■現在のPC環境 2009年2月1日初回更新 〜 2009年5月3日最終更新

2009年2月28日までの構成

メインPC 2ndPC
 マザーボード MSI Neo2-FR (Intel P45 + ICH10R)
BIOS Ver.3.3
 OS Windows Vista Ultimate 64bit SP1 製品版
 CPU Core2Duo E8400
 CPUクーラー 無限弐 + AS-05
刀3 + AS-05 に変更
 メモリ CFD ELIXIR W2U800CQ-2GL5J x2 (計8GB)
 ビデオカード SAPPHIRE HD 4670 512MB GDDR3 PCIE ZALMAN VF-902
SAPPHIRE HD 4770 512MB GDDR5 PCIE に変更
 サウンド オンボード + CompanionR2 II
 LAN オンボード
 FDD なし
 ICH10R (AHCI) Intel X25-E (32GB SLC SSD)
 ICH10R (AHCI) Intel X25-M (80GB MLC SSD)
 ICH10R (AHCI) WD CaviarGreen 1TB (WD10EADS)
SAMSUNG MMDOE28G5MPP-0VA (I-O DATA SSDN-S128B)
  に変更
 ICH10R (AHCI) MATSHITA SW-5584
 ICH10R (AHCI) 日立LG GH08NS20
→ 使わないので取り外し
 ICH10R (AHCI) Pioneer BDR-203BK
 PCI アースソフト PT1
→ 使わないので取り外し
 カードリーダー NTT SCR3310
→ 使わないので取り外し
 ゲームパッド GPX-500
GPX-200BL に変更
 ディスプレイ 三菱 MDT241WG
 デジタルカメラ Panasonic DMC-FX07
 プリンター Canon PIXUS iP4300
 スキャナー Canon 4400F
 ケース スカイテック SKC-71N
電源は Seasonic SS-550HT

Seasonic SS-750EM に変更したらコイル鳴き!
Antec NeoPower550 に変更
 マザーボード MSI P45 Neo3-FR (intel P45 + ICH10R)
BIOS Ver.1.7
 OS Windows Vista Home Premium 64bit SP1 DSP版
 CPU Core 2 Extreme X6800
 CPUクーラー 刀2 (新ロット) + AS-05
 メモリ Pulsar DCDDR2-4GB-800 x2 (計8GB)
 ビデオカード WinFast PX9500 GT 512MB (GDDR2 ヒートパイプモデル)
 サウンド Sound Blaster Play!
 LAN オンボード
 FDD なし
 ICH10R (AHCI) SAMSUNG MMDOE28G5MPP-0VA (I-O DATA SSDN-S128B)
 ICH10R (AHCI) SAMSUNG MMDOE28G5MPP-0VA (I-O DATA SSDN-S128B)
KEIAN K-SSD64S-VSM に変更
 ICH10R (AHCI) Panasonic LF-PB271JD
 ICH10R (AHCI) LITE-ON DH-4O1S
 ICH10R (AHCI) 日立LG GGW-H20N
 JMB363 (PATA) PLEXTOR PX-755A
 JMB363 (PATA) PLEXTOR PX-740A (DW1640化済)
 ディスプレイ 三菱 MDT241WG(HDMI接続)
 ケース Antec Twelve Hundred
電源は ENERMAX EMD625AWT


【2009年3月1日更新メモ】
アイオーの SSDN-S128B(SAMSUNG MMDOE28G5MPP-0VA) が運よく2つ買えたので、2ndPCのHDDは取っ払ってSSDに換装。
3rdPCはもうなくてもよさそうなので、売れるものはすべて売却。ついでに古いゲーム機の本体 & カートリッジソフト(PCエンジン、NeoGeo)はもう使わなそうなので、合わせて売却。
もう何年も前のPCエンジンHuカードゲームの マジカルチェイス が5500円で買い取ってもらえたのはちょっと驚きでしたが、後に Amazon を見て唖然。(さすがに3万円超の価値はないかと)
メインで使っている64bitVistaが非常にいい感じなので、2ndPCのOSをXP SP3からVista Home Premium 64bit SP1 変更。それに伴って、メモリを4GB → 8GBに増設。



■SSD & 64bitVista導入メモ (2009年2月1日)

少し前にKEIANのSSDを買ってみたところ予想以上にいい感じだったので、「intelのをやっぱり使ってみたいなぁ」 と思っていたところ、価格改定?で急激な値下がり。
物欲をどうにも抑えられなくなってきてしまい、MLCの80GBと、SLCの32GBのintelのやつを買ってきてしまいました。(両方あわせて約8万3千円)

SSDに関してはあと半年も過ぎるとまた状況が変わってくるのはほぼ確実ですが、2009年2月時点ではやはりintelのSSDがよさげです。(詳しくは↓の方のベンチマーク参照)ただし高いですが
※KEIANのSSD(JMicronコントローラー搭載)は1週間くらいメインで使っていましたが、プチフリらしい現象は起きませんでした。(1週間じゃ参考にならないかもしれませんが)

それと、マザーボードはASUS P5Q Premiumをメインに使ってましたが、いろいろあって ソフマップで安売りしていた MSI Neo2-FR をメイン用にしています。
MSI の日本語ページが事実上役に立たないのと、BIOSのアップデートをDOSで行うとき少し面倒なところは欠点となりますが、MSI Neo2-FR 自体は普通にいいマザーボードで、特に問題なく使えてます。
あとケースですが、当初は Antec Three Hundred をメインにしてましたが、中が狭くて作業しずらいのと、電源下配置が使いずらいときがあるので、結局スカイテックの SKC-71N というのにしました。

OSは64bit Vistaで決定。
実は少し前まで、64bit OSはソフト互換性の面で不利なのでは?と勝手に根拠のない妄想していたのですが、それはかなり間違った認識ということがわかりました。予想以上に32bitソフトが普通に動作してます。
以下、64bit Vista導入メモ。

32GBと80GBのSSDを空っぽにし、32GB SSDの方にWindows Vista Ultimate 64bit SP1 製品版をインストール。インストール直後はCドライブの使用容量は8GBくらいしかありませんでした。
その代わり、Dドライブ(80GB SSD)の方の8GBくらいを勝手に使われてました。Dドライブの使われた中身ですが、ページングファイル1個なので、後に削除してます。
その後試しに32GBのSSDのみを繋いでOS(Vista Ultimate 64bit)をインストールしてみましたが、インストール直後のCドライブの使用量は約16GBくらいです。
※32GBのSSDと80GBのSSDを繋いで、32GBの方にOSを入れると、勝手に80GBの方もOS領域として使われてしまうようです。
JAVAのオンラインインストールで32bit版がインストールされてしまうときは、こちら より64bit版をダウンロードし、オフラインでインストールする必要あり。(これはそのうち改善されるかもしれませんが)
PT1を使うときは、ReadyDriverPlusはやはりほぼ必須。
仮想ドライブはVirtual CloneDrive 5.4.1.1 と Alcohol52% FE 1.9.8.7117 ともに正常動作。
普通に使う分にはどちらでもよさそうですが、PCエンジンのイメージがマウントできるという理由から、Alcohol52%を選択。
(最近はまっている)東方風神録は最初動作しませんでしたが、CD-ROM同梱のDirectXをインストールすることで無事動作してくれました。
ゲームパッドのGPX-500は問題なく動作。
通常のヘッドホンをUSBヘッドホンとして使うことが可能な、Sound Blaster Play!も正常動作。(付属ソフトは未確認)
動画再生は、mplayerc_homecinema_x64_v1.2.908.0 と x64Components_v166 でほぼ完璧。
多くのソフトは64bit Vistで動作しますが、レイストーム は起動ができませんでした。ただ、レイストームは環境依存度が高く、32bitVistaや32bitXPでも動作しないことがありますが。
レイストームを遊びたいときはもうePSXe v1.7.0で。(ePSXe v1.7.0なら普通に動きます)
MagicEngineはVer.1.0.0 ではブルースクリーンになってしまったものの、Ver.1.1.3では正常動作。
ホームページビルダー2001とかの古いソフトも正常動作。
今回の更新もホームページビルダー2001(バージョン5.0.4)で行ってます。公式サイトでは非対応 とされてますが、実際は動作してます。
プリンター(Canon PIXUS iP4300)、スキャナー(Canon 4400F)はもともと正式サポートされていることもあり、正常動作。
その他、PowerDVD7、PowerDVD8、Power2Go6、InstantBurn5、TMPGEnc 4.0 XPress、WinRAR、ImgBurn、BDドライバ、Nero9、NeroDiscSpeed5、PlexToolsProfessional XL 3.16、JaneStyle、Firefox3、Thunderbird2、OPTPiX webDesigner3、Speedfan、Prime95、Terapad、GV、HD Tune、HD Tune PRO、Perfectdisk2008、パイオニアBDドライブユーティリティ、MurdocCutter、CrystalDiskInfo2、CrystalDiskMark2.2、EpgDataCap_Bon、TVTest、TsSplitter、BD2FW、chotBDAV、aacskeys、PLScsi、Stirling、JSMonitor0.2b、式神の城II、DEVIL MAY CRY 4のベンチマーク、Foxit Reader、Acrobat Reader あたりは正常動作してます。


SSD用に行ったカスタマイズは一応以下のとおり。(正しいとは限らない点には注意)

デフラグのスケジューリングをOFFにする
スーパーフェッチをOFFにする
ReadyBoostをOFFにする
インデックス作成をOFFにする
システムの復元をOFFにする
ハイバネーションをOFFにする
ページングファイルをなしにする

HDDは長期にわたってボトルネックになってきましたが、ここへきてようやく大幅進化しました。intel のSSDはベンチ云々以前に明らかに体感速度が向上します。動作音はなにも聞こえず、非常に快適。(あとは倉庫用に500GBくらいのSSDが2〜3万円くらいで出てほしいところですが)



■SSDのベンチマーク (CrystalDiskMark 2.2)

AHCI モードで使用。
こちら より以下のものをダウンロードし、インストールしています。
 Intel INF Drivers for P3x/P4x/G3x/G4x Chipsets
 Intel IAA RAID for ICH10R


※すべて同じPC(64bit Vista)につなげてデータ取ってます。


KEIAN K-SSD64S-VSM
64GB MLC
\13,980 で購入
Intel X25-M
80GB MLC
\39,800 で購入
Intel X25-E
32GB SLC
\42,980 で購入
各所でグラフが掲載されてますが、うちでもそれと同じような傾向です。intel のランダムライトでやはり優秀なようです。



■SSDのベンチマーク (HD Tune Pro 3.50 の Random Access Write/Read)

※HD Tune 3.50 でWriteテストを行うには、パーテーションを開放する必要があります。(システムドライブでは実行できない)
※すべて同じPC(64bit Vista)につなげてデータ取ってます。

KEIAN K-SSD64S-VSM
64GB MLC
\13,980 で購入
Intel X25-M
80GB MLC
\39,800 で購入
Intel X25-E
32GB SLC
\42,980 で購入
Write Write Write
Read Read Read
Random Access Write ではKEIAN(JMicron)とintelですごい差がでました。
HD Tune Proのグラフはあまり見かけないので、参考比較用にHDD(WD1001FALS)の結果も載せておきます。 読み 書き

※HDD(WD1001FALS)に関しては、別PCで計測しています。



ベンチマーク詳細(NewWindow!)



トップへ