■PX-755A の書きの個体差 - 2005年12月31日更新 -

読みの個体差がある程度判明したところで、今度は書きの方の個体差です。

条件等は

 ●今回購入した3台の PX-755A で同じPC環境、同じメディア(同じ50枚スピンドルパッケージ) に同じ速度で書き込む。
 ●ライティングソフトは、Nero CD-DVD Speed 4.11 (データディスク作成)
 ●AUTOSTRATEGY は
OFF の場合と、 ON (Reference) & フルモードでのストラテジ作成 の2通り試す。
 ●PoweRecは常に有効。
 ●書き込みが完了したら、PX-712U or PX-716UFL で、PlexToolsProfessional 2.32 のSum8Testを実行する。


です。
※メディア自体の品質がはたして同じなのか?という疑問もあるので、ここの結果は実はあまり意味がない可能性もあります。



今回使用した PX-755A の情報
※読みの個体差のページと同じです。
シリアルナンバー ファームウェア 製造時期 購入時期、場所 価格
509144018005 1.01 2005年12月
2005年12月28日に秋葉某PCパーツ系ショップにて(フライング)購入
税込み \10,870
509144020890 1.01 2005年12月
2005年12月29日に新宿ヨドバシマルチメディア館にて購入
税込み \11,980
509144021802 1.01 2005年12月
2005年12月29日にプレクスターダイレクトから到着
税込み \11,981



S/N 509144018005
の個体
基板スキャン画像 (New Window!)
※期間限定公開
LC897496K
S/N 509144020890
の個体
基板スキャン画像 (New Window!)
※期間限定公開
LC897496K
S/N 509144021802
の個体
基板スキャン画像 (New Window!)
※期間限定公開
LC897496K






検証時環境
マザーボード intel D865PERLK(865PEチップセットインテル純正品)
OS Windows2000 Professional + SP4
CPU Celeron 2.6GHz(FSB400)
メモリ PC3200 BULK(SAMSUNG) 256MB × 2
ビデオカード RADEON 9500(64MB)
サウンドカード オンボードのものを使用
FDドライブ 不明
SATA HDD Seagate ST3160827AS (160GB)
プライマリマスター PLEXTOR PX-716A
プライマリスレーブ none
セカンダリマスター BenQ DW1640
セカンダリスレーブ PLEXTOR PX-755A ※ここに3台のPX-755A をつなぎ変えています
USB2.0ドライブ PLEXTOR PX-712U ※エラー計測用に使用
USB2.0ドライブ PLEXTOR PX-716UFL ※エラー計測用に使用
ケース ソルダム MT-PRO1300(白 400W)
※電源はAcBel 400W に交換


【補足】
今回使用した、AUTOSTRATEGYは、↓の 3.AS ON Mode (Reference) です。


AUTOSTRATEGY フルモードで作成したディスクは、内周だけ焼かれているように見えますが、
よく見ると中周、外周にも焼かれた後があることに気がつきます。(極めて細いリング状の焼き跡)
※これを肉眼で見るのはかなり大変で、ちょっとでも老眼入っているとまず見えないレベル。





■結果

- AUTOSTRATEGY OFF -
PRINCO 8倍速DVD-Rメディア
ID : PRINCO8X02
8倍速書き込みディスク
※書き込み方式は P-CAV
S/N 509144018005
の PX-755A で書き込みしたディスク
S/N 509144020890
の PX-755A で書き込みしたディスク
S/N 509144021802
の PX-755A で書き込みしたディスク

PX-712U での計測結果



PX-716UFL での計測結果


PX-712U での計測結果



PX-716UFL での計測結果


PX-712U での計測結果



PX-716UFL での計測結果

この手の検証になると、どうしても使いたくなってくるのがPRINCO・・・
ということで、まずファーム1.01のデフォルトストラテジでの焼きですが、結果は見ての通り悲惨で、とても使えるレベルではありません。
S/N 509144020890 の個体で焼いたディスクは、あまりの高エラーのためか、途中で停止してしまいました。





- AUTOSTRATEGY ON (Reference) & フルモードでストラテジ作成 -
PRINCO 8倍速DVD-Rメディア
ID : PRINCO8X02
8倍速書き込みディスク
※書き込み方式は P-CAV
S/N 509144018005
の PX-755A で書き込みしたディスク
S/N 509144020890
の PX-755A で書き込みしたディスク
S/N 509144021802
の PX-755A で書き込みしたディスク

PX-712U での計測結果



PX-716UFL での計測結果


PX-712U での計測結果



PX-716UFL での計測結果


PX-712U での計測結果



PX-716UFL での計測結果

「メディアを1枚犠牲にしてまで書き込み品質をあげる!」 という、究極的発想のなAUTOSTRATEGYモードを使用した場合の結果です。
現物合わせでストラテジ作成しているだけあって、PIEが極端に激減してます。正直ここまで変わるとは驚き。





- AUTOSTRATEGY OFF -
GigaStorage 8倍速DVD-Rメディア
ID : GSC003
8倍速書き込みディスク
※書き込み方式は P-CAV
S/N 509144018005
の PX-755A で書き込みしたディスク
S/N 509144020890
の PX-755A で書き込みしたディスク
S/N 509144021802
の PX-755A で書き込みしたディスク

PX-716UFL での計測結果


PX-716UFL での計測結果


PX-716UFL での計測結果

続いて Fortisブランドの GigaStorage 8倍速DVD-Rメディアですが、デフォルトストラテジでの焼きではかなりの個体差が出ました。(読みで一番悪い結果になった、S/N 509144018005 の個体が最も悪い)
他の2台もPIE的にNGで、これでは使うのに抵抗があります。





- AUTOSTRATEGY ON (Reference) & フルモードでストラテジ作成 -
GigaStorage 8倍速DVD-Rメディア
ID : GSC003
8倍速書き込みディスク
※書き込み方式は P-CAV
S/N 509144018005
の PX-755A で書き込みしたディスク
S/N 509144020890
の PX-755A で書き込みしたディスク
S/N 509144021802
の PX-755A で書き込みしたディスク

PX-716UFL での計測結果


PX-716UFL での計測結果


PX-716UFL での計測結果

ここで使用したGSC003は、ファーム1.01のGSC003ストラテジとかなり違いがあるようで、現物合わせのAUTOSTRATEGY焼きではエラーが極端に激減。
ちょっと信じられないくらいのエラーの減り方です。(特に、S/N 509144018005 の個体)





- AUTOSTRATEGY OFF -
Victor 8倍速DVD-Rメディア
ID : TYG02
8倍速書き込みディスク
※書き込み方式は P-CAV
S/N 509144018005
の PX-755A で書き込みしたディスク
S/N 509144020890
の PX-755A で書き込みしたディスク
S/N 509144021802
の PX-755A で書き込みしたディスク

PX-712U での計測結果


PX-712U での計測結果


PX-712U での計測結果

デフォルトストラテジでの焼きです。
推奨メディアらしく、PIE的な個体差はほとんどなし。





- AUTOSTRATEGY ON (Reference) & フルモードでストラテジ作成 -
Victor 8倍速DVD-Rメディア
ID : TYG02
8倍速書き込みディスク
※書き込み方式は P-CAV
S/N 509144018005
の PX-755A で書き込みしたディスク
S/N 509144020890
の PX-755A で書き込みしたディスク
S/N 509144021802
の PX-755A で書き込みしたディスク

PX-712U での計測結果


PX-712U での計測結果


PX-712U での計測結果

誘電8倍速DVD-Rは、現物合わせAUTOSTRATEGYがあまり効果がなさそうな結果になりました。(PIEしか調べてませんが)





- AUTOSTRATEGY OFF -
Prodisc 8倍速DVD-Rメディア
ID : ProdiscS04
8倍速書き込みディスク
※書き込み方式は P-CAV
S/N 509144018005
の PX-755A で書き込みしたディスク
S/N 509144020890
の PX-755A で書き込みしたディスク
S/N 509144021802
の PX-755A で書き込みしたディスク

PX-716UFL での計測結果


PX-716UFL での計測結果


PX-716UFL での計測結果

ProdiscS04 の抗菌Smartbuy@デフォルトストラテジ焼きですが、個体差はそんなに出ていません。





- AUTOSTRATEGY ON (Reference) & フルモードでストラテジ作成 -
Prodisc 8倍速DVD-Rメディア
ID : ProdiscS01
8倍速書き込みディスク
※書き込み方式は P-CAV
S/N 509144018005
の PX-755A で書き込みしたディスク
S/N 509144020890
の PX-755A で書き込みしたディスク
S/N 509144021802
の PX-755A で書き込みしたディスク

PX-716UFL での計測結果


PX-716UFL での計測結果


PX-716UFL での計測結果

わざわざメディアを1枚無駄にしてストラテジ作成しましたが、2つのドライブはかえって悪い結果になってしまいました。
(なぜ2つのドライブでかえって悪くなったかは不明)


【結論】
「AUTOSTRATEGY ON (Reference) & フルモードでストラテジ作成なら完璧!」 となればよかったのですが、そうはうまくはいかないようで、ファーム1.01の段階ではメディアによって効果の出具合がかなり違う結果になりました。(かえって悪くなるときもある)
ただ、効果があるメディアの焼きの変化具合はすさまじいものがあるので、今後のファームアップには期待大。

焼きの個体差という面では、読みで最も悪かった、S/N 509144018005 の個体が書きでも悪そうだ、ということになりました。
それにしても、メディア1枚無駄にしてのストラテジ作成は思ったより面白いです。あまりの焼きの変化具合に(いい意味で)唖然。でもかえって悪くなるときもあるので、試行錯誤が必要な面もありますが。
ともかく、今後のファームアップに期待したいところです。



トップへ