PX-716A トップ ドライブ情報等 AUTOSTRATEGY Part1 AUTOSTRATEGY Part2 トップへ
DVD関連のベンチマーク CD関連の各種性能 DVD+R DL検証 各種4倍速メディアエラーチェックページ
各種8倍速メディアエラーチェックページ 各種16倍速メディアエラーチェックページ PlexTools Professional


PX-716A CD関連の各種性能 
※このページの検証は、ファームウェア1.02の状態で行っています。
■各種特殊音楽ディスクの読み(書き)性能

読みに関しては予想通り好結果でしたが、今回も暁のラブレターの書き込みで問題が出てしまいました。ファームウェアではどうしようもなさそうなので、その辺は次期ドライブに期待するしかなさそうです。
ただ、読みは相変わらずよく、以下のタイプのディスクは特に何をすることもなく普通に読めてます。
PlexToolsの1stセッション有効のオプションを使えばなお安心。

特殊音楽ディスクタイトル 特殊音楽ディスク種類 特徴 検証結果
Every Little Thing / Many Pieces
CDS200.0.4 エラー入りのカクタス・データ・シールド。(トラック13で音飛び発生しやすい) 認識、読み共に無問題。
中島美嘉 / 愛してる
レーベルゲートCD エラー入りのカクタス・データ・シールド。(トラック1で音飛び発生しやすい) 認識、読み共に無問題。
平井堅 / 瞳を閉じて
レーベルゲートCD2 エラーなしのカクタス・データ・シールド。 認識、読み共に無問題。
Nick Carter / NOW OR NEVER
Key2Audio 国内ではほとんど採用実績がない、Key2Audioプロテクト。PCでのマウントは未保証なディスク。 認識、読み共に無問題。
westlife / world of our own
CDS-100 カクタス・データ・シールド最強のCDS-100ディスク。
誤爆が多く、回収されてしまったという経緯がある、今となっては入手困難な(ある意味)貴重なディスク。
認識、読み共に無問題。
東方と戦慄
Alpha-Audio 国内ではほとんど採用実績がない、セテック社の音楽CDプロテクト。
2セッション目はそれなりに強いプロテクトなものの、1セッション目はほとんどノンプロテクトなディスク。
認識、読み共に無問題。
aiko / 暁のラブレター
特殊データ入り
音楽ディスク
書き込む際に問題が起きやすいという特殊なデータが混入されているディスク。 書き込み時問題発生。
元ちとせ / ノマド・ソウル
SACDハイブリッド・ディスク プロテクトディスクではないが、ドライブによってはマウントできないディスク。 認識、読み共に無問題。
サガフロンティア
オリジナルサウンドトラック
トラック1プリギャップ
音声入り音楽CD
トラック1のプリギャップだけでなく、LBAマイナス領域にも音声データが収録されている、極めて特殊な音楽CD。 認識、読み共に無問題。

※サガフロンティアオリジナルサウンドトラックは CD-Ripper を、その他は Exact Audio Copy V0.95 prebeta 5 を使用して確認しています。




■CD関連のベンチマーク (データ) Nero CD-DVD Speed 3.55 使用

太陽誘電 48倍速 700MBメディアを使用したときの、実際の書き込み試験 (テスト実行 → データディスクの作成)
速度MAX
スペックどおりの結果になりました。MAX 48倍速の普通のCAVです。



↑で作成したディスクのリードテスト(SpeedRead有効の設定)


これもスペック通りでです。すべてのテスト項目で全く問題ない結果。



PX-716A (Firm 1.02) + PlexTools Professional 2.18 での測定結果
グラフの見方は、こちら を参照。
サンプリング時間 : 30秒
C1 : Avg/Sec = 0.7  C1 : Max/Sec = 15.0  C1 : Total = 3219.0
読み速度は8倍速
Jitterのグラフでは外周少し変なグラフになってます。
(急いでないときは、16倍速ぐらいで書き込むとより安心)



DW1620 + Nero CD-DVD Speed 3.55 での Disc Quality Test







16倍速指定でも念のため確認してみます。

太陽誘電 48倍速 700MBメディアを使用したときの、実際の書き込み試験 (テスト実行 → データディスクの作成)
速度16倍速
予定通りキッチリ16倍速制御されてます。↓の計測グラフを見ても分かる通り、全然問題なしです。



PX-716A (Firm 1.02) + PlexTools Professional 2.18 での測定結果
グラフの見方は、こちら を参照。
サンプリング時間 : 30秒
画 像 キ ャ プ チ ャ ー す る の 忘 れ ま し た
(ま、問題は無かったことは確かです)
C1 : Avg/Sec = 0.3  C1 : Max/Sec = 16.0  C1 : Total = 1336.0
読み速度は8倍速



DW1620 + Nero CD-DVD Speed 3.55 での Disc Quality Test




■CD関連のベンチマーク (CD-DA) Nero CD-DVD Speed 3.55 使用

PX-716A + CD Speed で、RAW OFFでテストCD
(音楽CD)を作成し、各種条件で測定しています。

メディアは太陽誘電32倍速650MBで、作成時の書き込み速度は8倍速

リードテスト(SpeedRead有効の設定)




PX-716A (Firm 1.02) + PlexTools Professional 2.18 での測定結果
グラフの見方は、こちら を参照。
サンプリング時間 : 30秒
C1 : Avg/Sec = 0.4  C1 : Max/Sec = 13.0  C1 : Total = 1687.0
読み速度は8倍速



Advanced DAE Quality Test


すべて問題ありませんでした。
「Advanced DAE Quality Test」 の結果も予定通りパーフェクトで、オフセットもPX-712A同様読み書きで相殺されて、±0です。




■暁のラブレター書き込み能力

読みは Exact Audio Copy V0.95 prebeta 5 で、速度は8倍速。
書きは nero 6.6.0.3 で、速度は8倍速指定。
メディアは太陽誘電32倍速650MB品を使用。


PX-716A (Firm 1.02) + PlexTools Professional 2.18 での測定結果
グラフの見方は、こちら を参照。
サンプリング時間 : 30秒
これはもうどうしようもなさそうです。
ただこの不具合、トラック間の無音部でのみ起こるので、どうしてもPX-716Aで焼くのならトラック間無音部を完全にゼロで埋めると言う荒療治も可能といえば可能ですが。(実際にやるとなると非常に面倒)




■100分メディアへの対応度

使用メディア
e-blue が販売している100分メディア

Nero CD-DVD Speed 3.55 にてオーバーバーンの設定をし、データディスク作成を実行。


この検証方法でいいのか?という疑問もありますが、最後のほうでエラーになってしまいました。
手持ちの100分メディアもなくなってきたので、100分メディアはこれで終了!(手抜きですいません)




■CD-Rメディアへの書き込み速度について

太陽誘電48倍速700MBメディア + DVDINFOPro.3.48
4x、8x、16x の3つの書き込み速度は欲しいところですが、しっかりサポートされています。


PX-716A トップ ドライブ情報等 AUTOSTRATEGY Part1 AUTOSTRATEGY Part2 トップへ
DVD関連のベンチマーク CD関連の各種性能 DVD+R DL検証 各種4倍速メディアエラーチェックページ
各種8倍速メディアエラーチェックページ 各種16倍速メディアエラーチェックページ PlexTools Professional