PX-716A トップ ドライブ情報等 AUTOSTRATEGY Part1 AUTOSTRATEGY Part2 トップへ
DVD関連のベンチマーク CD関連の各種性能 DVD+R DL検証 各種4倍速メディアエラーチェックページ
各種8倍速メディアエラーチェックページ 各種16倍速メディアエラーチェックページ PlexTools Professional


■勝手にPlexToolsProfessional ヘルプ

※タイトルは、かつて存在していたCD-R系ホームページ 「勝手にCDRWINヘルプ」 のパクリです(笑)

PX-716A に付属されているPlexToolsProfessional は非常に使えるツールですが、マニュアルに詳しく書かれていないところもあるので、ここでは勝手に解説させて頂こうと思います。(笑)
※ここでのファームウェアは 1.03 で、PX-716A ではなく、PX-716UF を使用しています。


詳細設定の設定項目
※VariRecのところがDVDとなっていますが、これはDVD-Rメディアをマウントさせているためです。


自動挿入通知有効
これは人によってチェックしていたり、していなかったりすると思いますが、よく分からないときはチェックしないことを推奨します。(CDS200系ディスク等の、たちの悪い強制インストール仕様ディスク対策)
Buffer Underrun Proof有効
特に理由がないときは、チェックしておいた方がいいかと思います。
PoweRec有効
チェックしておいた方がいいかと思います。
DMA有効
IEEE1394環境のため灰色チェックボックスになっていますが、ATAPI 接続の場合はチェックしておきましょう。
1stセッションのみ有効
普通はチェックしませんが、このオプションは場合によっては非常に有効に使えます。(詳しくは後述)
ATIP OFF
これが一番分かりにくいのではないかと思いますが、通常はチェックしない設定にしておきます。チェックする状況はほとんどないと思いますが、ゲームディスクをバックアップし、バックアップディスクを使用してゲームをするときは、このオプションを チェックすると(場合によっては)いいかもしれません。(それ以外はいまいち使い道が思い浮かばない)
SpeedRead有効
デフォルトではチェックしない設定 になってます。急いでなければチェックしない方がなにかと安全。
AutoStrategy有効
登場時のファーム1.03の状態では、このオプションは使いづらいので、 チェックするかしないか迷うところです。(試行錯誤が必要 & 今後のファームウェアの動向に注目)
Change Book Type for DVD+R
DVD+RメディアをROM化したいときはチェックしますが、必要なければチェックしなくてもいいかと思います。(私はこのオプションは OFF にしています)
DVD-Videoを作成する場合、ROM化すると一般的に再生互換性があがることが多いかと思いますが、ROM化は必要ない場合も多く、その場合ROM化しなくても不便はありません。
※一度自分が使用しているDVD-Video再生機器で、ROM化したディスクとROM化しないディスクで再生チェックしてみるといいかもしれません。また、他人に配布する場合は、ROM化しておいた方が無難かと思います。
※このオプションはDVD-Rメディア使用時には機能しません。機能するのは、DVD+Rメディア使用時です。(DVD-Rメディアは、ROM化という概念がない)
Change Book Type for DVD+R DL
チェックすることを推奨。




〜 「1stセッションのみ有効」 の効果について 〜


【状況1】CD-Rにデータを追記したら、前に書き込んだデータが見えなくなってしまったとき。
※正しい手順で追記すれば問題ありませんが、誤った手順で追記すると実際にこの現象は起きます。


実際に、誤った手順でデータを追記してみました。
最初に、「イロエロな画像ファイル」 を、
次に、(誤った手順で) 「機密文書(持ち出し厳禁)」 を焼いています。
※ライティングソフトは、nero 6.6.0.3 を使用。



すると、↓のように、セッションが2つできているのが分かります。
エクスプローラで見ると、最初に焼いた 「イロエロな画像ファイル」 が見えません。



そこで、「1stセッションのみ有効」 を ON にして、メディアを再マウント。
PlexTools では、↓のようになってます。
エクスプローラでアクセスすると、ファイルが取り出し可能な状態に!


ライティングソフトの操作を誤ってしまい、「追記してファイルが見えなくなる」 という状態になってしまったときは、こんな感じで1stセッション有効のオプションを活用すれば、見えなくなったファイルが簡単に取り出せます。
逆の見方をすれば、簡易プロテクトにも使えます。つまり、内緒のファイルを最初にトラックアットワンスで追記可能な状態で焼いておいて、次にセッションのインポートの操作をあえて間違えて適当なファイルを焼くと・・・
最初に焼いたファイルが見えなくなりますが、PlexToolsを使うことで最初に焼いたファイルを取り出し可能。
 「一見プロテクトディスクに見えない」
というのは、プロテクトディスクとしてある意味効果的でもあるので、意外とこの技はつかえるかもしれません。(ただ、これはCD-Rメディアに有効な技で、DVD±Rメディア + nero 6.6.0.3 で試したところではうまくいきませんでした)




【状況2】音楽CDを買ってきたと思ったら、CDS系音楽ディスク(レーベルゲートCD2等)だった!とき
(ここでは "平井堅 / 瞳を閉じて" を使用)


普通にディスクをマウントさせたとき
インストールしたくないファイルが出現する上に、Media Player は無反応・・・



1stセッションのみ有効を ON にして、ディスクをマウントさせたとき
効果は見ての通りです

※レーベルゲートCD2だけではなく、通常のCD-Extraにも有効です。




■その他

音楽CDからリッピングするとき、PlexTools Professional を使用すると、ドライブ固有の位置ずれを自動的に補正してくれるので、完璧なリッピングが可能です。
それに加えて、PlexToolsProfessional で音楽CDを作成すると、書き込み時の位置ずれも自動的に補正してくれるので、完璧な書き込みが可能です。
※逆の言い方をすれば、多くのソフトは音楽CD読み書き時、ドライブ固有の値だけアドレスがずれてしまいます。

ただし、書き込み時は厳密に言うとデータを余分に追記しています。(1フレームのゼロデータを追加している)
これはPlexToolsの古いバージョンからの現象なので、仕様っぽいです。(改めて2.18で確認しても相変わらず1フレームのゼロデータを追加しているので、バグ等ではなさそう)

で、この 「1フレーム余分にデータが追記される」 現象ですが、実はいい方向に作用しているので、その辺について触れてみたいと思います。(PREMIUMのページと重複するところありますが)


先頭と末尾にゼロサンプルがない5分ジャストのWAVEファイルを
1つ用意し、それを3つ並べて書き込みしていますが、

※PX-716UF + PlexToolsProfessional 2.18 にて

 1トラック目 → 05:00.00
 2トラック目 → 05:00.00
 3トラック目 → 05:00.
01

ということで、3トラック目だけ1フレーム長いです。
ただ、こうすることによって、多くのドライブが、音楽CD作成時(若干ながら)データを書き漏らしてしまっている現象を回避できています。




オリジナルの5分ジャストWAVEファイルの末端部


上記のWAVEファイルを3つ並べてディスクアットワンスで音楽CDを作成し、
その作成した音楽CDからトラック3をリッピングしたものの末端部
nero6.3.0.3 で書き込み → PX-716UF + PlexToolsProfessional 2.18 で読み込み
※この場合、書き込み時に30サンプルのアドレスのズレが生じています。
元のWAVEファイルと見比べると分かりますが、サイズが同じなのに30サンプルほど削られてしまってます。
(削られた30サンプルはゼロで補完される)

※削られているデータは、nero 6.3.0.3 で書き込む特に失われてしまっています。
(正確なことを言うと、トラック2のおしりにけずられたデーターはあり、トラック1の先頭部が削られているのですが、30サンプル失われていること自体は事実です)



WaveCompareでの比較
書き込み時30サンプルほどアドレスがずれますが、そのずれる分は書き込まれず失われてしまっているのがこの結果からも判別可能です。
書き込まれていない30サンプルは当然読み出し不可。







こんな感じで、普通に音楽CDを読み書きすると、気がつかないところで(些細ですが)問題が生じている場合がほとんどです。
※ズレるとか、データが失われるといっても、ほんのごくわずかなので通常はまず気にする必要ない & 気がつきません。曲の先頭と末尾にゼロデータがあれば実害もありません。(知らなきゃよかったレベルの話)

とはいえ、PX-716A はこの問題を回避できるので、せっかくなのでこだわってみましょう。

この問題の回避法は実に簡単で、PlexToolsProfessional + PLEXTORドライブで、普通に読み書きするだけです。(設定は変更するところはありません)


以下は、

5分ジャストのWAVEファイルを3つ並べて、PX-716UF + PlexToolsProfessional 2.18 で音楽CDを作成し、
作成したディスクから、3トラック目をPX-716UF + PlexToolsProfessional 2.18 で普通にリッピングしたWAVEファイルの末端部


です。

比較のため、オリジナルの5分ジャストWAVEファイルの末端部を再掲載


PlexToolsで書き込み→読みしたWAVEファイルのほうが若干時間が長いですが、※約0.013秒
オリジナルのファイルを完全に再現できています。





WaveCompareでの比較
PlexToolsで書き込み→読みしたWAVEファイルのほうが588サンプル長いものの、
データはズレがなく完全一致。

ゼロサンプルは30個追加すればいいんですが、最小単位は588のため、結果的に588も追加していると思われます。




■その他2

掲示板にて、Pioneer DVR-105、DVR-106 で書き込んだディスクが、PX-716A で正常に読めない?という報告があったので、念のため確認してみました。(この問題を投稿されたかたは、結局いつの間にか問題解決されたようですが、せっかくなので確認してみます)


ディスクの情報は、

 ●2004年2月9日に書き込み
 ●ドライブはDVR-A06-J
 ●メディアは国産三菱等速 (ID : MCC 00RG200 )
 ●書き込み速度は2倍速

です。

結果は長くなってきたので別ウインドウで、

こちら

結果としては、特に問題ありませんでした。







もうひとつ。
CloneDVD2でTYG02に焼くとBookTypeがDVD-ROMになる?という報告があったので、うちでも試してみました。


PX-716A (Firm 1c04) + CloneDVD 2.5.4.3 で書き込み
(当たり前ですが)BookTypeは 「DVD-R」



情報を下さった方のDVDINFOProでの情報
DVD-Rなのに、BookTypeが 「DVD-ROM」
なにかのバグでしょうか?

原因はちょっとよく分かりません!(バグっぽい?)


PX-716A トップ ドライブ情報等 AUTOSTRATEGY Part1 AUTOSTRATEGY Part2 トップへ
DVD関連のベンチマーク CD関連の各種性能 DVD+R DL検証 各種4倍速メディアエラーチェックページ
各種8倍速メディアエラーチェックページ 各種16倍速メディアエラーチェックページ PlexTools Professional