■現在のPC環境 2010年4月25日初回更新 〜 2011年4月16日最終更新

メインPC
 マザーボード ASUS P6X58D-E (Intel X58 + ICH10R)
BIOS Ver.0502
 OS Windows 7 Professional 64bit 通常版 SP1
 CPU Core i7-980X Extreme Edition
 CPUクーラー TRUE Black 120 PLUS + CLUSTER UCCL12 (x2) + AS-05
 メモリ PATRIOT PSD36G1600KH (2G x 3)
 ビデオカード SAPPHIRE HD6850 1G GDDR5 PCI-E DL-DVI-I/SL-DVI-D/HDMI/DP
 サウンド オンボード + ONKYO GX-77M(B)
 LAN オンボード
 Marvell 9128 SATA 6Gb (AHCI) Micron RealSSD C400 (MTFDDAC256MAM-1K1)
 Marvell 9128 SATA 6Gb (AHCI) HGST 0S03085 Travelstar 2.5inch 750GB + CENTURY シンプルBOX2.5 USB3.0
 ICH10R (AHCI) Pioneer BDR-206MBK
 ICH10R (AHCI) LITE-ON iHBS212
 プリンター Canon PIXUS iP4300
 スキャナー Canon 4400F
 デジタルカメラ Panasonic DMC-FX07
 デジタルカメラ SONY DSC-HX5V
 ゲームパッド GPX-200BL
 ディスプレイ 三菱 RDT231WM-S(BK)
 ケース アビー smart430T(シルバー)
電源は Seasonic SS-560KM


サブPC - 節電のため使用停止中 -
 マザーボード GIGABYTE GA-X58A-UD5 (Intel X58 + ICH10R)
BIOS Ver.F7e
 OS Windows 7 Home Premium 64bit 通常版
 CPU Core i7 920 D0ステッピング
 CPUクーラー Mega Shadow Deluxe Edition + CLUSTER UCCL12 (x2) + AS-05
 メモリ PVT36G1600LLK 計6GB
 ビデオカード SAPPHIRE VAPOR-X HD5770 1G GDDR5 PCI-E DUAL-DVI-I/HDMI/DP
 LAN オンボード
 ICH10R (AHCI) X25-M Mainstream SATA SSD SSDSA2MH160G2R5
 ICH10R (AHCI) WD10EADS
 ICH10R (AHCI) Pioneer BDR-205
 ICH10R (AHCI) Sony Optiarc BD-5300S
 ICH10R (AHCI) LITE-ON iHBS112
 ICH10R (AHCI) Pioneer BDR-L05SH
 オンボードPATA PLEXTOR PX-755A
 オンボードPATA PLEXTOR PX-740A (DW1640化済)
 ディスプレイ 三菱 RDT231WM-S(BK) HDMI接続
 ケース Antec Nine Hundred Two
電源は Antec Signature 850

235 741 181
453 741 445

478 741 442

615 749 587 Opti
615 749 607 Opti

883 702 600 491 Opti



■更新メモ

【2011年4月16日】
節電のため、2ndPCの使用を停止
無駄に6個も取り付けていた光学ドライブのうち、4つを取り外し(使用停止)
Pioneer BDR-206MBK 引き続き使用
Pioneer BDR-S05J-BK 取り外し
Pioneer BDR-206MBK (BUFFALO BRXL-6FBS-BK) 取り外し
日立LG BH12NS30 取り外し
Pioneer BDR-S06J-BK 取り外し
LITE-ON iHBS212 引き続き使用
システムドライブを Crucial RealSSD C300 (CTFDDAC128MAG-1G1) から Micron RealSSD C400 (MTFDDAC256MAM-1K1) へ変更
倉庫用HDDを、WD30EZRS から HGST 0S03085 Travelstar 2.5inch 750GB + CENTURY シンプルBOX2.5 USB3.0 に変更
※必要なときだけ取り付け(バスパワー)
電源を Seasonic SS-760KM から Seasonic SS-560KM へ変更 ← ほとんど意味無し
ケースを Antec Twelve Hundred から2年前に買ってからほとんど使っていなかった アビー smart430T(シルバー) に変更(気分の問題)
サウンドカード ONKYO SE-200PCI LTD を取り外し、オンボードサウンドへ変更

あとビデオカードを HD6850 から HD5670 へ変えてみたのですが、東方地霊殿がカクカクな動きになってしまうので、元の HD6850 に戻しました。
予定外だったのは、Micron RealSSD C400 (MTFDDAC256MAM-1K1) の(うちの環境での)ベンチ結果がイマイチなことですが、体感ではわからないので、あまり気にしないことにしておきます。




【2010年12月19日】
12Vと5Vの電圧値がおかしくなってきたので、電源を変更
Antec Signature 850Seasonic SS-760KM
ビデオカードを意味なく変更
MSI R5770 HawkSAPPHIRE HD6850 1G GDDR5 PCI-E DL-DVI-I/SL-DVI-D/HDMI/DP
倉庫用HDDを変更
WD20EARS → WD30EZRS
サウンドを変更
オンボード → ONKYO SE-200PCI LTD



【2010年5月23日】
システムドライブとして使っている Crucial RealSSD C300 (CTFDDAC128MAG-1G1) のファームを "0002" に更新
中のデータが消えてしまったので、OS再インストールついでに構成を少し見直しました
メモリ12GBはやはり意味なさそうなので、6GBのOC仕様のものへ変更
CFD ELIXIR DDR3-1333(PC3-10600) T3U1333Q-2G 計12GBPATRIOT PSD36G1600KH (2G x 3) + ZALMAN ZM-RC1000
SSDは1台でよさそうなので、X25-M Mainstream SATA SSD SSDSA2MH160G2R5 を取り外し
日立LG BH12NS30 は使わないので取り外し
WD20EARS の接続先をなんとなく "ICH10R (AHCI)" から "Marvell 9128 SATA 6Gb (AHCI)" へ変更



【2010年4月29日】
アヤシゲナソフトを使いたいとき等、PC2台ないとなにかと不便なので、サブPCを復活させました。
安定している ASUS P6T を使う予定でしたが、GIGABYTE のマザーボードを使ったことが1度もなかったこともあり、GA-X58A-UD5 を購入。
OSを購入
Windows7は1ライセンスしかなかったので、製品版のHome Premium を購入。
※以前VistaのDSP版で電話認証が必要になったとき、「なにと一緒に買われましたか?」と聞かれて、ついうっかり口が滑って「外付FDD」と言ってしまったところ、ライセンス取り消されてしまったので、少し高くても製品版を買いました。
光学ドライブを変更
メインPCの PX-760AUF を取り外し、変わりにサブPCに PX-755A を取り付け。

マザーボードは、Abit、AOpen、Intel、ASUS、MSI は使ったことありますが、
GIGABYTEはなぜか今まで買ったことがなく、これが初です。
GIGABYTE GA-X58A-UD5動作確認(低電圧駆動実験)








■メインPCいくつか更新

ここ最近は主に ASUS P6T DELUXE V2 を使っていて、特に不満はありませんでしたが、唯一の不満点としてPCIスロットが使いづらいというのがありました。ビデオカードの下に2つ続けて配置しているため、2スロットのビデオカードを使うとどうしても使いづらいです。(PCIカードとビデオカードがほぼ接触してしまう)
P6T DELUXE V2 ではなく、P6T ならいいのですが、できれば P6T DELUXE V2 をメインで使いたいので。

今のところ使いたいPCIカードは別にないのですが、急に使いたくなることもあるかもしれないとか思いつつ出たばかりの ASUS P6X58D-E を眺めていると、その辺の配置がよさげなのと、ゴールデンウィークで時間取れそうなこともあり購入。
マザーボードを買うとまずやることはBIOSその他ドライバーファイル等のダウンロードですが、いろいろ情報収集していたりすると、

 手元に対応マザーもあることだし、SATA 6Gb対応のSSDってどうなのかなぁ、やはり使ってみないと

なんてことになってきます。SATA 6GbのSSDは2010年4月時点では1機種(容量は128GBと256GBの2種類)しかありませんが、約4万円と極端に高いわけでもないので思い切って購入。
ところがこれがまずかったようで、自作PCにありがちな物欲連鎖が始まってしまいました。ソフマップへ行くと、Core i7 980X 再入荷!とか言ってるし、「え?もしかして今なら買える?」なんて思ってしまったらもうだめです。気がついたら銀行へ・・・


今回の購入物一覧
Core i7-980X Extreme Edition 105800円
ASUS P6X58D-E 25980円
CTFDDAC128MAG-1G1 (SSD) 42005円(通販:代引手数料、送料込)
その他ケーブル等 約8000円
約18万2千円
しばらく節約生活します・・・


一応完成図
CPUファン(CLUSTER UCCL12) はPWM対応ですが、MAXでもうるさくないので、制御せず常にMAXにしてます。
というか、PWM制御すると回転数が遅すぎて、BIOSに怒られます。
後で気がつきましたが、↑の後方のCPUファンの向き思いっきり間違えてますね。
この状態でも普通に動作していたので、数日間気がつきませんでした。(汗)



【自分用インストールメモ書き】 ※インストール日:2010年4月24日
1. Windows7 Professional 64bit をクリーンインストール
以下、(2〜9まで)事前にダウンロードしておいたものをインストール
2. Intel_Chipset_V9111020_XPVistaWin7 をインストール
3. インテル ラピッド・ストレージ・テクノロジー 9.6.0.1014 をインストール
4. Marvell 9128 Controller Driver V1.0.0.1034 をインストール
5. NEC Electronics Corporation USB3.0 Controller Driver V1.0.19.0 をインストール ← 使わないので後にBIOSで遮断
6. DirectX End-User Runtimes(February 2010) をインストール
7. Catalyst 10.4 Preview for WindowsR 7 / Windows Vista 64-bit Edition をインストール
8. Realtek Audio Driver V6.0.1.6037 for Windows 32/64bit Vista & 32/64bit 7 をインストール
9. Marvell Yukon Gigabit Ethernet Driver V11.10.5.3 for 32/64bit Windows 7 をインストール
10. LANケーブルを接続
11. Windows Update を実行
12. ノートンインターネットセキュリティ2010 をインストールしてフルスキャンを実行
設定を一部変更(サイレントモードをONに変更)
13. 案の定Windows7のアクティベーションがうまくいかないので、マイクロソフトに電話
時間は朝の4時なのに普通にオペレータの人が電話に出て、感情がまるでない超事務的な対応にてアクティベーション無事完了
14. Canon PIXUS iP4300 のWindows7正式対応ドライバが出ていたのでインストール(当初はOS標準のドライバで使ってました)
15. その他、必要なソフトをインストール

 ※Windows6.1-KB975617-x64 は入れると不安定になるのっぽいで、未インストール
 ASUS P6X58D-E 最新BIOS

powercfg /h off




■SSDベンチ

Crucial RealSSD C300 (CTFDDAC128MAG-1G1)
Marvell 9128 (AHCI) SATA 6Gb 接続
X25-M Mainstream SATA SSD SSDSA2MH160G2R5
ICH10R (AHCI) SATA 3Gb 接続
Marvell 9128 Controller Driver V1.0.0.1034 使用 インテル ラピッド・ストレージ・テクノロジー 9.6.0.1014 使用
今まで使っていたIntel のSSDと比べて、Crucial RealSSD C300の方が4K Write以外上回っています。
その4K Witeもかなりの高速で、これなら文句なし。





CrystalDiskInfo での情報
Crucial RealSSD C300 (CTFDDAC128MAG-1G1)


CrystalDiskInfo での情報
X25-M Mainstream SATA SSD SSDSA2MH160G2R5




■ 〜 追記 〜 Intel の SSD のファームが古いままだったので更新

なにげなくファームを調べたら、Intel の SSD のファームが古いままだった! ので早速更新します。


2CV102HA から 2CV102HD にファームアップ
ファームアップはAHCI モードのままでいけました。(一応参考まで)


X25-M Mainstream SATA SSD SSDSA2MH160G2R5
ファームアップ前と後の比較
ファーム 2CV102HA ファーム 2CV102HD
ベンチ上は変わらないっぽいです。




■USB3.0動作確認

USB3.0は今のところ使う予定はありませんが、一応動作確認をしておこうと思います。
2.5”SATA はい〜るKIT Super Speed USB3.0 (ASM1051搭載)Intel X25-M G1 (80GB MLC SSD) の組み合わせです。


シーケンシャルリードがやや遅い、4K Read & Writeが遅い、4KQD32の数値が低すぎることから、本来のパフォーマンスは発揮されていないです。
ただ、USB2.0では無理な数値なので、USB3.0で動いてることは間違いなさそうですが。
※SSDは検証前にSecure Eraseしてます。



■負荷かけたときの温度等

Prime95 約5時間50分経過時 室温約25℃
拡大
静音重視なので、CPUファンは1200rpm、ケースファンは1000rpmで、CPU電圧は1.22Vまでに抑えてます。(そのためオーバークロックは控えめ)


TMPGEnc 4.0 XPressでエンコ時(MPEG4 AVC) 室温約25℃
拡大
しっかり6コア動いています。温度的にはPrime95より低め。


トップへ