32 38 38 40 41 42 43 44 45 46 47


Q-AFRAMEを比較

        →アドレス
↓読みドライブ
710 711 712 713 714 715 716 717 718 719 720 721 722 723
PX-W4012A 34 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 46 47
PX-40TS 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47
MP7200A 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47

※Q-FRAMEはトラックの先頭からの時間、Q-AFRAMEはディスク先頭からの時間です。

Q-FRAMEの方は少し?な気もしますが、Q-AFRAMEはあきらかに間違っているように感じます。



※この辺は Audiograbberは永遠に不滅なり!? さんが参考になると思います。



そこで、PX-W4012Aで作成した *.sub の711フレームから721フレームまでを、PX-40TS, MP7200Aのと同じ内容に書き換えて
PX-W4012Aで再度焼きなおしたところ、予想通り「9秒音飛び」がなくなりました。


ただし、微細なプチノイズあり。他に原因があるかはいまいち不明です



その部分のバイナリを見ると、一目瞭然です。



番号1のディスクを、PX-W8220T + Exact Audio Copy(速度MAX)でリッピングしたもののバイナリデータ



上記の方法で、*.sub の711フレームから721フレームを修正して焼きなおしたディスクから
PX-W8220T + Exact Audio Copy(速度MAX)でリッピングしたもののバイナリデータ


音飛びが発生する方は、途中からデータが消えさってしまってます。(ゼロに置き換わってしまっている)

音が飛ぶのは、これが原因であることはほぼ間違いないかと思われます。


 実際に問題の部分のアドレスを計算すると、

 19721C(16進) → 1667612(10進) → 1667612÷2352÷75 = 9.45秒

 となっており、見事なまでに理屈通りになっています。










■CloneCDで吸い出すときの設定

ここまでくると、

 「CloneCD3でCDS-200.0.4ディスクを読むときに、オーディオのサブチャネルはどうしたらいいのか?」

といったことが気になってきます。 ・・・とその前に

 「普通の音楽CDは大丈夫なのか?」

といったことがいまさらながら気になってしまったので、ちょっと脱線して確認してみました。

結論を言うと、普通の音楽CDなら問題なさそうです。

確認した手順

Do As Infinityの陽のあたる坂道(通常の音楽CD)で確認

1.PX-W4012A + CloneCD 3.3.4.1でノーチェックでイメージを作成(4倍速指)
2.PX-W4012A + CloneCD 3.3.4.1で、「オーディオのサブチャネルを読む」にのみチェックをしてイメージを作成(4倍速指定)
3.それぞれのイメージを、PX-W4012Aで焼く(RAW DAO 最後のセッションを閉じる 4倍速指定)
4.焼きあがった2枚CDから、PX-W4012A + Exact Audio Copy V0.9 beta 3 設定3 でWAVEファイルを作成
5.両者のバイナリを比較 → 一致する(ただし、1フレームの位置ずれがありましたが・・・?)


さて、話を元に戻しますが、CDS-200.0.4の場合は「ドライブ依存」ということになりました。




下の表は、始めの方にでてきた表の一部をコピーしたもです。

番号 読み 書き 読みの設定
1 PLEXTOR PX-W4012A(1.01) PLEXTOR PX-W4012A(1.01) オーディオのサブチャネル.....のみチェック
2 PLEXTOR PX-40TS(1.13) PLEXTOR PX-W4012A(1.01) オーディオのサブチャネル.....のみチェック
3 RICOH MP7200A(1.30) PLEXTOR PX-W4012A(1.01) オーディオのサブチャネル.....のみチェック
4 PLEXTOR PX-W4012A(1.01) PLEXTOR PX-W4012A(1.01) ノーチェック
5 PLEXTOR PX-40TS(1.13) PLEXTOR PX-W4012A(1.01) ノーチェック
6 RICOH MP7200A(1.30) PLEXTOR PX-W4012A(1.01) ノーチェック


上記のディスクから、Exact Audio Copy V0.9 beta 3 + PX-W4012A 設定3 で音声トラック部のイメージをとり、
バイナリ比較したところ、以下のようになりました。

  検出された相違 アドレスのズレはあるか
1と4を比較 52850 1フレームずれる
2と5を比較 3800 なし
3と6を比較 0 なし



ここでさらに追加実験。CDRWIN + PX-40TSの組み合わせで、アドレス & フォーマット強制指定で音声トラック部をリッピングし、上記の番号2と5のディスクから吸い上げたWAVEファイルと比較しましたが、番号5 の方とは一致します。結局のところ、CloneCDを使うとき、「音声データの正確な再現」ということを最優先するときは、サブチャネルは読まない方が安心、ということが言えるかもしれません。

→と思ったら、もう一度同じ組み合わせで吸うとバイナリに相違が・・・
一応設定は以下のようにして行ってます。




End のアドレスは、下のほうにあるCloneCDのログから算出してます(102095 - 1 = 102094)

ここではあまり細かいことは言わないようにしますが、ドライブ固有の位置ずれによるデータの取りこぼしを防ぐために、End の数値は「+2」くらいの「102096」にしたほうがいい可能性があります。特にこの場合は、PX-40TS固有のズレが大きいことと、「Free&Easy」の最終音声トラックの末尾にゼロサンプルが少なく、キツキツにデータが入っていることを考えると、「102096」にした方が気分的にいいです。そうしないと「データを取りこぼす」ということになり、取りこぼし具合によっては結構引っかかるものがあります。ただ、ここではそんなに細かいことは気にしていないため、本来の正しいアドレスである「102094」としています。

あとたまに指摘を受けるので書いておきますが、「1倍速で読んだ方がいいのでは?」と言われそうですが、使用しているPX-40TSがTLA#1112で等速読み不可のため、始めから最低サポート速度である4倍速にしています。














■その他の気になった現象


番号2の条件で読んだときのPチャネルに、一瞬目を疑うようなデータが存在することがあることが判明。



なぜ番号2だけこのようになってしまったかは不明です。


しかもR-Wチャネルまでおかしくなってます。




※このおかしな部分のアドレスは、音飛びが発生する領域と一致してます。 (しかも、この部分はイメージ作成した段階で音が飛んでます)
※念のためもう一度同じ条件で吸いましたが、同じ現象がおきました。
※サブチャネルを読まない設定にすれば、このようなおかしな現象は起きません。



また、データ、オーディオのサブチャネルを読まない設定にすると、*.subファイルはドライブに依存せず、同じ物が生成されるようです。
(PX-W4012A, PX-40TS, MP7200Aで確認)







あと細かいことですが、もうひとつ気になったところがあります。

番号2の条件で読んだものですが、なぜかR-Wサブの領域のデータが異なっているところがありました。

→ 番号2の条件で読んだもの41527フレーム(Sチャネル、Tチャネルが変)

→ 番号2の条件で読んだもの47950フレーム(同じくSチャネル、Tチャネルが変)



さらにもうひとつ。82804フレームのサブチャネルも少しおかしいような気がします。

→ 番号1の条件で読んだもの82804フレーム(Pチャネルが変? 変じゃないかも・・・?

→ 番号2の条件で読んだもの82804フレーム(Sチャネル、Vチャネルが変)

→ 番号3の条件で読んだもの82804フレーム(Uチャネル、Wチャネルが変)

→ 番号5の条件で読んだもの82804フレーム(正常っぽい) ※サブチャネルを読まない設定条件のです



→ その後調べて分かりましたが、この枠内に書いたような現象は普通の音楽CDでも起こるので、
特別変でもないかもしれないです。
















■Pチャネルについて


今までは、Pチャネルについては、「トラックの切り替わりのときに使う」

くらいの知識しかなく、結構疑問に思っていることがありました。例えば、


 トラック間にギャップをいれるときに、プリギャップを使わず、ポストギャップを使うとどうなるのか?
 
(ポストギャップは、一旦CD化してしまうと正確な長さの情報がないため、ポストギャップのみを正確に検出するのは実質無理)

 プリギャップが2秒ちょうどなら問題なさそうだが、それより短いときはPチャネルはどうなるのか?
 逆に2秒より長いときは?



等々。今回の解析中にその辺があきらかになったので、参考までにまとめておきます。



○浜崎あゆみのFree&Easy の場合

  Pチャネル
トラック1 0000000000
0000000000
--------
0000000000
1111111111 ← トラック終端に38フレーム分1が立つ
プリギャップ 1秒37フレーム 1111111111
1111111111 ← 1秒37フレーム分すべて1が立つ
1111111111
トラック2 0000000000
0000000000
--------
0000000000
1111111111
1111111111 ← トラック終端に1秒分1が立つ
プリギャップ 1秒 1111111111
1111111111 ← 1秒分すべて1が立つ
1111111111
トラック3 0000000000
0000000000
--------
0000000000
0000000000
←次のプリギャップが2秒以上のときは、トラック終端に1が立たない
プリギャップ 3秒37フレーム 1111111111
1111111111
1111111111 ← 3秒37フレーム分すべて1が立つ
1111111111
1111111111
トラック4 0000000000
0000000000
--------
0000000000
0000000000


※トラック間にプリギャップがない場合は、トラックの末尾「2秒分」のPチャネルに1が立ちます。









■CloneCD4を使用した検証

「完全RAWモード」等、さらなる高機能を売りにしたCloneCD4でも検証してみます。

ポイントは「PX-W4012Aで吸い出した *.sub は大丈夫か?」です。

バージョンは、執筆時最新の、4.0.0.0 BETA30です。

番号 読み 書き 音飛びの有無
7 PLEXTOR PX-W4012A(1.01) 設定 Audio CD PLEXTOR PX-W4012A(1.01) 最低速 RAW DAO 各トラックの9秒目あたりで発生
8 PLEXTOR PX-W4012A(1.01) 設定 Muitimedia Audio CD PLEXTOR PX-W4012A(1.01) 最低速 RAW DAO 各トラックの9秒目あたりで発生
9 PLEXTOR PX-W4012A(1.01) 設定 Data CD PLEXTOR PX-W4012A(1.01) 最低速 RAW DAO なし

番号9は、「Data CD」として設定してますが、これはオーディオのサブチャネルをあえて吸わないようにするためです。

→後で気がつきましたが、「Audio CD」を選択しても、オーディオのサブチャネルを吸わないようにすることも可能でした。
(設定画面が分かりにくい)


その他、読みの設定は↓の方にあるログも参照


結果としてはCloneCD 3.3.4.1と同じような感じです。


番号7のサブチャネルデータ CloneCD 3.3.4.1のときと同じく、711〜721フレームの時間情報がおかしくなってます


 赤枠のところの時間情報がおかしくなってます








■その他の情報

○Exact Audio Copyを使ってリッピングした「音飛びWAVEファイル」

Exact Audio Copy V0.9 beta 3とPLEXTOR PX-W4012A(1.01)の組み合わせでは、
設定によっては各トラックの9秒目に音飛びが発生してしまいます。

正常にリッピングできる条件
設定1

音飛びが発生してしまう条件
設定2
 ←の設定で「Use C2 error information for error correction」のチェックをはずしても、同じ結果になります。


※そもそもPX-W4012AはCDS-200.0.4のリッピング(再生)が苦手らしく、マジックで2セッション目を隠した CDS-200.0.4ディスクをWindowsのCDプレイヤー + PX-W4012Aで再生すると、各トラックの9秒目で音飛びが発生します。

この件については、そんなに詳しく検証してません。












■追加情報

他のドライブで読んだところ、少し面白い結果がでたので追加掲載します。

CloneCDのバージョンは、日本語版の4.0.0.0

設定は、データのサブチャネルは読まず、オーディオのサブチャネルを読む設定です。

ドライブは、上から、

PLEXTOR PX-W1210S(1.05)  PLEXTOR PX-W2410A(1.04) YAMAHA CRW3200E(1.0d)

です。





そのまま焼いて、音飛びを確認できたのはPX-W1210Sで吸った *.sub を使用した場合のみでした。

いずれの場合も、やはり「9秒目」あたりのサブチャネルが変なようです。

特にPX-W2410Aで読んだのは、Pチャネルが変なような・・・















結論
CloneCD3, 4を使用してCDS-200.0.4ディスクのバックアップを取るときは、サブチャネルのデータは吸わないほうが無難。ドライブによっては時間情報がおかしいサブチャネルデータを生成してしまい、それが焼く際に バイナリデータを変化させる(ゼロデータになってしまう) という 致命的ともいえる不具合 を起こしてしまうことがある。(ドライブによる) 「CDS-200.0.4の影響を受けない」サブチャネルデータを吸い上げることができれば問題は起きないかもしれないが、それ自体の正確な確認が難しそう。また、ドライブによっては、オーディオのサブチャネルを読む設定にすると、それが原因で音飛びがあるイメージを作ってしまうことがある。

そのため、プリギャップを再現したいときは、CloneCDは自ずと使いづらくなってしまう。


 ※確認に使ったCloneCDのバージョンは、CloneCD 3.3.4.1 4.0.0.0 BETA30 4.0.0.1 

あまり細かいことを気にしない人は、オーディオのサブチャネルは吸わないほうがいいです。これを吸わないことによる実際の影響は、CDプレーヤーでランダム再生したときに(プリギャップがあるときは)プリギャップの分だけ曲時間が短くなってしまう。(ただし、CDプレイヤーにもよるかもしれない) CDプレイヤーのタイマー表示で、マイナス時間が表示されない、くらいだと思うので。(後はPチャネルを再現しないので、トラックサーチにPチャネルを参照するプレイヤーだと影響あるかもしれませんが) 始めから通して聴く分には、「サブチャネルを読む、読まない」の実際上の差はないと思います。曲全体の演奏時間は変わりません。

※プリギャップ情報を取得しなくても、例えばトラック1→トラック2に切り替わるときに、プリギャップの分だけ再生時間が短くなるということはありません

あくまでプリギャップ、ISRC等の再現にこだわる人は、CloneCDでのオート焼きは行わず、Exact Audio Copy, CDRWIN, CloneCD4(サブチャネルは読まないほうが安心)等で音声トラック部を一括してリッピング → CUEシートを用意して焼く、 とすれば、気分的に安心かと思います。






参考資料
番号1のイメージ作成時のログ
I 22:37:01 CloneCD バージョン 3.3.4.1 を起動しました。
I 22:37:01 ElbyCDIO Driver 3.3.3.1
I 22:37:01 ElbyCDIO.dll 3.3.4.1
I 22:37:01 CCDDriver.dll 3.3.4.1
I 22:37:01 ElbyECC.dll 3.1.0.0
I 22:37:01 SCSI/ATAPIドライブを検索中...
I 22:37:01 ドライブスキャンで3台のCD-ROMドライブと2台のCD-Rドライブが見つかりました。
I 22:37:01 次の人に登録されています: YSS
I 22:37:21 PLEXTOR CD-R PX-W4012AからC:\Data2\hama\subon\4012.CCDへのコピーを始めています。
I 22:37:22 読み込み速度: 4倍速
I 22:37:22 データトラックのサブチャンネルを読み込む: ×
I 22:37:22 オーディオトラックのサブチャンネルを読み込む: ○
I 22:37:22 高速なエラースキップ: ×
I 22:37:22 読み込みエラーを報告しない: ×
I 22:37:22 不良セクタの強制読み込み: ×
I 22:37:22 CD-TEXTの情報: ×
I 22:37:22 トラック1の読み込み中... (ブロック 0-22552)
I 22:37:27 ISRC JPB600219901
I 22:37:27 カタログナンバー 4988064303649
I 22:38:44 INDEX 0 トラック 2 LBA 22440!
I 22:38:45 トラック2の読み込み中... (ブロック 22552-45760)
I 22:38:45 ISRC JPB600219902
I 22:40:06 INDEX 0 トラック 3 LBA 45685!
I 22:40:07 トラック3の読み込み中... (ブロック 45760-79617)
I 22:40:07 ISRC JPB600219903
I 22:42:01 INDEX 0 トラック 4 LBA 79355!
I 22:42:02 トラック4の読み込み中... (ブロック 79617-102095)
I 22:42:02 ISRC JPB600219904
I 22:43:20 残りの操作時間: 00:05:58
I 22:43:20 トラック5の読み込み中... (ブロック 113495-332850)
I 22:55:29 残りの操作時間: 00:12:09
I 22:55:29 読み込みが終了しました。
番号2のイメージ作成時のログ
I 22:14:43 CloneCD バージョン 3.3.4.1 を起動しました。
I 22:14:43 ElbyCDIO Driver 3.3.3.1
I 22:14:43 ElbyCDIO.dll 3.3.4.1
I 22:14:43 CCDDriver.dll 3.3.4.1
I 22:14:43 ElbyECC.dll 3.1.0.0
I 22:14:43 SCSI/ATAPIドライブを検索中...
I 22:14:43 ドライブスキャンで3台のCD-ROMドライブと2台のCD-Rドライブが見つかりました。
I 22:14:43 次の人に登録されています: YSS
I 22:15:52 PLEXTOR CD-ROM PX-40TSからC:\Data2\hama\subon\40ts.CCDへのコピーを始めています。
I 22:15:52 読み込み速度: 4倍速
I 22:15:52 データトラックのサブチャンネルを読み込む: ×
I 22:15:52 オーディオトラックのサブチャンネルを読み込む: ○
I 22:15:52 高速なエラースキップ: ×
I 22:15:52 読み込みエラーを報告しない: ×
I 22:15:52 不良セクタの強制読み込み: ×
I 22:15:52 CD-TEXTの情報: ×
I 22:15:52 トラック1の読み込み中... (ブロック 0-22552)
I 22:15:54 ISRC JPB600219901
I 22:15:54 カタログナンバー 4988064303649
I 22:17:09 INDEX 0 トラック 2 LBA 22440!
I 22:17:09 トラック2の読み込み中... (ブロック 22552-45760)
I 22:17:10 ISRC JPB600219902
I 22:18:27 INDEX 0 トラック 3 LBA 45685!
I 22:18:27 トラック3の読み込み中... (ブロック 45760-79617)
I 22:18:28 ISRC JPB600219903
I 22:20:19 INDEX 0 トラック 4 LBA 79355!
I 22:20:20 トラック4の読み込み中... (ブロック 79617-102095)
I 22:20:20 ISRC JPB600219904
I 22:21:35 残りの操作時間: 00:05:42
I 22:21:35 トラック5の読み込み中... (ブロック 113495-332850)
I 22:33:48 残りの操作時間: 00:12:12
I 22:33:48 読み込みが終了しました。
番号3のイメージ作成時のログ
I 22:56:08 CloneCD バージョン 3.3.4.1 を起動しました。
I 22:56:08 ElbyCDIO Driver 3.3.3.1
I 22:56:08 ElbyCDIO.dll 3.3.4.1
I 22:56:08 CCDDriver.dll 3.3.4.1
I 22:56:08 ElbyECC.dll 3.1.0.0
I 22:56:08 SCSI/ATAPIドライブを検索中...
I 22:56:08 ドライブスキャンで3台のCD-ROMドライブと2台のCD-Rドライブが見つかりました。
I 22:56:08 次の人に登録されています: YSS
I 22:56:39 RICOH CD-R/RW MP7200AからC:\Data2\hama\subon\7200.CCDへのコピーを始めています。
I 22:56:39 読み込み速度: 2倍速
I 22:56:39 データトラックのサブチャンネルを読み込む: ×
I 22:56:39 オーディオトラックのサブチャンネルを読み込む: ○
I 22:56:39 高速なエラースキップ: ×
I 22:56:39 読み込みエラーを報告しない: ×
I 22:56:39 不良セクタの強制読み込み: ×
I 22:56:40 CD-TEXTの情報: ×
I 22:56:40 トラック1の読み込み中... (ブロック 0-22552)
I 22:56:43 ISRC JPB600219901
I 22:56:43 カタログナンバー 4988064303649
I 22:59:11 INDEX 0 トラック 2 LBA 22440!
I 22:59:12 トラック2の読み込み中... (ブロック 22552-45760)
I 22:59:13 ISRC JPB600219902
I 23:01:46 INDEX 0 トラック 3 LBA 45685!
I 23:01:46 トラック3の読み込み中... (ブロック 45760-79617)
I 23:01:48 ISRC JPB600219903
I 23:05:30 INDEX 0 トラック 4 LBA 79355!
I 23:05:32 トラック4の読み込み中... (ブロック 79617-102095)
I 23:05:33 ISRC JPB600219904
I 23:08:02 残りの操作時間: 00:11:21
I 23:08:02 トラック5の読み込み中... (ブロック 113495-332850)
I 23:32:23 残りの操作時間: 00:24:21
I 23:32:23 読み込みが終了しました。
番号4のイメージ作成時のログ
I 1:13:34 CloneCD バージョン 3.3.4.1 を起動しました。
I 1:13:34 ElbyCDIO Driver 3.3.3.1
I 1:13:34 ElbyCDIO.dll 3.3.4.1
I 1:13:34 CCDDriver.dll 3.3.4.1
I 1:13:34 ElbyECC.dll 3.1.0.0
I 1:13:34 SCSI/ATAPIドライブを検索中...
I 1:13:34 ドライブスキャンで3台のCD-ROMドライブと2台のCD-Rドライブが見つかりました。
I 1:13:34 次の人に登録されています: YSS
I 1:14:19 PLEXTOR CD-R PX-W4012AからC:\Data2\hama\suboff\4012.CCDへのコピーを始めています。
I 1:14:19 読み込み速度: 4倍速
I 1:14:19 データトラックのサブチャンネルを読み込む: ×
I 1:14:19 オーディオトラックのサブチャンネルを読み込む: ×
I 1:14:19 高速なエラースキップ: ×
I 1:14:19 読み込みエラーを報告しない: ×
I 1:14:19 不良セクタの強制読み込み: ×
I 1:14:20 CD-TEXTの情報: ×
I 1:14:20 トラック1の読み込み中... (ブロック 0-22552)
I 1:15:40 トラック2の読み込み中... (ブロック 22552-45760)
I 1:16:57 トラック3の読み込み中... (ブロック 45760-79617)
I 1:18:49 トラック4の読み込み中... (ブロック 79617-102095)
I 1:20:04 残りの操作時間: 00:05:44
I 1:20:04 トラック5の読み込み中... (ブロック 113495-332850)
I 1:32:14 残りの操作時間: 00:12:09
I 1:32:14 読み込みが終了しました。
番号5のイメージ作成時のログ
I 0:53:45 CloneCD バージョン 3.3.4.1 を起動しました。
I 0:53:45 ElbyCDIO Driver 3.3.3.1
I 0:53:45 ElbyCDIO.dll 3.3.4.1
I 0:53:45 CCDDriver.dll 3.3.4.1
I 0:53:45 ElbyECC.dll 3.1.0.0
I 0:53:45 SCSI/ATAPIドライブを検索中...
I 0:53:45 ドライブスキャンで3台のCD-ROMドライブと2台のCD-Rドライブが見つかりました。
I 0:53:45 次の人に登録されています: YSS
I 0:54:26 PLEXTOR CD-ROM PX-40TSからC:\Data2\hama\suboff\40ts.CCDへのコピーを始めています。
I 0:54:26 読み込み速度: 4倍速
I 0:54:26 データトラックのサブチャンネルを読み込む: ×
I 0:54:26 オーディオトラックのサブチャンネルを読み込む: ×
I 0:54:26 高速なエラースキップ: ×
I 0:54:26 読み込みエラーを報告しない: ×
I 0:54:26 不良セクタの強制読み込み: ×
I 0:54:26 CD-TEXTの情報: ×
I 0:54:26 トラック1の読み込み中... (ブロック 0-22552)
I 0:55:43 トラック2の読み込み中... (ブロック 22552-45760)
I 0:57:01 トラック3の読み込み中... (ブロック 45760-79617)
I 0:58:54 トラック4の読み込み中... (ブロック 79617-102095)
I 1:00:09 残りの操作時間: 00:05:42
I 1:00:09 トラック5の読み込み中... (ブロック 113495-332850)
I 1:12:22 残りの操作時間: 00:12:12
I 1:12:22 読み込みが終了しました。
番号6のイメージ作成時のログ
I 0:16:04 CloneCD バージョン 3.3.4.1 を起動しました。
I 0:16:04 ElbyCDIO Driver 3.3.3.1
I 0:16:04 ElbyCDIO.dll 3.3.4.1
I 0:16:04 CCDDriver.dll 3.3.4.1
I 0:16:04 ElbyECC.dll 3.1.0.0
I 0:16:04 SCSI/ATAPIドライブを検索中...
I 0:16:05 ドライブスキャンで3台のCD-ROMドライブと2台のCD-Rドライブが見つかりました。
I 0:16:05 次の人に登録されています: YSS
I 0:16:31 RICOH CD-R/RW MP7200AからC:\Data2\hama\suboff\7200.CCDへのコピーを始めています。
I 0:16:31 読み込み速度: 2倍速
I 0:16:31 データトラックのサブチャンネルを読み込む: ×
I 0:16:31 オーディオトラックのサブチャンネルを読み込む: ×
I 0:16:31 高速なエラースキップ: ×
I 0:16:31 読み込みエラーを報告しない: ×
I 0:16:31 不良セクタの強制読み込み: ×
I 0:16:31 CD-TEXTの情報: ×
I 0:16:31 トラック1の読み込み中... (ブロック 0-22552)
I 0:19:03 トラック2の読み込み中... (ブロック 22552-45760)
I 0:21:38 トラック3の読み込み中... (ブロック 45760-79617)
I 0:25:24 トラック4の読み込み中... (ブロック 79617-102095)
I 0:27:53 残りの操作時間: 00:11:21
I 0:27:53 トラック5の読み込み中... (ブロック 113495-332850)
I 0:52:15 残りの操作時間: 00:24:21
I 0:52:15 読み込みが終了しました。
番号7のイメージ作成時のログ
I 20:12:40 CloneCD Version 4.0.0.0 started!
I 20:12:40 ElbyCDIO Driver 4.0.0.0
I 20:12:40 ElbyCDIO.dll 4.0.0.0
I 20:12:40 CCDDriver.dll 4.0.0.0
I 20:12:40 ElbyECC.dll 4.0.0.0
W 20:12:41 Registered to: UNREGISTERED
W 20:12:41 4 of 21 Trial Days remaining!
I 20:12:41 Searching for SCSI/ATAPI devices...
I 20:12:41 Device Scan found 3 CD-ROMs and 2 CD-Writers!
I 20:13:31 Starting copy from PLEXTOR CD-R PX-W4012A to C:\Data2\clone4\4012_audio.CCD
I 20:13:31 Read Speed for Data Tracks: Maximum
I 20:13:31 Read Speed for Audio Tracks: 8x
I 20:13:31 Read SubChannel Data from Data Tracks: No
I 20:13:31 Read SubChannel Data from Audio Tracks: Yes
I 20:13:31 Fast Error Skip: Yes
I 20:13:31 Don't report read errors: No
I 20:13:31 Intelligent Bad Sector Scanner: Yes
I 20:13:31 CD contains CD-Text: No
I 20:13:31 Reading Track 1... (Blocks 0-22552)
I 20:13:35 ISRC JPB600219901
I 20:13:35 Catalog Number 4988064303649
I 20:14:14 INDEX 0 Track 2 LBA 22440!
I 20:14:14 Reading Track 2... (Blocks 22552-45760)
I 20:14:14 ISRC JPB600219902
I 20:14:55 INDEX 0 Track 3 LBA 45685!
I 20:14:55 Reading Track 3... (Blocks 45760-79617)
I 20:14:55 ISRC JPB600219903
I 20:15:52 INDEX 0 Track 4 LBA 79355!
I 20:15:53 Reading Track 4... (Blocks 79617-102095)
I 20:15:53 ISRC JPB600219904
I 20:16:32 Duration of operation: 00:03:00
I 20:16:32 Average Speed: 1331 kBytes/s (7.56)
I 20:16:32 Reading finished!
番号8のイメージ作成時のログ
I 20:17:38 CloneCD Version 4.0.0.0 started!
I 20:17:38 ElbyCDIO Driver 4.0.0.0
I 20:17:38 ElbyCDIO.dll 4.0.0.0
I 20:17:38 CCDDriver.dll 4.0.0.0
I 20:17:38 ElbyECC.dll 4.0.0.0
W 20:17:40 Registered to: UNREGISTERED
W 20:17:40 4 of 21 Trial Days remaining!
I 20:17:40 Searching for SCSI/ATAPI devices...
I 20:17:40 Device Scan found 3 CD-ROMs and 2 CD-Writers!
I 20:18:12 Starting copy from PLEXTOR CD-R PX-W4012A to C:\Data2\clone4\4012_multi.CCD
I 20:18:12 Read Speed for Data Tracks: Maximum
I 20:18:12 Read Speed for Audio Tracks: 8x
I 20:18:12 Read SubChannel Data from Data Tracks: No
I 20:18:12 Read SubChannel Data from Audio Tracks: Yes
I 20:18:12 Fast Error Skip: Yes
I 20:18:12 Don't report read errors: No
I 20:18:12 Intelligent Bad Sector Scanner: Yes
I 20:18:13 CD contains CD-Text: No
I 20:18:13 Reading Track 1... (Blocks 0-22552)
I 20:18:14 ISRC JPB600219901
I 20:18:14 Catalog Number 4988064303649
I 20:18:53 INDEX 0 Track 2 LBA 22440!
I 20:18:53 Reading Track 2... (Blocks 22552-45760)
I 20:18:53 ISRC JPB600219902
I 20:19:34 INDEX 0 Track 3 LBA 45685!
I 20:19:34 Reading Track 3... (Blocks 45760-79617)
I 20:19:35 ISRC JPB600219903
I 20:20:32 INDEX 0 Track 4 LBA 79355!
I 20:20:32 Reading Track 4... (Blocks 79617-102095)
I 20:20:32 ISRC JPB600219904
I 20:21:11 Duration of operation: 00:02:58
I 20:21:11 Average Speed: 1345 kBytes/s (7.65)
I 20:21:11 Reading Track 5... (Blocks 113495-332850)
I 20:27:16 Duration of operation: 00:06:05
I 20:27:16 Average Speed: 1410 kBytes/s (8.01)
I 20:27:16 Reading finished!
番号9のイメージ作成時のログ
I 20:30:34 CloneCD Version 4.0.0.0 started!
I 20:30:34 ElbyCDIO Driver 4.0.0.0
I 20:30:34 ElbyCDIO.dll 4.0.0.0
I 20:30:34 CCDDriver.dll 4.0.0.0
I 20:30:34 ElbyECC.dll 4.0.0.0
W 20:30:35 Registered to: UNREGISTERED
W 20:30:35 4 of 21 Trial Days remaining!
I 20:30:35 Searching for SCSI/ATAPI devices...
I 20:30:35 Device Scan found 3 CD-ROMs and 2 CD-Writers!
I 20:30:43 Starting copy from PLEXTOR CD-R PX-W4012A to C:\Data2\clone4\4012_data.CCD
I 20:30:43 Read Speed for Data Tracks: Maximum
I 20:30:43 Read Speed for Audio Tracks: 8x
I 20:30:43 Read SubChannel Data from Data Tracks: No
I 20:30:43 Read SubChannel Data from Audio Tracks: No
I 20:30:43 Fast Error Skip: Yes
I 20:30:43 Don't report read errors: No
I 20:30:43 Intelligent Bad Sector Scanner: Yes
I 20:30:43 CD contains CD-Text: No
I 20:30:44 Reading Track 1... (Blocks 0-22552)
I 20:31:25 Reading Track 2... (Blocks 22552-45760)
I 20:32:42 Reading Track 3... (Blocks 45760-79617)
I 20:33:40 Reading Track 4... (Blocks 79617-102095)
I 20:34:19 Duration of operation: 00:03:35
I 20:34:19 Average Speed: 1114 kBytes/s (6.33)
I 20:34:19 Reading Track 5... (Blocks 113495-332850)
I 20:36:18 Duration of operation: 00:01:58
I 20:36:18 Average Speed: 4362 kBytes/s (24.79)
I 20:36:18 Reading finished!




























トップへ