■現在のPC環境 2011年5月6日初回更新 〜 2012年11月3日最終更新

メインPC
 マザーボード ASRock Z77E-ITX
 OS Windows 8 Pro 64bit DSP版
 CPU Core i7 3770T
 CPUクーラー Cooler Master Hyper TX3 EVO
 メモリ Avexir AVD3U24001004G-2CI 8GB (4GBx2) DDR3-2400
 ビデオカード HD4000
 サウンド オンボード + Creative GigaWorks T20
 LAN オンボード
 SATA3 6.0 Gb/s PLEXTOR PX-256M5P
 SATA3 6.0 Gb/s Crucial m4 512GB
 SATA2 3.0 Gb/s Crucial m4 512GB
 SATA2 3.0 Gb/s PLEXTOR PX-256M2P
 mSATA 3.0 Gb/s Crucial m4 msata 256GB
 USB3.0 Pioneer BDR-XD04R ※USB2.0動作
 ゲームパッド Logicool F310
 プリンター & スキャナー Canon PIXUS MG2130
 デジタルカメラ SONY DSC-HX5V
 ディスプレイ 三菱 RDT233WX-S(BK)
 ケース abee acubic D40(ブルー)
 電源 abee AC150-AP04AA


【更新メモ 2012年11月】
 ●OSを Windows 7 Home Premium 64bit SP1 パッケージ版 から、Windows 8 Pro 64bit DSP版 に変更
 ●メモリを SanMax SMD-8G28CP-16K DDR3-1600 (計16GB) から Avexir AVD3U24001004G-2CI 8GB (4GBx2) DDR3-2400 に変更
 ●静音化のため、WD WD30EZRX を Crucial m4 512GB に変更
 ●光学ドライブを BDR-207JBK から BDR-XD04R に変更


メモリは16GBもいらない気がしてきたので、計8GBの高速タイプ(DDR3-2400)のものに変更しました。ただしDDR3-2400だと起動できなかったので、DDR3-2133設定です。
BIOSは "L1.33" (2012年11月3日時点)


拡大
電源を入れてからこの画面まで11秒と非常に速いです。(高速起動ON設定)
高速起動をOFFにしても15秒と高速。
それにしても、マイクロソフトはなんでこんなへんてこなインターフェースにしたのか?
【追記】さらに設定を詰めたところ、起動時間が6秒になりました。(早すぎ)


エクスペリエンス インデックス
メモリはDDR3-2133設定。オール9.9までのの道は長い・・・


HWiNFO64 4.07-1770


CPU-Z 1.62.0





サブPC
 マザーボード GIGABYTE GA-A75M-UD2H
 OS Windows 7 Professional 64bit SP1 パッケージ版
 APU (CPU) AMD A8-3850
 CPUクーラー Cooler Master Hyper 212 Plus
 メモリ CORSAIR CML16GX3M4A1600C9 4GBx4
 ビデオカード CPUの内蔵GPU (HD6550D) を使用
 サウンド オンボード
 LAN オンボード
 SSD PX-128M2P
 HDD HGST 750GB 5400rpm
 ODD Pioneer BDR-207MBK
 ODD Pioneer BDR-208XJBK
 ODD Lite-on iHBS212 + OPTICAL-CASE525SATA
 ディスプレイ REGZA 37ZP3
 ケース SilverStone TEMJIN SST-TJ08B-E
 電源 Huntkey 絢風300





以下、以前の内容です



■現在のPC環境 2011年5月6日初回更新 〜 2012年8月5日最終更新

メインPC
- 消費電力 -
アイドル 29W
Prime95 95W
 マザーボード GIGABYTE GA-A75M-UD2H
 OS Windows 7 Home Premium 64bit SP1 パッケージ版
 APU (CPU) AMD A8-3850
 CPUクーラー Cooler Master Hyper 212 Plus
 メモリ G.Skill F3-17000CL9D-8GBXM DDR3-2133 8GB
 ビデオカード CPUの内蔵GPU (HD6550D) を使用
 サウンド オンボード + ONKYO GX-77M(B)
 LAN オンボード
 SSD Crucial m4 CT128M4SSD2
 ODD Pioneer BDR-206MBK
 ゲームパッド Logicool F310
 プリンター Canon PIXUS iP4300
 スキャナー Canon 4400F
 デジタルカメラ SONY DSC-HX5V
 ディスプレイ 三菱 RDT233WX-S(BK)
 ケース SilverStone TEMJIN SST-TJ08B-E
 電源 Huntkey 絢風300





サブPC1 (使用停止中)
 マザーボード ASUS Maximus IV GENE-Z
 OS Windows 7 Professional 64bit SP1 パッケージ版
 CPU Core i7 2600K
 CPUクーラー Scythe MUGEN∞3
 メモリ CMX8GX3M2A1333C9
 ビデオカード SAPPHIRE TERA HD6870 1G GDDR5 PCIE DVI2/HDMI/DP
 サウンド オンボード + ONKYO GX-77M(B)
 LAN オンボード
 SSD Intel 510 120GB
 ODD Pioneer BDR-S05J
 ODD 日立LG BH12NS30
 ディスプレイ 三菱 RDT233WX-S(BK)
 ケース LIAN LI PC-8FIB
 電源 SilverStone STRIDER Gold SST-ST75F-G



サブPC2 (使用停止中)
- 消費電力 -
アイドル 26W
Youtube 1080p動画再生 41W
FF14ベンチ (Low) 47W〜61Wで変動
Prime95 62W
OCCT POWER SUPPLY TEST 79W
 マザーボード ASRock A75M-ITX
 OS Windows 7 Home Premium 64bit パッケージ版 SP1
 CPU AMD A6-3500
 CPUクーラー Samuel 17 + CLUSTER UCCL12
 メモリ Corsair CMX8GX3M2A2000C9
 ビデオカード CPUの内蔵GPU (HD6530D) を使用
 サウンド オンボード + ONKYO GX-77M(B)
 LAN オンボード
 SSD Crucial m4 CT256M4SSD2
 HDD HGST 0S03085 Travelstar 2.5inch 750GB
 HDD HGST 0S03085 Travelstar 2.5inch 750GB
 ODD Pioneer BDR-S06J
 ディスプレイ 三菱 RDT233WX-S(BK)
 ケース LIAN LI PC-Q08R
 電源 Huntkey 絢風300
・プロファイルからDDR3 2000を選択
・C-state PminをEnableに変更
・CPU Voltageを1.4Vから1.2Vに変更
・DRAM Voltageを1.65Vから1.675Vに変更(1.65VだとPrime95で落ちる)
PC情報
FF14ベンチ(Low)




■更新メモ (2011年7月19日)

サブPC2をの一部を変更

ケース : アビー smart 430T (シルバー)LIAN LI PC-8FIB
メモリ : Kingston KHX1600C9D3K2/8GX (4Gx2)CORSAIR CMZ8GX3M2A1866C9 (4Gx2)
メモリを変えたらヒートシンクがCPUクーラーと干渉してしまうので変更
CPUクーラー : MUGEN∞3Cooler Master Hyper 212 Plus




■更新メモ (2011年7月10日)

PC歴は14年くらいで、その間マザーボードは30枚以上は買っていると思いますが、実はAMDは買ったことがありませんでした。
今回初購入です。

CPU(APU)は A8-3850 で、マザーボードは ASUS F1A75-V PRO を選択。
電源は出たばかりのファンレス80PLUS Platinum品です。


アイドル時
- 拡大 -
EPU有効 & 電圧Autoですが、電圧が低く消費電力も低いです。(28W) エクスペリエンスインデックスのスコアも必要十分。
ですが、スーパーπ104万桁が25秒と少し遅いです。Core i3 2105でも12秒出ますが・・・(半分以下!)
あと、Core Temp 0.99.8では温度が正常に表示されていないっぽいです。


Prime95回して約2時間15分後
- 拡大 -
EPU有効 & 電圧Autoでは1.26Vまでしかいかないようで、この状態の消費電力は93Wとまずまず。
ファンユルユルでも温度はそれほど上がらず、普通にいい感じで使えそうです。




■更新メモ (2011年5月15日)

GIGABYTE GA-H67MA-UD2H-B3 でしばらく行く予定でしたが、BIOSが古いのがなんか嫌とか、OCしないとか言いつつ、OCができないのが不満とかいういうありがちな理由で、買い換えて10日も経っていないマザーボードを変更することにします。
変更したパーツ等は以下の通り。

マザーボード GIGABYTE GA-H67MA-UD2H-B3 (rev. 1.1)ASRock Z68 Extreme4   
ドライブ PLEXTOR PX-128M2SLITE-ON iHBS212

マザーボードをZ68仕様のものに変更。
光学ドライブはやはり最低2台は付けておきたいので、結局あまり使わなかった PLEXTOR PX-128M2S の代わりに、LITE-ON iHBS212 を取り付けました。


ASRock Z68 Extreme4
ASUSは運悪く買えなかったので、第2候補のASRockを選択。


さて早速OC・・・なのですが、4.6GHzだとOS起動後数秒でブルースクリーンになってしまいます。
そこで4.5GHzに設定。これでいけるか!?と思いきや、Prime95を10分も回すとこれまたブルースクリーンになってしまいます。
今度は一気に下げて、4.0GHzに設定。これなら大丈夫っぽいですが、Prime95を回すとあっという間に75℃を超えてしまうので、結局定格で使うことにしました。
※今回は冷却より静音重視なので、ケース & クーラー & FANの構成を変えるとまた違ってくるかもしれません。

定格駆動にて、Prime95回して約1時間後
- 拡大 -
結局定格で使うことになり、Z68に買い換えた意味がイマイチないですが。




■更新メモ (2011年5月6日)

TVを何気なく見てると、「復興のために散在して下さい」 ということなので、PC環境を一新することにします。
2011年のGWはZ68発売直前ということで、今は買うな時期が悪い状態ですが、すでに物欲MAX状態になってしまったので、そんなことは気にせずいろいろ購入。

まずはマザーボード選びです。大まかにわけてP67かH67か、ということになりますが、P67を選択。理由としてはP67はpower phaseがデジタルのものがあり、それが売りになっているようだったからです。その他主な購入品は、

ケース LanCool PC-K62
電源 SilverStone ST75F-G
マザーボード ASUS P8P67 DELUXE
CPU 2600K
CPUクーラー ZALMAN CNPS9900 MAX

ケースは当然USB3.0コネクタ付のものを・・・と思って検討したわけですが、調べてみるとほとんどがバックパネルに接続するタイプのものであることが判明しました。(2011年5月時点)それじゃかえっていらない ということで、USB3.0コネクタ無し のものから選びます。選択ポイントとしては、

USB3.0コネクタが付いていないもの
電源下置き
電源下部から吸気できる
スチール
5インチベイの空きは最低4つ
あまり高くない

ということで、LanCool PC-K62 を選択。その他はあまり迷うことなく決まりました。GWで時間があったので、早速組み立てです。

ビデオカードは以前から使用している HD6850 です。

特に問題なく完成。しかし、完成したことで、組む前のワクワク感が急速に薄れてしまい、「もうちょっとコンパクトで節電仕様のがいいんじゃないか?」 とか思いはじめてきました。そもそもあまりヘビーな使い方はせず、

ネット閲覧
東方地霊殿
たまに動画鑑賞
まれにエンコード

ここ最近は↑のような使い方しかしないので、組むPCを間違えてます。(多分)
そこで、別のマザーボード買ってきました。


(よせばいいいのに)新規購入
ASRock H67DE3

ASRockはまだ使ったことがなかったこともあり、今回はASRockでいってみます。
また、ビデオカードは使わず、CPU内蔵のGPU(HD3000)を使うことにします。以前ならビデオカード使わないというのはありえない選択肢でしたが、H67 + 2600K ならその常識を覆せそうです。(東方地霊殿が動けば十分)

さて結果ですが、東方地霊殿は良好。GPUスケーリングもいい感じで効いてるので、しばらくはこのマザーをメインで・・・と思い始めたときにトラブル発生!
グラフィック機能がどうも不安定なようで、たまに画面がグチャグチャに乱れたり、「応答無し」とかで一瞬ブラックアウトしてしまうことがありました。
BIOSの設定を見直せばいいか?とも思いましたが、この手の検証はなにかと骨が折れるので、勢いで他のマザーボードを購入。


(よせばいいいのに)新規購入
GIGABYTE GA-H67MA-UD2H-B3 (rev. 1.1)
吸気は500rpm、排気はPWMでアイドル時は約500rpmなので、非常に静かです。(静音重視)
水冷ユニットの場合、後方ファンを吸気にする方法もあるようですが、排気にしてます。
この状態で(サイドカバー閉じて)Prime95まわして67℃くらいなので、多分問題はなし。
アイドルでは30〜33℃くらいです。
※拡張カード1枚挿してますが、ビデオカードではなく、IntelのLANカードです。
(オンボードLANが別に調子悪いということはないですが、評判悪いみたいなのでなんとなく)

最初の構成からほとんど変わってます。主なパーツ等は、

ケース アビー smart430T(シルバー) ※以前から所有
電源 Seasonic SS-560KM ※以前から所有
マザーボード GIGABYTE GA-H67MA-UD2H-B3 (rev. 1.1)
GPU CPUの内蔵GPU (HD3000) を使用
CPU 2600K
CPUクーラー Scythe APSALUS 120

ケース内をできるだけスッキリするため、右下にあったHDDホルダは取り外し、ストレージ系はすべて5インチベイに納めてます。

5インチベイ(1) HITACHI 2.5インチHDD (750GB)
5インチベイ(2) SSD 2台
5インチベイ(3) 空き
5インチベイ(4) Pioneer BDR-206MBK

今度は特にトラブルらしきことはなく、普通に動いてくれました。
ケース内はかなりスッキリしているもの、性能悪そう・・・ということもなく、なかなかの高性能。


Prime95実行時
- 拡大 -
Prime95約1時間経過後。
もう少し温度低いとうれしいところですが、低速ファン(500rpm)なので、こんなものだと思います。(室温25℃)
エクスペリエンスインデックスのグラフィック関係の数値はともに "6.4" ということで、必要十分。


TMPGEnc 4.0 XPress でエンコード時
- 拡大 -
地デジをAVCエンコ時。
CPU使用率は80〜90%で、温度はMAXで63℃(室温25℃)


Micron RealSSD C400 (F/W 0001 バルク)
X58の Marvell 9128 SATA 6Gb だとイマイチでしたが、Sandy だと速いです。



【個人用インストールメモ書き】

1. Windows 7 Professional 64bit SP1 DSP版をインストール
2. Intel INF installation 9.2.0.1021 をインストール
3. Intel Rapid Storage Technology 10.5.0.1022 をインストール
4. 以下の情報をレジストリに記録 参考リンク ダウンロード(扱い注意)
Windows Registry Editor Version 5.00


[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\services\iaStor\Parameters\Port0]

"LPM"=dword:00000000
"LPMDSTATE"=dword:00000000
"DIPM"=dword:00000000


[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\services\iaStor\Parameters\Port1]

"LPM"=dword:00000000
"LPMDSTATE"=dword:00000000
"DIPM"=dword:00000000


[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\services\iaStor\Parameters\Port2]

"LPM"=dword:00000000
"LPMDSTATE"=dword:00000000
"DIPM"=dword:00000000


[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\services\iaStor\Parameters\Port3]

"LPM"=dword:00000000
"LPMDSTATE"=dword:00000000
"DIPM"=dword:00000000


[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\services\iaStor\Parameters\Port4]

"LPM"=dword:00000000
"LPMDSTATE"=dword:00000000
"DIPM"=dword:00000000


[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\services\iaStor\Parameters\Port5]

"LPM"=dword:00000000
"LPMDSTATE"=dword:00000000
"DIPM"=dword:00000000
5. DirectX End-User Runtimes(June 2010)をインストール
6. Intel Graphics Media Accelerator Driver 15.22.1.64.2361 をインストール
7. Realtek Function driver for Realtek Azalia audio chip R2.54 をインストール
8. NEC USB 3.0 Driver 2.0.30.0 をインストール
9. Intel Management Engine Interface 7.0.0.1118 をインストール
10. Windows Update を全部実行
11. システムの復元を無効に設定
12. ページングファイルなしに設定
13. 休止状態を無効化 → powercfg /h off
14. デフラグのスケジューリングを切る
15. 各種ソフトインストール

Intel Rapid storage technology
Intel Graphics Media Accelerator Driver for Windows 7 x64
Beta BIOS



トップへ