PX-716A/JP2 付属オーサリングソフトで2層DVD作成

PX-716A/JP2 トップへ CD-R実験室トップへ



2層焼きといえば、焼きは RecordNow!7 で、オーサリングは Adobe Encore DVD1.5 または TMPGEnc DVD Author 2.0 ですが、付属のオーサリングソフト (PowerProducer 3 for OEM) の実力を知るために、オーサリング → 焼きの工程を PowerProducer 3 for OEM で試してみます。


【各種条件等】
容量約5.58GBのMPEGファイル使用。(あえて少なめのものを使用)
MPEGファイルの長さは約1時間54分。
チャプターは、0時間54分付近のところに1個だけ打つ。
ファームウェアは1.07
メディアは三菱DVD+R DLで、書き込み速度は4倍速。


さて結果ですが、レイヤーブレイクが記述されず、Pioneer DV-555 での再生でもレイヤ切り替わりのところで止まってしまうので、予想通り 付属のオーサリングソフトは、2層焼きとしてはどうもイマイチな感じです。


書き込み後のディスク情報


このまま終わってしまうと、実験的に面白くないので、

付属の PowerProducer 3 for OEM でオーサリング → RecordNow!7.31 で焼き

ということをやろうとしたのですが、この条件だと焼きにいく段階でエラーとなってしまいました。
しっかりとした2層DVD-Videoを焼くには、TMPGEnc DVD Author 2.0 等を別途用意しないとだめそうです。


以下は各種条件での計測結果です。


PX-716A/JP Sum8 Test 速度2 PX-716A/JP2 Sum8 Test 速度2
レイヤ1が比較的悪いですが、問題はない範囲。



PX-716A/JP Sum1 Test 速度2 PX-716A/JP2 Sum1 Test 速度2
ボーダーラインの4のところを少し超えてしまいました。(ほぼ問題はないかと思いますが)



PX-716A/JP2 Q-Check TA Test
レイヤ0内周 - レイヤ0中周 (上段)
レイヤ1内周 - レイヤ1中周 (下段)
※焼いた容量が少ないため、外周はありません。




Nero CD-DVD Speed 3.80 + BenQ DW1640 でのディスク品質テスト
傾向的には、PLEXTORドライブと同じような感じになりました。



PX-716A/JP2 トップへ CD-R実験室トップへ