PX-716A トップ ドライブ情報等 AUTOSTRATEGY Part1 AUTOSTRATEGY Part2 トップへ
DVD関連のベンチマーク CD関連の各種性能 DVD+R DL検証 各種4倍速メディアエラーチェックページ
各種8倍速メディアエラーチェックページ 各種16倍速メディアエラーチェックページ PlexTools Professional


■プレクスター PX-716A - 2004年12月11日更新 -

バッファロー版に遅れること約1週間。ようやく純正版のPX-716Aが発売されました。
12月10日(金)に発売 という情報もあったので、当日は仕事を定時で切り上げて秋葉へ直行。なんとか閉店前に間に合ったものの、実際には各所でかなり強力な販売規制がかかっており 10日には入手できませんでした。(T_T) 物は絶対あるのに売ってくれない!この販売規制ってなんとかならないんでしょうか・・・
当日はかなり凹みましたが、翌日の11日にようやく入手。
Q-Check TA Test、AUTOSTRATEGY等、バッファロー版(OEM)を使っていて気になっていたことや、その他もろもろ調べてみたいと思います


なぜかソフマップのみ銀ベゼルが付いてきます。(限定品)
価格的に別に高いこともないので、ソフマップにて購入。
- 公式ページ -




■プレクスター PX-716A の特徴

測定ツールとしては最強になりつつある、PlexTools Professional が付属。
このユーティリティソフトは非常に多機能かつ高性能なので、PX-716Aは純正版を買うことを強く推奨。バッファロー版(OEM)には付属されていません。
現物合わせでメディアのロットごとの品質個体差の問題を解決する & 未知のメディアの記録品位向上も可能なAUTOSTRATEGY機能を搭載。
ただしこの機能、バッファロー版(OEM)で試したときはかえって悪い結果になってしまいましたが。(純正版の本ドライブで改めて試してみます)
6倍速CLV書き込みに対応しているが、ND-3500Aのような散歩OPC方式のため、PX-712Aの完全フルCLVと少し違っている。(どちらがいいかは別として)
SILENT MODE を搭載しているため、静音PCに向いている。
DVD+R DL(ダブルレイヤー)だけでなく、DVD-D DL(デュアルレイヤー)にもいち早く対応。(ただし、DVD-R DLはメディアがまだ全然ない & 要ファームアップ)
Ultra ATA/66 対応
通常のホワイトベゼルの他に、ブラックベゼルも標準添付。
従来のように、「間違えてブラックベゼルのを買ってしまった!」 ということがなくなりました。(笑)
ドライブの長さが従来より2cmくらい短いので、キューブ型PCにも向いている。
暁のラブレターの書き込みでは問題発生。CDMで書き込み可能。EACでは書き込み不可。


ちょっと気になったのは、メディアを入れずにトレイを閉めたとき、ドライブから音がすることです。(バッファロー版を使っているときは特に気にならなかったですが)
この音が気になってしょうがないので分解して挙動を観察しましたが、単なるモーターの回転音でした。(40TSの音に微妙に似ています)
※分解して観察するのは非常に危険です!通常はやめましょう!


トレイを閉じるときの音は、↑ので囲んだところが勢いよく回転するときの音でした。
バッファロー版でも分解して確認してみましたが、同じ動きをしてます。
(バッファロー版のとき気にならなかったのは、音の大きさの個体差のようなものかもしれません)


また、OEMと純正とでは基板も少し違っていました。基本性能的に同じか?違うか?は不明ですが、ドライブの仕様的には同じなので、基本的には差はないはず、と思いたい・・・

以下は基板の(X-Yが)同じ箇所ですが、シルク印刷からして違っています。
純正のほうは不具合修正済みパターンっぽいです。


バッファロー版 PX-716A
基板一部
シリアルは 1490**
純正版 PX-716A
基板一部
シリアルは 1212**

純正版は手直しが無いところを見ると、純正版のほうが後に作られたのでないかと思いますが(推測)
シリアルがバッファロー版の方が若い番号が割り当てられていたりしているので、いまいちよく分からないところもあります。
TLAが同じでも微妙に違うことはあるようです。

→間違いの可能性かなりあり。

その他のいつもの調査項目は以下の通り。

項目 結果(データ)
主要チップ LC897492FL(SANYO製) ※バッファロー版、純正版とも同じです
製造国表示 CHINA
排気ファン なし
5V定格 1.7A
12V定格 2.0A
ヘッドホン端子 なし
付属のブランクメディア なし
付属のソフト PowerProducer2 Gold
PowerDVD5
Drag'n Drop CD+DVD4
PlexToolsProfessional
Read sample offset correction +30
Write samples offset -30
Combined read/write sample offset correction ±0
DVD+R DVD+RW、DVD+R DLメディアのROM化 DVD+RとDVD+R DLは可能
DVD+RWは不可
プリギャップリードサイズ
PRE-Gap Checker にて計測)
データCD(LBA) : -140
データCD(MSF) : -140
音楽CD(LBA) : -75
音楽CD(MSF) : -75
DVD-RAMに記録したデータは読めるか? 非対応
Exact Audio Copy での読み書き
(V0.95 prebeta 5 にて確認)
読み
書き ×
CD Manipulator 2.70 での読み書き
読み
書き
(CD-DAの)読み速度の変更はできるか? 可能(最低は4倍速)
Exact Audio Copy V0.95 prebeta 5にて確認
CD-R最低書き込み速度 4倍速
フルCLVでのCD-R書き込み最高速度 16倍速
フルCLVでのDVD-R/DVD+R書き込み最高速度 6倍速
ROM化したDVD+R、DVD+R DLディスクの認識 DVD+R、DVD+R DL共に本来のBookTypeで認識
ルクセンブルクTDK8倍速メディアの認識 TTG02 詳細はこちら を参照
保証 メーカーの1年保証
トレイの色
搭載バッファ容量 余裕の8MB


【補足1】
トレイオープンの動作のとき、一瞬左に 「カクッ」 と動く動作をしますが、バッファロー版でも純正版でも同じなので、故障とかではなく仕様みたいです。
→(ファームウェアを1.04にし)Plextools ProfessionalのSilent Modeを有効にすることで、「左カックン」 は完璧になくなります。

【補足2】
付属のライティングソフトが珍しくDrag'n Drop CD+DVD4です。(個人的にはインターフェースがいまいち好きになれないですが)

【補足3】
Exact Audio Copy では今回も書き込みできませんでした。
EACの確認バージョンは V0.95 prebeta 5 で、ASPI はAdaptecの4.60とneroのASPI にて確認。

→ V0.95 beta 1 で正常に書き込みできるようになりました。

【補足4】
ブラックフロントパネルが標準添付されているので、色で迷うことがなく買えます。(ただ、自分で交換する必要がありますが)
ソフマップで売っているのは(限定で)銀色のフロントパネルもついてきます。


ソフマップ限定モデルの銀ベゼルと標準添付の黒フロントパネル
今回は(ブラックバージョンが欲しいときは)自分で交換するようになってます。銀のは残念ながらロゴなしでした。
フロントパネルを交換するとき、エマージェンシースティックをイジェクトホールにさしてトレイをオープンさせる必要がありますが、結構力が要ります。うまくいかないときは電源を入れた状態でトレーを開きそのまま電源OFFとやるのがいいかもしれません。



【追記】
ベータ版ファーム 1c04 では、三菱2.4倍速DVD+R DLメディアへ6倍速書き込み可能になってます。(ファーム1.04以降も6倍速焼きが可能になると思われます。)



ファーム1c04の PX-716A + DVDINFOPro 3.49
6倍速が選択可能になりました。


PX-716A トップ ドライブ情報等 AUTOSTRATEGY Part1 AUTOSTRATEGY Part2 トップへ
DVD関連のベンチマーク CD関連の各種性能 DVD+R DL検証 各種4倍速メディアエラーチェックページ
各種8倍速メディアエラーチェックページ 各種16倍速メディアエラーチェックページ PlexTools Professional