■DVD品質テスト 01

PX-716A/JP2 トップへ CD-R実験室トップへ



PX-716A/JP2 で各種DVD±Rメディアに書き込み、品質テストをするページです。

AUTOSTRATEGY は常に有効の設定
PX-716A/JP2 のファームは1.08
ライティングソフトは Nero CD-DVD Speed 4.00 (データディスク作成)
※ここに掲載しているデータは、絶対的な品質をあらわすものではないので、(重要)参考資料の一つとして見て下さい。
※TA Testのグラフは、左から内周、中周、外周です。
※TA TestはPX-716Aのファーム、PlexToolsのバージョン等によって結果が変わってくるので、他のドライブの検証ページと比較できないかもしれません。
※AUTOSTRATEGY は有効にしているため、その分書き込みに時間がかかっています。



PlexTools Professional 2.23設定
PI/PO テスト  テスト時間 → 速度2
 SUM8 Test


各種設定等補足
測定ドライブ 計測ソフト ECC 測定速度
BenQ DW1640
Firm BSHB
Nero CD-DVD Speed 4.00
8 4倍速指定
PLEXTOR PX-716A/JP
Firm 1.08
PlexTools Professional
2.23
8/1 2倍速 CLV
PLEXTOR PX-716A/JP2
Firm 1.08
PlexTools Professional
2.23
8/1 2倍速 CLV




太陽誘電 4倍速DVD-Rメディア
4倍速書き込み

ID : TYG01

選択できる書き込み速度 → 8x 6x 4x

AUTOSTRATEGYデータベースに登録されたか? → 登録されない
書き込みグラフ
PX-716A/JP Sum8 Test PX-716A/JP2 Sum8 Test
PX-716A/JP2 Q-Check TA Test
Nero CD-DVD Speed 3.80 ディスク品質テスト

6倍速と8倍速も選択できますが、規定通りの4倍速で。
エラー的なことはいいとして、2台の PX-716A でエラーが倍近くも違ってます。(読みの個体差っぽい)




maxell 4倍速DVD-Rメディア
4倍速書き込み

ID : MXL RG02

選択できる書き込み速度 → 4x のみ

AUTOSTRATEGYデータベースに登録されたか? → 登録されない
書き込みグラフ
PX-716A/JP Sum8 Test PX-716A/JP2 Sum8 Test
PX-716A/JP2 Q-Check TA Test
Nero CD-DVD Speed 3.80 ディスク品質テスト

maxell は相変わらず速度違反はできず、4倍速のみ。
これも微妙に(読みの)個体差があるみたいです。
誘電のときは716A/JP2 の方が低エラーだったものの、maxell のときは716A/JP の方が低エラー。必ずしもどちらの方がエラーが低くなるということでもなさそうです。




TDK 4倍速DVD-Rメディア
4倍速書き込み

ID : TTG01

選択できる書き込み速度 → 8x 6x 4x

AUTOSTRATEGYデータベースに登録されたか? → 登録されない
書き込みグラフ
PX-716A/JP Sum8 Test PX-716A/JP2 Sum8 Test
PX-716A/JP2 Q-Check TA Test
Nero CD-DVD Speed 3.80 ディスク品質テスト

ルクセンンブルクTDKですが、思いのほか高エラーになってしまいました。
一応MAX280以内に収まっていることと、(グラフは掲載してませんが)716A でのPIFはMAX 3なので、問題ないといえば問題ないのかもしれませんが、やはりちょっと気になります。(TA Testもかなり悪い)
AUTOSTRATEGY が発動すればもう少しまともな結果になるような気もしますが、計3枚焼いても発動せず、3枚とも同じような結果に・・・
PX-740A ではかなりいい感じで焼けてたメディアなので、少し意外でした。




PX-716A/JP2 トップへ CD-R実験室トップへ