PX-716A トップ ドライブ情報等 AUTOSTRATEGY Part1 AUTOSTRATEGY Part2 トップへ
DVD関連のベンチマーク CD関連の各種性能 DVD+R DL検証 各種4倍速メディアエラーチェックページ
各種8倍速メディアエラーチェックページ 各種16倍速メディアエラーチェックページ PlexTools Professional



8倍速メディアエラーチェックページPart1 8倍速メディアエラーチェックページPart2


※このページの検証は、ファームウェア1c04 (ベータ版) の状態で行っています。
■PX-716A エラーチェックページ (8倍速DVD±Rメディア)

PX-716A (Firm 1c04) で各種8倍速DVD±Rメディアに焼いて、エラーチェックをするコーナーです。

β版のファームなので入れるかどうか非常に迷うところですが、基本的にファームは新しい方がいいということと、「公開しているくらいだから、そんなにひどいことはないはず・・・」 と都合のいい解釈をして、今回はβ版ファーム 1c04 を使ってみることにします。(しかし、プレクスターがβ版ファームを公開するのはかなり異例のことです。ま、なにか問題があったら1.03に戻すということで)

ちなみに、ファームアップしてもAUTOSTRATEGYデータベースはそのままの状態で引き継がれました。



PlexTools Professional 2.18 のグラフの見方は こちら を参照。
ライティングソフトは ONES 2.0.290
容量約4.36GBのDVD-Videoファイル使用。
※ここに掲載しているデータは、絶対的な品質をあらわすものではないので、(重要)参考資料の一つとして見て下さい。
※TA-Testのグラフは、左から内周、中周、外周です。
※PoweRecは常に有効にしています。


PlexTools Professional 2.18設定
PI/PO テスト  テスト時間 → 速度2
 SUM8 Test


各種設定等補足
測定ドライブ 計測ソフト ECC 測定速度
BenQ DW1620
Firm B7T9
Nero CD-DVD Speed 3.55
8 4倍速指定
PLEXTOR PX-716A
Firm 1c04
PlexTools Professional
2.18
8 2倍速 CLV
PLEXTOR PX-712U
Firm 1.05
PlexTools Professional
2.18
8 2倍速 CLV


TA Test 説明




maxell 8倍速DVD-Rメディア
8倍速書き込み

ID : MXL RG03

選択できる書き込み速度 → 8x 6x 4x

AUTOSTRATEGYの設定 → ON

AUTOSTRATEGYは実際に機能したか? → していない

初期型PlayStation2 (SCPH-10000) での再生 → 良好
PX-716A で測定 PX-712U で測定
DW1620で測定
Q-Check TA Test

PX-716A の測定とPX-712U の測定とで結構差が出てしまいました。
PX-716A の結果がなんか変な気がしますが、PS2ではスイスイ再生可能。




maxell 8倍速DVD-Rメディア
6倍速書き込み

ID : MXL RG03

選択できる書き込み速度 → 8x 6x 4x

AUTOSTRATEGYの設定 → ON

AUTOSTRATEGYは実際に機能したか? → していない

初期型PlayStation2 (SCPH-10000) での再生 → 良好
PX-716A で測定 PX-712U で測定
DW1620で測定
Q-Check TA Test

速度を6倍速に落とすと、全体的にエラーが低めになりました。(なぜかPX-712U の計測では外周エラー多目ですが?)




Prodisc 8倍速DVD-Rメディア
8倍速書き込み

ID : ProdiscF01

選択できる書き込み速度 → 8x 6x 4x

AUTOSTRATEGYの設定 → ON

AUTOSTRATEGYは実際に機能したか? → データベースに登録

初期型PlayStation2 (SCPH-10000) での再生 → 
途中から再生できない
PX-716A で測定 PX-712U で測定
DW1620で測定
Q-Check TA Test

AUTOSTRATEGYが実際に働きましたが、極めて悪い結果です。
CAV → CLV の切り替わりと思われるところでエラーが極端に増加。716と712では途中で計測がストップしてしまいました。




Prodisc 8倍速DVD-Rメディア
8倍速書き込み

- AUTOSTRATEGY OFF -

ID : ProdiscF01

選択できる書き込み速度 → 8x 6x 4x

AUTOSTRATEGYの設定 → 
OFF

初期型PlayStation2 (SCPH-10000) での再生 → 
途中から再生できない
PX-716A で測定 PX-712U で測定
マ ウ ン ト で き な い !
DW1620で測定
Q-Check TA Test

AUTOSTRATEGY を切ってもたいして変わらず・・・ TA Test(外周)は悲惨な結果。




Prodisc 8倍速DVD-Rメディア
4倍速書き込み

ID : ProdiscF01

選択できる書き込み速度 → 8x 6x 4x

AUTOSTRATEGYの設定 → ON

AUTOSTRATEGYは実際に機能したか? → 
している (データベースランクアップ)

初期型PlayStation2 (SCPH-10000) での再生 → 良好
PX-716A で測定 PX-712U で測定
マ ウ ン ト で き な い !
DW1620で測定
Q-Check TA Test

しかたがないので、4倍速で。
かなり改善されてますが、ちょっと使う気にはなれません。ただ、PS2での再生は正常にできるようになりました。(グラフを見ると、序盤かなりひどそうに見えますが、これくらいでも初期型PS2で再生できています)




RiTEK 8倍速DVD+Rメディア
8倍速書き込み

ID : RITEKR03

選択できる書き込み速度 → 8x 6x 4x

AUTOSTRATEGYの設定 → ON

AUTOSTRATEGYは実際に機能したか? → していない

初期型PlayStation2 (SCPH-10000) での再生 → 良好
PX-716A で測定 PX-712U で測定
DW1620で測定
Q-Check TA Test

なんかあんまりよくない気がします。
DW1620の測定では、CAV → CLV の切り替わりと思われるところでJitter急上昇。PS2では普通に再生できるので、一応最低水準はクリアしているとは思いますが。





RiTEK 8倍速DVD+Rメディア
6倍速書き込み

ID : RITEKR03

選択できる書き込み速度 → 8x 6x 4x

AUTOSTRATEGYの設定 → ON

AUTOSTRATEGYは実際に機能したか? → していない

初期型PlayStation2 (SCPH-10000) での再生 → 良好
PX-716A で測定 PX-712U で測定
DW1620で測定
Q-Check TA Test

速度を6倍速に落とすと、全体的に明らかによくなりました。時間的に余裕があれば6倍速で。




太陽誘電 8倍速DVD-Rメディア
8倍速書き込み

ID : TYG02

選択できる書き込み速度 → 16x 12x 8x 6x 4x

AUTOSTRATEGYの設定 → ON

AUTOSTRATEGYは実際に機能したか? → していない

初期型PlayStation2 (SCPH-10000) での再生 → 良好
PX-716A で測定 PX-712U で測定
DW1620で測定
Q-Check TA Test

16倍速まで選択できますが、規格内の8倍速で。全然問題ありません。




太陽誘電 8倍速DVD-Rメディア
6倍速書き込み

ID : TYG02

選択できる書き込み速度 → 16x 12x 8x 6x 4x

AUTOSTRATEGYの設定 → ON

AUTOSTRATEGYは実際に機能したか? → していない

初期型PlayStation2 (SCPH-10000) での再生 → 良好
PX-716A で測定 PX-712U で測定
DW1620で測定
Q-Check TA Test

速度6倍速時。同じく無問題。




太陽誘電 8倍速DVD-Rメディア
8倍速書き込み

ID : TYG02

選択できる書き込み速度 → 16x 12x 8x 6x 4x

AUTOSTRATEGYの設定 → ON

AUTOSTRATEGYは実際に機能したか? → していない

初期型PlayStation2 (SCPH-10000) での再生 → 良好
PX-716A で測定 PX-712U で測定
Q-Check TA Test

念のため別パッケージの誘電8倍速メディアでも試しましたが、これも好結果。全く問題ないと思われます。




RiTEK 8倍速DVD-Rメディア
8倍速書き込み

ID : RITEKG05

選択できる書き込み速度 → 8x 6x 4x

AUTOSTRATEGYの設定 → ON

AUTOSTRATEGYは実際に機能したか? → していない

初期型PlayStation2 (SCPH-10000) での再生 → 
マウントできない
PX-716A で測定 PX-712U で測定
計 測 で き な い 計 測 で き な い
DW1620で測定
計 測 で き な い
Q-Check TA Test

掲示板でRITEKG05 はだめという報告がありましたが、ファーム1c04でもだめそうです。基本的には避けるべきメディア。




RiTEK 8倍速DVD-Rメディア
6倍速書き込み

ID : RITEKG05

選択できる書き込み速度 → 8x 6x 4x

AUTOSTRATEGYの設定 → ON

AUTOSTRATEGYは実際に機能したか? → していない

初期型PlayStation2 (SCPH-10000) での再生 → マウントできない
PX-716A で測定 PX-712U で測定
計 測 で き な い
DW1620で測定
計 測 で き な い
Q-Check TA Test

速度を6倍速に落とすと、PX-716A では奇跡的にマウントできましたが、PIPO/Sum8 Testは測定開始後すぐにエラー。どうしようもないくらい悪い焼き状態です。




Part2 へ進む



8倍速メディアエラーチェックページPart1 8倍速メディアエラーチェックページPart2




PX-716A トップ ドライブ情報等 AUTOSTRATEGY Part1 AUTOSTRATEGY Part2 トップへ
DVD関連のベンチマーク CD関連の各種性能 DVD+R DL検証 各種4倍速メディアエラーチェックページ
各種8倍速メディアエラーチェックページ 各種16倍速メディアエラーチェックページ PlexTools Professional