PX-716A トップ ドライブ情報等 AUTOSTRATEGY Part1 AUTOSTRATEGY Part2 トップへ
DVD関連のベンチマーク CD関連の各種性能 DVD+R DL検証 各種4倍速メディアエラーチェックページ
各種8倍速メディアエラーチェックページ 各種16倍速メディアエラーチェックページ PlexTools Professional


※このページの検証は、ファームウェア1.02の状態で行っています。
■AUTOSTRATEGY Part1

「AUTOSTRATEGY が実際どのくらい効果があるのか試してみよう!」 のページです。
AUTOSTRATEGY の動作に関しては、マニュアルの記載によると、バッファロー版のところで書いた説明で大体よさそうです。


※このページの検証では、ライティングソフトは Nero CD-DVD Speed 3.55 を使用しています。
※PX-716Aのファームウェアは1.02です。





■太陽誘電 8倍速DVD-Rメディアの場合

まずは、バッファロー版PX-716Aで問題が出てしまった太陽誘電8倍速DVD-Rメディアで試してみます。
(バッファロー版のときと同じスピンドルパッケージのメディアを使用)


使用したメディア
太陽誘電 8倍速DVD-Rメディア
ID : TYG02


太陽誘電8倍速DVD-Rメディア 8倍速書き込み AUTOSTRATEGY OFF の設定
AUTOSTRATEGY OFF の場合。ごく普通の結果です。



太陽誘電8倍速DVD-Rメディア 8倍速書き込み AUTOSTRATEGY ON の設定
次に問題の AUTOSTRATEGY ON です。バッファロー版のPX-716AではAUTOSTRATEGYが作動したメディアですが、LEDを見ているとAUTOSTRATEGYが動きそうな動作はしたものの、数秒で焼きにいきました。(データベースには登録されなかったので、AUTOSTRATEGY は結局働いていないことになります)念のためもう1枚焼きましたが、結果は同じです。
そもそもバッファロー版のときとメディアの品質自体が完全に同じか?という疑問もありますが、
同じスピンドルパッケージから取り出したので同じじゃないかと推測してますが 結局のところよく分かりません。
いずれにしても、バッファロー版のときはAUTOSTRATEGYが悪い方向に作用したメディアなので、焼いた後はPlexToolsで計測しておいたほうがより安心かと思います。
時間的には、AUTOSTRATEGYを有効にしたため、最初のメディアチェックの分だけ多くかかっています。(8:27 - 8:15 = 12秒)



計測結果
上から SUM8 Test (速度2)、TA Test(内周)、TA Test(中周)、TA Test(外周)
AUTOSTRATEGY OFF の設定 AUTOSTRATEGY ON の設定 
※実際にはAUTOSTRAYEGYは働いていない

結果的には、ほとんど同じグラフになりました。(どちらもAUTOSTRATEGYが働いていないので当然かもしれませんが)




■MB 4倍速DVD-Rメディアの場合 ※maxell 4倍速DVD-Rメディアと同じIDのメディア

MB といえば高品質を売りにしていることで有名なメディアですが、周知の通りIDは通常のmaxell 4倍速DVD-Rメディアと同じです。そこで、通常のmaxell メディアとMBのメディアを焼けば、どちらかでAUTOSTRATEGYが働くのではないか?という予想の元試してみました。


使用したメディア
MB 4倍速DVD-Rメディア
使用したメディア
maxell 4倍速DVD-Rメディア
ID : MXL RG02 ID : MXL RG02


ですが、期待(予想)に反してどちらも AUTOSTRATEGYデータベースには登録されませんでした。


MB 4倍速DVD-Rメディア 4倍速書き込み
 AUTOSTRATEGY ON の設定で書き込むものの、実際にはAUTOSTRATEGYは働いてません。
maxell 4倍速DVD-Rメディアでもほとんど同じグラフになります。



計測結果
上から SUM8 Test (速度2)、TA Test(内周)、TA Test(中周)、TA Test(外周)
MB 4倍速DVD-Rメディア maxell 4倍速DVD-Rメディア
AUTOSTRATEGY ON の設定 
※実際にはAUTOSTRAYEGYは働いていない
AUTOSTRATEGY ON の設定 
※実際にはAUTOSTRAYEGYは働いていない

これも大体同じようなグラフになりました。




■ID偽装メディア (TYG02)

一時話題になったID偽装メディアです。(太陽誘電 8倍速DVD-Rメディアと同じIDだが、太陽誘電は関与していないというメディア)


Fortis 8倍速DVD-Rメディア(偽装品)
※すでに入手は不可
ID : TYG02 (ID偽装)


ですが、これもAUTOSTRATEGYは機能しませんでした。デフォルトストラテジで問題ないっぽいです。


Fortis 8倍速DVD-Rメディア 8倍速書き込み
 AUTOSTRATEGY ON の設定で書き込むものの、実際にはAUTOSTRATEGYは働いてません。
AUTOSTRATEGY OFF でもほとんど同じグラフになります。



計測結果
上から SUM8 Test (速度2)、TA Test(内周)、TA Test(中周)、TA Test(外周)
AUTOSTRATEGY OFF の設定 AUTOSTRATEGY ON の設定 
※実際にはAUTOSTRAYEGYは働いていない




■TDK 自社ID 8倍速DVD-Rメディアの場合

TDKの8倍速DVD-Rメディアと言えば、日本製とルクセンブルク製がありますが、ルクセンブルク製は挙動が変 なこともあり、(もしかしたら)日本製とルクセンブルク製のどちらかでAUTOSTRATEGYが働くのではないか?と言うことで試してみます。


使用したメディア
TDK 8倍速DVD-Rメディア
日本製
使用したメディア
TDKl 8倍速DVD-Rメディア
ルクセンブルク製
ID : TTG02 ID : TTG02
ただし、一部ドライブでは TTH01 と認識される。


ですが、どちらもAUTOSTRATEGYデータベースには登録されませんでした。
(Nero CD-DVD Speed の書き込みグラフは省略)


計測結果
上から SUM8 Test (速度2)、TA Test(内周)、TA Test(中周)、TA Test(外周)
日本製TDK 8倍速DVD-Rメディア ルクセンブルク製TDK 8倍速DVD-Rメディア
AUTOSTRATEGY ON の設定 
※実際にはAUTOSTRAYEGYは働いていない
AUTOSTRATEGY ON の設定 
※実際にはAUTOSTRAYEGYは働いていない




■太陽誘電 4倍速DVD-Rメディアの場合

最後に、海外向けらしい誘電ブランド(V-Star)は、国内で売っている誘電メディアとくらべてどうか?ということで試してみます。


使用したメディア
太陽誘電 4倍速DVD-Rメディア
使用したメディア
V-Star4倍速DVD-Rメディア
ID : TYG01 ID : TYG01


なんとなく予想はしてましたが、これもAUTOSTRATEGYデータベースには登録されませんでした。
(Nero CD-DVD Speed の書き込みグラフは省略)


計測結果
上から SUM8 Test (速度2)、TA Test(内周)、TA Test(中周)、TA Test(外周)
太陽誘電 4倍速DVD-Rメディア V-Star 4倍速DVD-Rメディア
AUTOSTRATEGY ON の設定 
※実際にはAUTOSTRAYEGYは働いていない
AUTOSTRATEGY ON の設定 
※実際にはAUTOSTRAYEGYは働いていない

結局、AUTOSTRATEGYデータベースには1枚も登録されませんでした。
なんか疲れてきた・・・AUTOSTRATEGYが働かないのは悪いことではないですが、「実験室」としては一個でもいいので面白い結果が欲しいところです。(笑)
Part2 では面白い結果になることを期待して、Part1 はこれで終了!



PX-716A トップ ドライブ情報等 AUTOSTRATEGY Part1 AUTOSTRATEGY Part2 トップへ
DVD関連のベンチマーク CD関連の各種性能 DVD+R DL検証 各種4倍速メディアエラーチェックページ
各種8倍速メディアエラーチェックページ 各種16倍速メディアエラーチェックページ PlexTools Professional