■Panasonic 4倍速BD-Rは大丈夫なのか?(2倍速BD-R生産終了)  - 2009年8月30日更新 - 

2009年8月下旬のBD-Rメディア事情(主観含む)

Panasonic
最も好んで買っているメーカーです。
BD-Rは実売価格からビデオ用のを買うのがデフォですが、なぜかビデオ用ラインナップは2倍速と6倍速のみで、4倍速はなし。
・・・だったのですが、2009年8月下旬からは2倍速がなくなり、4倍速と6倍速のラインナップになりました。
そうなるとメインで使っていた2倍速から4倍速に切り替えることになりますが、はたして4倍速BD-Rは2倍速BD-Rに比べてどうなのか?とふと思ったのがこのページを作ったきっかけです。
三菱化学
TDKの動向が怪しいので、台湾製とは言っても個人的には三菱化学が2番手になります。
言うまでもなく無機限定で、LTHは使用予定なし!
TDK
動向を様子見中。(このまますべてCMCになってしまったら、その時点で終了・・・・・)
SONY
SONYのメディアはあまり好みではないので、基本的には買ってません。(検証用に買うくらい)
4倍速メディアはSW-5584で焼きミスするというのも、好きでない理由のひとつです。
※別にSONYを毛嫌いしているわけではなく、レコーダーならSONY1択だったりします。
maxell
基本的に買ってみないと中身が不明なことと、型番そのままでRiTEKに移行しつつあるので、買う理由なしということで。
太陽誘電
LTHしかないので使用予定なし。
極端に安くなれば一時使用用途に買うかもしれませんが、今のところラインナップはビデオ用のみ。でもビデオ用ということは、メディアに記録したらそこが終着駅ということに(一応)なっているので、そもそもビデオ用として寿命が短いLTHを発売することは無理があるんじゃないかと思うのですが・・・ まぁ買わなければいいだけの話ですが。
海外ブランド
DVD-Rのときの経験から使用予定なし。

大体こんな感じなので、基本的にはPanasonic 2倍速BD-Rがメインになりますが、残念ながらラインナップから消えてしまいました。
そこでいくつかのドライブで、直前まで発売されていたPanasonic 2倍速BD-R、今回復活した4倍速BD-Rに記録し、エラー計測してみようと思います。
条件等は以下のとおり。

ライティングソフト
ImgBurn 2.5.0.0
設定
「ファイル/フォルダをディスクに書き込み」 を選び、ファイルシステムはUDF2.5(その他はデフォルト設定)
書き込み容量
トータル23.2GBのPCファイル
書き込み速度
速度違反できる組み合わせもありますが、すべて
 2倍速BD-R → 2倍速書き込み
 4倍速BD-R → 4倍速書き込み
で統一
エラー計測ソフト
Opti Drive Control 1.30
エラー計測ドライブ
LITE-ON iHES208



メインで使っていたBD-R
8月下旬時点ですでになくなりつつあります。
(流通在庫のみっぽい)
代わりに登場したのがこれ。
無茶な要望ですが、個人的には6倍速はいらないので、
2倍速と4倍速のラインナップを希望。
(ついでに非プリンタブルのを希望)




記録ドライブ
Panasonic LF-PD271JD (F/W 1.02)
※2台目購入の中国製
Opti Drive Control 1.30 エラー計測結果
Panasonic 2倍速BD-R
MEI-T01-001
Panasonic 4倍速BD-R
MEI-T02-001
ベリファイレス2倍速書き込み ベリファイレス4倍速書き込み
コメント等
グラフの傾向は似たような感じですが、エラー的にはやはり2倍速のほうが優秀ということになりました。
それより重要なのはどちらが先に読めなくなるか?ですが、今の段階でははっきりしたことは不明。(多分2倍速のほうが長持ちすると思いますが)
多少気にはなりますが、4倍速BD-Rに切り替えてもまぁ大丈夫かと思いますv。





記録ドライブ
Panasonic SW-5584 (F/W 1.03)
Opti Drive Control 1.30 エラー計測結果
Panasonic 2倍速BD-R
MEI-T01-001
Panasonic 4倍速BD-R
MEI-T02-001
ベリファイレス2倍速書き込み ベリファイレス4倍速書き込み
コメント等
これは2倍速と4倍速であまり差が出ませんでした。ヒゲが多少気になるところもありますが、BD-Rはビゲが出やすいようなので、あまり気にしないことにしておきます。

8月28日にファーム1.03が公開されてたので、焼く約直前にアップしましたが、アイオー公表の変更点は以下のとおり。(参考まで)
・DVD+R 2層メディアの書き込み品質の改善
・DVD-R 2層メディアの書き込み品質の改善
・BD-R 8倍速書き込みの書き込み品質の改善





記録ドライブ
Pioneer BDR-203 (F/W 1.10)
Opti Drive Control 1.30 エラー計測結果
Panasonic 2倍速BD-R
MEI-T01-001
Panasonic 4倍速BD-R
MEI-T02-001
ベリファイレス2倍速書き込み ベリファイレス4倍速書き込み
コメント等
Pioneerは2倍速の方がエラーははっきりと少ないです。
4倍速のほうは2倍速で記録すればよくなるかもしれませんが、記録時間が倍になるのは結構なデメリットになると思うので、このまま4倍速焼きで使うことにします。





記録ドライブ
日立LG BH08NS20 (F/W EL02-06)
Opti Drive Control 1.30 エラー計測結果
Panasonic 2倍速BD-R
MEI-T01-001
Panasonic 4倍速BD-R
MEI-T02-001
ベリファイレス2倍速書き込み ベリファイレス4倍速書き込み
コメント等
日立LGは4倍速だとかなりのエラー増、というより、2倍速の方は予想に反して低エラーです。これだけエラー差があると4倍速の方も2倍速で試したくなりますが・・・まぁ今回はこれで終わりにしておきます。




■まとめ

Panasonic
LF-PB271JD
Panasonic
SW-5584
Pioneer
BDR-203
日立LG
BH08NS20
LDC
Total
BIS
Total
LDC
Total
BIS
Total
LDC
Total
BIS
Total
LDC
Total
BIS
Total
Panasonic 2倍速BD-R
MEI-T01-001

1,116,313 21,460 2,433,874 43,382 1,585,828 29,274 715,970 11,151
Panasonic 4倍速BD-R
MEI-T02-001

2,241,203 41,969 2,510,002 47,237 3,846,941 72,251 3,620,475 67,523

※最も良いのは青、最も悪いのは赤で表示。

予想に反して、2倍速BD-Rでは BH08NS20 が最もエラーが少ないということになりました。4倍速では LF-PB271JD が最も好結果。
ただ、これはあくまで簡易計測なので、あまり気にはしない方がいいとは思います。(数年後読めるか?の方が重要)


トップへ