PX-716A トップ ドライブ情報等 AUTOSTRATEGY Part1 AUTOSTRATEGY Part2 トップへ
DVD関連のベンチマーク CD関連の各種性能 DVD+R DL検証 各種4倍速メディアエラーチェックページ
各種8倍速メディアエラーチェックページ 各種16倍速メディアエラーチェックページ PlexTools Professional

※このページの検証は、ファームウェア1c04 (ベータ版) の状態で行っています。
■PX-716A エラーチェックページ (16倍速DVD±Rメディア)

PX-716A (Firm 1.03) で各種16倍速DVD±Rメディアに焼いて、エラーチェックをするコーナーです。

PlexTools Professional 2.18 のグラフの見方は こちら を参照。
ライティングソフトは ONES 2.0.290
容量約4.36GBのDVD-Videoファイル使用。
※ここに掲載しているデータは、絶対的な品質をあらわすものではないので、(重要)参考資料の一つとして見て下さい。
※TA-Testのグラフは、左から内周、中周、外周です。
※PoweRecは常に有効にしています。


PlexTools Professional 2.18設定
PI/PO テスト  テスト時間 → 速度2
 SUM8 Test


各種設定等補足
測定ドライブ 計測ソフト ECC 測定速度
BenQ DW1620
Firm B7S9
Nero CD-DVD Speed 3.55
8 4倍速指定
PLEXTOR PX-716A
Firm 1c04
PlexTools Professional
2.18
8 2倍速 CLV
PLEXTOR PX-712U
Firm 1.05
PlexTools Professional
2.18
8 2倍速 CLV


TA Test 説明




Prodisc 16倍速DVD-Rメディア
16倍速書き込み

ID : PRODISCR04

選択できる書き込み速度 → 16x 12x 8x 6x 4x

AUTOSTRATEGYの設定 → ON

AUTOSTRATEGYは実際に機能したか? → していない

初期型PlayStation2 (SCPH-10000) での再生 → 良好
PX-716A で測定 PX-712U で測定
DW1620で測定
Q-Check TA Test

予想していたよりかなりまともな結果になりました。 (これってほんとにProdisc?)
しかも、実際に16倍速近く出ていてこの結果です。 16倍速焼きでこの結果ならなにも言うことなし。




SONY 16倍速DVD-Rメディア
16倍速書き込み

ID : SONY16D1

選択できる書き込み速度 → 16x 12x 8x 6x 4x

AUTOSTRATEGYの設定 → ON

AUTOSTRATEGYは実際に機能したか? → していない

初期型PlayStation2 (SCPH-10000) での再生 → 良好
PX-716A で測定 PX-712U で測定
DW1620で測定
Q-Check TA Test

DW1620のJitterが少し変にも見えますが、ほぼ問題ないと思います。




SONY 16倍速DVD+Rメディア
16倍速書き込み (実際には8倍速くらいしか出ていない)

ID : SONYD21

選択できる書き込み速度 → 16x 12x 8x 6x 4x

AUTOSTRATEGYの設定 → ON

AUTOSTRATEGYは実際に機能したか? → していない

初期型PlayStation2 (SCPH-10000) での再生 → 良好
PX-716A で測定 PX-712U で測定
DW1620で測定
Q-Check TA Test

16倍速指定ですが、実際には8〜10倍速くらいしか出ていません。結果的にはまぁまぁ。




maxell 16倍速DVD-Rメディア
16倍速書き込み (最後の方は10倍速くらいに減速)

ID : MXL RG04

選択できる書き込み速度 → 16x 12x 8x 6x 4x

AUTOSTRATEGYの設定 → ON

AUTOSTRATEGYは実際に機能したか? → していない

初期型PlayStation2 (SCPH-10000) での再生 → 良好
PX-716A で測定 PX-712U で測定
DW1620で測定
Q-Check TA Test

PX-712U では悪いですが、これでも初期型PS2で再生可能です。
実際には16倍速は出ず、外周部では10倍速くらいしか出ませんでした




maxell 16倍速DVD+Rメディア
16倍速書き込み (最外周エリアで減速)

ID : MAXELL003

選択できる書き込み速度 → 16x 12x 8x 6x 4x

AUTOSTRATEGYの設定 → ON

AUTOSTRATEGYは実際に機能したか? → していない

初期型PlayStation2 (SCPH-10000) での再生 → 良好
PX-716A で測定 PX-712U で測定
DW1620で測定
Q-Check TA Test

書き込み速度は最外周部で減速してます。(ちょうど4GBくらいのところ)
結果としてはいいのか悪いのかよく分からないところもありますが、PS2ではスムーズに再生可能 & PX-716A、PX-712U でのエラー計測も好結果。




TDK 16倍速DVD-Rメディア
16倍速書き込み

ID : TTH02

選択できる書き込み速度 → 16x 12x 8x 6x 4x

AUTOSTRATEGYの設定 → ON

AUTOSTRATEGYは実際に機能したか? → していない

初期型PlayStation2 (SCPH-10000) での再生 → 良好
PX-716A で測定 PX-712U で測定
DW1620で測定
Q-Check TA Test

外周よくはないですが、PS2での再生は無問題でした。




TDK 16倍速DVD+Rメディア
16倍速書き込み

ID : TDK003

選択できる書き込み速度 → 16x 12x 8x 6x 4x

AUTOSTRATEGYの設定 → ON

AUTOSTRATEGYは実際に機能したか? → していない

初期型PlayStation2 (SCPH-10000) での再生 → 良好
PX-716A で測定 PX-712U で測定
DW1620で測定
Q-Check TA Test

最後まで減速せず、16倍速近く出ていました。エラー的にもほぼ問題なしで、好結果。




三菱化学 16倍速DVD+Rメディア
16倍速書き込み

ID : MCC004

選択できる書き込み速度 → 16x 12x 8x 6x 4x

AUTOSTRATEGYの設定 → ON

AUTOSTRATEGYは実際に機能したか? → していない

初期型PlayStation2 (SCPH-10000) での再生 → 良好
PX-716A で測定 PX-712U で測定
DW1620で測定
Q-Check TA Test

外周比較的悪いですが、(TA Test等含め)トータルしてみるとまぁまぁ。PS2ではスムーズに再生できています。




RICOH 16倍速DVD+Rメディア
8倍速書き込み

ID : RICOHJPNR03

選択できる書き込み速度 → 8x 4x 2x

AUTOSTRATEGYの設定 → ON

AUTOSTRATEGYは実際に機能したか? → していない

初期型PlayStation2 (SCPH-10000) での再生 → 良好
PX-716A で測定 PX-712U で測定
DW1620で測定
Q-Check TA Test

MAX 8倍速までしか選べないので、8倍速書き込み。
序盤のエラーが気持ち悪いですが、TA Testはよく、全体的にまぁまぁな感じ。







計9枚焼いていますが、すべてPS2で外周まで再生可能でした。
最後の方で減速したり、8倍速しか選べないメディアもありますが、16倍速焼き自体はまぁまぁいい方ではないかと思います。
選択できる最大書き込み速度に関しては、今後のファームウェアのアップデートで対応されていくかと思います。

意外によかったのはProdiscで、10枚580円とは思えない程の焼きでした。(ただし、1枚しか試してないですが)
ProcdiscはDLメディアでイマイチ印象よくありませんでしたが、ここへきて再度株上昇!?(笑)

全体的な傾向としては、やはりDVD-RよりDVD+Rの方がよさそうなので、高速焼きにはDVD+Rメディアを使うようにした方が、問題は起きにくいかと思います。


PX-716A トップ ドライブ情報等 AUTOSTRATEGY Part1 AUTOSTRATEGY Part2 トップへ
DVD関連のベンチマーク CD関連の各種性能 DVD+R DL検証 各種4倍速メディアエラーチェックページ
各種8倍速メディアエラーチェックページ 各種16倍速メディアエラーチェックページ PlexTools Professional