■ProdiscのDVD+R DLメディア検証ページ - 2004年10月31日更新 -

三菱化学がDVD+R DLメディアを販売してから、なかなか他のメーカーからDLメディアが発売されない状況が続いていますが、国内では3種類目となるDVD+R DLメディアが登場しました。
発売されたのはおなじみのSmartbuy (ID : PRODISCD01) です。

 メディア情報
 参考リンク


パッケージ外観
通常サイズのケースでした。


レーベル面


パッケージ裏面
Made in Taiwanです。


パッケージに張られていたシール
上記3機種が推奨だそうです。


値段的には三菱より安いですが、(三菱は安くても1000円を切るくらいですが、Smartbuyは600円台半ば〜700円くらい) 注:2004年10月下旬 品質的に問題ないか?ということで、手持ちのドライブで実際に試してみることにします。

※各種ドライブの検証方法ですが、Nero CD-DVD Speed 3.42 でデータディスクを作成し、それを各種ツールで計測することにします。
※ファームウェアは、基本的に検証時点で最新のものです。





■Pioneer DVR-A08-J (Firm 1.14) での検証結果


推奨ドライブのはずですが、書き込み開始前にエラーになってしまいました。念のため、銀ベゼルのA08-J と、黒ベゼルのA08-J で試しましたが、どちらも同じです。

さらに、

nero 6.6.0.1 でDVD-Video作成 書き込み開始前にエラー
RecordNow! 7.3 でDVD-Video作成 「書き込み中です」 となっていて、一見正常に焼いているかのように見えるが、実際はLEDが消えたままで、焼かれていない!

ということで、ファーム1.14のDVR-A08-J では全然だめみたいです。




■SONY DRU-700A (Firm VY06) での検証結果

なぜか焼きにいけず、OSを巻き込んでドライブがフリーズ

ファームVY06ではどうもうまくいきません。とりあえず、ファームウェアのアップデートを待ちましょう。




■BenQ DW1620 (Firm B7M9) での検証結果

途中でエラーになってしまいました。
記録面を見るとおもいっきり焼きムラができてしまってます。

こんな感じで、記録面に焼きムラが発生。
某所でも同様の報告あり。
たまたまではなさそうです。

その後、約6.4GBのDVD-Videoファイルを、RecordNow! 7.3 で焼いてみましたが、焼き始めて少したつとエラーになってしまいました。ファームB7M9ではちょっと使えそうにありません。




■NEC ND-3500A (Firm 2.27) での検証結果

メディアを正常に認識せず、焼きにいけない

メディアをまともに受け付けてくれないので、これはどうしようもありませんでした。

試しに、nero 6.6.0.1 とRecordNow! 7.3でDVD-Videoを焼こうとしましたが、焼きに行く前にエラーとなってしまいます。




■NEC ND-3500A (Firm 2.F9) での検証結果

標準ファームではどうもだめそうなので、危険兄弟のページから 2.F9 をダウンロードして試してみました。

それでもだめみたいです。




■NEC ND-2510A (Firm 2.16) での検証結果

メディアを正常に認識せず、焼きにいけない

ND-3500Aと同様に、どうもうまくいきません。




■日立LG GSA-4120B (Firm A110) での検証結果


ほぼ折り返し地点で残念ながら焼きミス。
記録面をみると、BenQ DW1620のときと同じような焼きムラができてしまってます。




■TEAC DV-W58E (Firm 2.0B) での検証結果

ブランクメディアをマウントできない!

マウントそのものができません。
しつこく待ってみましたが、ドライブから 「カッコーン!カッコーン!」 という嫌な音がするので、途中でキャンセルしました。




■BenQ DW822A (Firm B3YC) での検証結果


DW1620と同じような感じで、途中で焼きミスしてます。
記録面にもDW1620と同じようなムラが発生。これもだめみたいです。




■東芝サムスン TS-H552A (Firm BF30) での検証結果

手持ちのDLドライブでは全滅か!?といったところですが、東芝サムスン TS-H552A ではなんとか成功しました。

Nero CD-DVD Speed 3.42 でのデータディスク作成結果
何とか成功!これでだめだったら、全滅するところでした・・・


これでようやく計測できますが、どうも結果がよくないです。これなら、RiTEKの方がまだいいような・・・



Nero CD-DVD Speed 3.42 + DW1620 でのディスク品質テストの結果
POFがカウントされてしまっているので、安心して使うには少し無理がありそうです。
品質スコアはいっそのこと、「0」 にしてもいいんじゃないかと。



PlexToolsProfessional 2.17a + PX-712U (Firm 1.05) SUM8 Test
速度2での測定
これもPOFが若干ながらカウント。



PlexToolsProfessional 2.17a + PX-712U (Firm 1.05) Burst Test
速度2での測定
後半レイヤはやはりエラー多いみたいです。



PlexToolsProfessional 2.17a + PX-712U (Firm 1.05) Beta/Jitter Test (8ECC)
なぜか途中でエラーになってしまいました。



KProbe 2.4.2 + DRU-700A
突発的にエラーが多い箇所あり。




■結論

もう少しでRICOH DVD+R DLメディアが登場しそうですが、それまでは、


DVD+R DLメディアは三菱化学1択!


ということで・・・
RiTEK のときと同じような結論になってしまいました。(笑)
時間はかかるかもしれませんが、(Prodiscから)まともなメディアが発売されることを期待しましょう! (というより、各ドライブのファームウェアのアップデートの方が先かもしれませんが)
よく雑誌等で 「DLメディアは製造が難しく、コストも倍以上かかる」 なんて記事を見かけますが、確かにそんな感じです。


更新日:2004年10月31日


トップへ