CD-R実験室トップ
PLEXTOR PX-712A Part3 トップ 4倍速DVD-R TYG02系 MXL RG03系 誘電8倍速DVD+R その他8倍速DVD-R


■PLEXTOR PX-712A Part3 - 2007年5月22日更新 - 

※ここは PLEXTOR PX-712A 再検証ページです。

昔の名機を再検証してみよう!ということで、今回は PX-712A を取り上げるlことにします。


PLEXTOR PX-712A
PLEXTOR PX-712A
うちの PX-712A はかなり酷使した状態なので、今回はこっそり買っておいた予備機を使用します。
(ほとんど未使用状態)
以前の検証ページ(1) 以前の検証ページ(2)


PLEXTOR自社製記録型DVDドライブは、708系、712系、716系、755/760系と4系統発売されていますが(2007年5月時点)
PX-712A は2系統目にあたります。

708系からの魅力的なパワーアップポイントとして、


PlexToolsProfessional にてPI/PO Testが可能。
※当時は同等ツールであるUM Doctor Pro.II が1万円で発売されてましたが、PlexToolsProfessional はドライブに添付されているので、事実上フリーソフト。その影響があると思われますが、UM Doctor Pro.II は後に開発停止となってしまいました。
DVD±R 6倍速CLV 書き込みが可能。


そんなことで、PX-712A が発売されたときの物欲度はかなりのもの。
arkにいち早く入荷した、海外パッケージ、保証なしの 2万6千円くらいのやつを思わず買っちゃった 程です。

その後、ファームウェアは1.09までアップされていますが、2007年5月時点で入手可能なメディアを中心にDVD±R焼き → いつもの計測関連、をやってみようと思います。

2007年5月時点で入手可能なメディアでは、やはりTYG02がよさそうです。(極端なハズレを引かなければまず大丈夫かと)
今回はTYG02を5枚焼きましたが、いずれもいい感じでした。





■ドライブ情報

製品ラベル
2004年の5月製造で、MADE IN CHINA
PX-712A はMade in Japanも存在しますが、国内パッケージ品は MADE IN CHINA です。



DVDINFOPro 4.634
初期ファームは 1.00 なので、それからするとかなりあがってます。
あとすっかり忘れてましたが、バッファは8Mも搭載されています。



PlexTools Professional LE 3.12
一応掲載。



メイン基板
やはり昔のドライブは基板サイズが大きいです。
拡大 (NewWindow!)




■DVD-R VariRec 動作確認

DVD-R へVariRecが可能なドライブなので、特に意味はないですがVariRec焼きしてみようと思います。
メディアは太陽誘電 8倍速DVD-Rメディア(TYG02)で、ライティングソフトは ONES 2.1.358
464MBのファイルを、

VariRec-4 VariRec-3 VariRec-2 VariRec-1 VariRec±0 VariRec+1 VariRec+2 VariRec+3 VariRec+4

の条件で9回に分けて焼きます。
書込み速度は、VariRecを使うとMAX 4倍速に制限されるので、4倍速です。


Nero CD-DVD Speed + LH-20A1P
外周にいくにつれてJitterが低くなるという、少し珍しいグラフになりました。
PIE、PIFに関しては特に問題なさそうです。



PxScan 1.7.12 + PxView 1.12.6 + PX-755A
Betaグラフを見ると、VariRecがしっかり効いているのがわかります。
よりわかりやすくするために、PxView のスケールをいつもと変えてみます。
↓↓↓↓↓


PxView スケール変更時
これだけ見ると、VariRecはプラスよりに設定した方がよさそうに見えます。
(ただし、VariRecを設定すると書込み速度が4倍速までに制限されてしまいますが)


CD-R実験室トップ
PLEXTOR PX-712A Part3 トップ 4倍速DVD-R TYG02系 MXL RG03系 誘電8倍速DVD+R その他8倍速DVD-R