■プレクスター PX-716UF - 2004年12月27日更新 -

すでに3台所有しているドライブですが、「外付けはメーカー側で変換した物を買う方がトラブルは少ない」 ということで、結局見つけたと同時に(衝動的に)購入してしまいました。
基本性能はPX-716Aと同じなので、ここでは(外付けドライブとして)気になったことをいくつか書いてみたいと思います。


買うときに少し迷いましたが、迷った理由はデザインのかっこ悪さのみ!(笑) (主観ですが)
今後はできればPREMIUM-Uタイプのケースにして欲しいところです。
- 公式ページ -




■中が気になるのでばらしてみる

※通常はばらすのはやめましょう!いろいろと危険な上に保証の面で不利になります。

予備知識
この件についてはよく聞かれるのであらかじめ書いておきますが、ドライブをばらすときは事前にフロントベゼルをはずしておいた方がいいです。やり方は、(付属の)エマージェンシースティックをイジェクトホールにさしてトレイをオープンさせ、引っかかっているつめをはずせば簡単に外れます。
↑のを事前にはずしておきます。



カバーをはずしたところ
右上に見える丸いのはファンです。



搭載されているファン
PX-712U のケースではファンがありませんでしたが、PX-716UF では再度ファン搭載タイプになりました。
(結構耳につく音なので、静音重視のときは要注意)



中身 (変換部)
PX-708UFと似ています。(さすがにケーブルは80芯タイプになってますが)



気になるのは変換チップですが、USB2.0変換チップ、IEEE1394変換チップともに、PX-708UFと同じものが採用されてました。

USB2.0変換チップ IEEE1394変換チップ
NEC
D720130GC
EPSON
S1R72901F00A1



ケース裏面
IEEE1394は4ピンタイプ、6ピンタイプとも接続可能になってます。
(ちなみに、付属の1394ケーブルは6ピン - 4ピンタイプ)



付属のACアダプター
PX-708UF のと同じっぽいです。
(12V [3A] の単一出力タイプ)



外付けケースの製品ラベル
予想通り Made in Chinaでした。



中に入っているドライブ本体の製品ラベル



DVDINFOPro 3.48 での情報
シリアルは 21**** でした。
※初期ファームは1.02ですが、1.03にアップしています。



PlexTools Professional 2.18 での情報
PlexTools Professional では、しっかり PX-716UF と認識。



★★★ 期間限定公開 ★★★
バッファロー版PX-716A の基板スキャン画像 約0.8MB New Window!
純正PX-716A の基板スキャン画像 約0.8MB New Window!
PX-716UF の基板スキャン画像 約0.8MB New Window!
PX-712A の基板スキャン画像 約1MB New Window! (参考比較用)
PX-716UF は、修正用リード線なしバージョンでした。




16倍速でるか?