PX-740A Part2 トップ ドライブ情報等 CD関連の各種性能 DVD関連のベンチマーク (1) トップへ
DVD関連のベンチマーク (2) DVD+R DLメディアエラーチェックページ 各種4倍速メディアエラーチェックページ
各種8倍速メディアエラーチェックページ 各種16倍速メディアエラーチェックページ


■PLEXTOR PX-740A Part2 - 2005年6月12日更新 -

予定通りDW1640化に成功した PX-740A ですが、元に戻せなくなってしまったため、「はてどうしたものか・・・」 と悩むこと数分。
PX-740A として使いたい、ということで、結局2台目を購入することになりました。

基本的には DW1640 に近い性能だと思いますが、思わぬ発見もあるかもしれないので、改めて調べてみようと思います。
※事前に Part1 を読んでおくことをお勧めしておきます。


PX-740A
早くも2台目の購入となってしまいました。
DW1640 するときは、よく調べてからの方がいいかも。
- 公式ページ -




■PX-740A の主な特徴等 (一部主観意見含む)

PX-708A → PX-712A → PX-716A → PX-740A と来たので、プレクスター完全新作ドライブか?と思うところですが、実際はBenQ OEM (DW1640相当) ※メーカー側からは非公開ですが。
そのため、使用感はDW1640によく似ている。(マウントが速い、選択できる書き込み速度が似ている、各種音楽ディスクの読み性能がDW1640に酷似している等)
↑の理由から、(数値は716A → 740A とあがっているものの) 実際は PX-716A の下位バージョン。
BenQ OEMとはいっても、「Nero CD-DVD Speed のディスク品質テスト」 では動作しない。
(BenQのファームを入れれば動作する)
初期ファーム & Nero CD-DVD Speed 3.80 にて確認。
初期ファームではWOPCを無効にすることはできない。(DW1640化すれば可能) ← あまりメリットはないかもしれませんが。
付属の 「SetSpeed」 を使用することで、DVD+R、DVD+RW、DVD+R DL の各メディアに対して個別にROM化の設定を行うことが可能。さらにBenQ公式サイトからダウンロードできる QSuite を使うことで、DVD+RWのBookTypeをいつでも変更することが可能。
「DVD+RWのBookTypeいつでも変更」 は、PX-716A ではできないので、ROM化に関しては PX-716A より PX-740A の方が自由自在にできる。
トレイ開閉が静か & マウントが速いので、気分よく使える。
製造国は(初期出荷のDW1640と違い) MADE IN CHINA
ExactAudioCopyを使い、「Write samples offset」 を 「+66」 に設定することで、位置ずれなし、データの書き漏らしなし、余分なデータの追記なしの完璧な音楽CD作成が可能。(些細なことですが、PX-716A はこれと同じことはできない)
読みは残念ながらディスク終端30サンプルをリップできない。(使用上はほぼ問題なし)


その他のいつもの調査項目は以下の通り。

項目 結果(データ)
主要チップ PHILIPS
PNX7860E
製造国表示 CHINA
排気ファン なし
5V定格 1.6A
12V定格 1.4A
ヘッドホン端子 なし
付属のブランクメディア なし
付属のソフト Power 2 GO 4.20.1529
POWER DVD 6.0
SetSpeed
Read sample offset correction +618
Write samples offset +66
Combined read/write sample offset correction +684
DVD+R DVD+RW、DVD+R DLメディアのROM化 個別に設定可能 (DVD+RWはいつでも設定変更可能)
DVD-RAMに記録したデータは読めるか? 無理
Exact Audio Copy での読み書き
(V0.95 beta 1 にて確認)
読み
書き
CD Manipulator 2.70 での読み書き
読み
書き
(CD-DAの)読み速度の変更はできるか? 可能(最低は12倍速指定)
Exact Audio Copy V0.95 beta 2にて確認
CD-R最低書き込み速度 12倍速
フルCLVでのCD-R書き込み最高速度 16倍速
フルCLVでのDVD-R/DVD+R書き込み最高速度 DVD-R、DVD+R、DVD+R DL ともに4倍速
※初期ファーム1.00にて
ROM化したDVD+R、DVD+R DLディスクの認識 DVD+R、DVD+R DL共に本来のBookTypeで認識
※なんでこんなことを調べているかというと、ドライブによってはROM化したディスクをROM化していないと判断してしまったり、逆にROM化していないのにROM化したかのように処理してしまうことがあるからです。(PX-740A はBookTypeの判別ドライブとして正常に使用可能)
ルクセンブルクTDK8倍速メディアの認識 TTG02 詳細はこちら を参照
保証 1年保証
トレイの色
搭載バッファ容量 2MB


【補足1】
メディアを入れると、ドライブのランプが点灯しっぱなしになりますが、これは故障とかではなく、ドライブの仕様です。

【補足2】
多くのドライブメーカーでは付属しませんが、プレクスターのは相変わらず豪華なエマージェンシースティックが付属してます。(あまり使うことはないかもしれませんが)

【補足3】
トレイ開閉がDW1640同様に静かです。

【補足4】
PX-716A/JP2 には付属してる PowerProducer 3 が付属していない点には一応注意。
あとからこのソフト(または、同等のオーサリングソフト)を買い足すと、PX-716A/JP2 よりかえって高くなります。

【補足5】
WOPCバリバリですが、焼き面は(DW1640同様)ほぼ均一になることが多く、気分的にいい感じ。

【補足6】
基本的に速度違反はできないことが多いですが、BenQ 8倍速DVD-Rメディア (ID : DAXON008S) 等では16倍速焼きが可能になってたりします。(ファーム1.00時)


PX-740A Part2 トップ ドライブ情報等 CD関連の各種性能 DVD関連のベンチマーク (1) トップへ
DVD関連のベンチマーク (2) DVD+R DLメディアエラーチェックページ 各種4倍速メディアエラーチェックページ
各種8倍速メディアエラーチェックページ 各種16倍速メディアエラーチェックページ