■PT1導入  - 2009年1月4日更新 - 

フリーオをしばらく使ってましたが、PT1が買えたので、導入の手順なんかを覚書として書いておこうと思います。

アースソフト PT1
こんな形状で売られています。最低限な簡易包装なうえ、
本製品で放送を視聴することはできません
と書かれているため、情報を集めずにいきなり現物を見ると、一体なんのために買うものなのか?なんてことになりますが・・・
登場時の状況
AKIBA PC Hotline! 2


カードリーダは 日立 HX-520UJ.J を持ってますが、64bitOSでは動かないらしいので、
将来性を見越して NTT SCR3310 を新規購入。※今回は32bitOSで試してます。
その他分波器(日本アンテナ STSW2D)、アンテナケーブル(サン電子 WRP-4B-05WP) x 4本 を購入。
PT1以外のもので結構高くついてしまいました。


- 公式サイト -
参考にさせて頂いたサイト
PT1取り付けから実働まで(邦衛日記さん)
まとめWiki
DTV板


- 検証時PC環境 -
 マザーボード ASUS P5K PRO (Intel P35 + ICH9R)
BIOS Ver.1202
 OS Windows Vista Home Premium 32bit SP1 DSP版
 CPU Core2Duo E8400
 CPUクーラー リテール
 メモリ Pulsar DCDDR2-4GB-800
 ビデオカード HD4670 512MB GDDR3 PCIE ZALMAN VF-902
 サウンド オンボード
 LAN オンボード ※今回非接続
 FDD なし
 ICH9R (AHCI) WD Caviar SE16 640GB (WD6400AAKS)
 ICH9R (AHCI) WD Caviar SE16 500GB (WD5000AAKS)
 ICH9R (AHCI) WD Caviar GP 1TB (WD10EACS) ※4プラッタ版
 ICH9R (AHCI) ST31500341AS
 ICH9R (AHCI) Pioneer BDR-203BK
 ICH9R (AHCI) Pioneer BDR-S03J-BK
 PCI アースソフト PT1
 ディスプレイ 三菱 RDT202WM(BK)
 ケース スカイテック SKC-71N
電源は Seasonic SS-550HT

マザーボードは ASUS P5K PRO で、下から2番目のPCI に挿してますが、特に問題なく動作しています。
※PT1録画のための番組情報取得は、ネット環境がなくてもできます。(すべてアンテナ線経由で可能)



■4波同時録画

※ここに書いてあることは、必ずしもベストな方法とは限りません。(OS再インストールすると多分忘れちゃうので、今回うまくいった内容を書き留めておいただけです)

最初に公式サイトからドライバ、SDKをダウンロードしてインストールしておきます。
カードリーダーもドライバをダウンロードしてインストールしておきます。
カードリーダーに挿す青カスカードの向きに注意。(間違えやすい)
WOWOW等の契約を行わないなら、赤カスカードは不要。(青カスカードでBS視聴可能)

これが正しい向き。(私は最初逆に挿してしまいました)


各種ドライバインストール後のデバイスマネージャ


あとは必要なソフトをダウンロードして設定を適切に行えば完了!といったところですが、検証時最新と思われるEpgDataCap_Bon(人柱版9.3)ではチャンネルスキャン後のEPG取得がどうもうまくいかなかったため、あえてバージョンの古いEpgDataCap_Bon(人柱版8.56)を使用しています。(人柱版8.56ではうまくいきました)

 ダウンロードファイル(1) DTV関係ツールダウンロード のFriioアップローダより up0828.zip EpgDataCap_Bon(人柱版8.56)
 ダウンロードファイル(2) DTV関係ツールダウンロード のPT1アップローダより up0191.zip BonDriver_PT1-ST(人柱版4)


up0191.zip の *.ini ファイルを以下のように編集。

うちのマンションはCSが来てないので、↑のようにしてます。

↑の *.ini ファイルを含め、up0191.zip を解凍してできたファイルを、up0828.zip を解凍するとできるフォルダ "BonDriver" の中に入れます。
("BonDriver" の中には2つほどファイルが入ってますが、PT1しか使わない場合は削除)
ここまできたら、"EpgDataCap_Bon.exe" を実行。

起動直後はこんな感じですが、まずは "チャンネルスキャン" を実行。
無事完了したら、"PT1 ISDB-S" を "PT1 ISDB-T" に切り替えて、同じくチャンネルスキャンを実行。


次に設定の "外部アプリケーション" を上のように設定。


"EPG取得設定" は必要に応じて設定。(基本設定タブも必要に応じて設定)
設定したら、"EPGデータ取得" を実行。


これで録画予約できるようになりました。
適当に4番組登録します。(地デジ2番組、BS2番組)


""EpgTimer_Bon" を起動。しっかり登録されてました。(全然見たい番組ではないですが、検証用なので・・・)
ここで "設定" をクリック。


"チューナー設定" タブで、地デジ = 2、BS/CS = 2にします。
その他のタブは必要に応じて設定。


これでうまくいくはずですが・・・予定通り4番組同時録画しっかりできていました。
ただ、ドロップが発生しています。↑の拡張子 *.err のファイルを覗いてみると、
[字]天地人がやって来た!〜“愛”の源は“食”にあり〜.ts → Drop 4
渡辺篤史の建もの探訪.ts → Drop 11

その他のTSファイルはドロップなし
ドロップの発生原因、解決法等イマイチよくわかりませんが、一応ドロップありのTSファイルでも正常に再生できています。

今後4波同時録画を行うことはまずないと思いますが、(録画してまで見たい番組はそんなにない)とりあえず出来ましたということで。
特に民法のBSは通販系のやる気のない番組が多く、ほとんど終わっている状態ですが、BShiではフィールド・オブ・ドリームスとかの残しておきたい映画なんかを放送するときがあるので、フリーオ(白)がすでにあってもPT1を導入する価値はあるかなぁと。(WOWOWは言うまでもなく)



■リアルタイム視聴 & 簡易タイマー録画

 ダウンロードファイル(1) DTV関係ツールダウンロード のHDUSアップローダより up0260.zip TVTest ver.0.5.21
 ダウンロードファイル(2) DTV関係ツールダウンロード のPT1アップローダより up0191.zip BonDriver_PT1-ST(人柱版4)


↑の2つのファイルを解凍したら、ひとつのフォルダにまとめておきます。
"TVTest.exe" を起動。


起動直後の画面。このまま "OK" をクリック。


"はい" をクリック。


この画面になるので、"スキャン開始" をクリック。


BSのスキャンが完了したら、右クリックして、"BonDriver_PT1_T.dll" を選択。


"スキャン開始" をクリック。


無事スキャン完了すると、地デジ、BSの視聴可能になりました。


TVTestだけで簡易的な予約録画もできます。


あとはTSファイルの扱いですが、フリーオ関連まとめ で大体OKではないかと思います。
※録画完了後は、TsSplitter を通しておくとよいと思われます。
※PS3ではTSファイルをそのまま受け付けてくれるので、PS3での再生が前提になっているときはそのままディスクに焼くのが簡単です。(HDDではなく、ディスクに残したい場合)



トップへ