■PX-755A の読みの個体差 - 2005年12月30日更新 -

前作、PX-716A は読み書きに個体差があるということで話題になることがありました。
どのくらい個体差があるかと言うと、森メディアの公式ページに、


PX-716Aのロット差があまりに大きく、他のドライブメーカーのように品質が安定しなかったため非サポートとした。


とはっきり書かれてしまうくらいで、実際(読み書きで)個体差はあったと思います。
今回はその辺のことも気になり、計3台購入したので、まず読みの個体差から調べてみます。

条件等は

 ●各種ドライブ & メディアで、何枚か適当に焼く。(メディアとドライブの選定は管理人の気まぐれ)
 ●ライティングソフトは、Nero CD-DVD Speed 4.11 (データディスク作成)


で、計6枚の書き込み済みDVD-Rメディアを用意しておき、それらを今回購入した3台の PX-755A を使用してエラー計測を行います。
(PlexToolsProfessional 2.32 PI/PO Sum8 Test 速度2設定)

また、参考比較用として、PX-712U、PX-716A、PX-716UFL でも PI/PO Sum8 Test を行います。
3台では真の個体差を見極めるのは無理があるかもしれませんが、ま、参考資料のひとつということで。



今回使用した PX-755A の情報
シリアルナンバー ファームウェア 製造時期 購入時期、場所 価格
509144018005 1.01 2005年12月
2005年12月28日に秋葉某PCパーツ系ショップにて(フライング)購入
税込み \10,870
509144020890 1.01 2005年12月
2005年12月29日に新宿ヨドバシマルチメディア館にて購入
税込み \11,980
509144021802 1.01 2005年12月
2005年12月29日にプレクスターダイレクトから到着
税込み \11,981



S/N 509144018005
の個体
基板スキャン画像 (New Window!)
※期間限定公開
LC897496K
S/N 509144020890
の個体
基板スキャン画像 (New Window!)
※期間限定公開
LC897496K
S/N 509144021802
の個体
基板スキャン画像 (New Window!)
※期間限定公開
LC897496K






検証時環境
マザーボード intel D865PERLK(865PEチップセットインテル純正品)
OS Windows2000 Professional + SP4
CPU Celeron 2.6GHz(FSB400)
メモリ PC3200 BULK(SAMSUNG) 256MB × 2
ビデオカード RADEON 9500(64MB)
サウンドカード オンボードのものを使用
FDドライブ 不明
SATA HDD Seagate ST3160827AS (160GB)
プライマリマスター PLEXTOR PX-716A ※参考比較用に使用
プライマリスレーブ none
セカンダリマスター BenQ DW1640
セカンダリスレーブ PLEXTOR PX-755A ※ここに3台のPX-755A をつなぎ変えています
USB2.0ドライブ PLEXTOR PX-712U ※参考比較用に使用
USB2.0ドライブ PLEXTOR PX-716UFL ※参考比較用に使用
ケース ソルダム MT-PRO1300(白 400W)
※電源はAcBel 400W に交換


【補足】
PlexToolsProfessional は、Plextor Japan より、Plextor Europe の方が最新版がアップされていることが多いので、そちらのを使用しています。
※ここでは、2005年12月28日時点で最新のVer 2.32を使用。





■結果

LITE-ON SHM-165P6S (Firm MS0C)
ProdiscS05 12倍速書き込みディスク
を各種ドライブで計測した結果
S/N 509144018005
の PX-755A での計測結果
S/N 509144020890
の PX-755A での計測結果
S/N 509144021802
の PX-755A での計測結果
【参考比較用】
PX-712U (Firm 1.07) での計測結果
【参考比較用】
PX-716UFL (Firm 1.02) での計測結果
【参考比較用】
PX-716A (Firm 1.09) での計測結果
いずれのドライブも似たような結果で、この感じだと(PIE的には)個体差は考えなくてよさそうです。





SONY DW-G110A (Firm 2.0c)
MXL RG04 16倍速書き込みディスク
を各種ドライブで計測した結果
S/N 509144018005
の PX-755A での計測結果
S/N 509144020890
の PX-755A での計測結果
S/N 509144021802
の PX-755A での計測結果
【参考比較用】
PX-712U (Firm 1.07) での計測結果
【参考比較用】
PX-716UFL (Firm 1.02) での計測結果
【参考比較用】
PX-716A (Firm 1.09) での計測結果
ところが、計測ディスクが変わると見事に読みの個体差が出てしまいました。
S/N 509144018005 の PX-755A だけ明らかにPIE MAX値が高く、ボーダーラインの280を超えてしまってます。





BenQ DW1640 (Firm BSOB)
CMC MAG. AM3 16倍速書き込みディスク
を各種ドライブで計測した結果
S/N 509144018005
の PX-755A での計測結果
S/N 509144020890
の PX-755A での計測結果
S/N 509144021802
の PX-755A での計測結果
【参考比較用】
PX-712U (Firm 1.07) での計測結果
【参考比較用】
PX-716UFL (Firm 1.02) での計測結果
【参考比較用】
PX-716A (Firm 1.09) での計測結果
CMC 16倍速DVD-Rメディアでも差が出ました。
これも S/N 509144018005 の PX-755A だけエラーが多いです。





TEAC DV-W516E (Firm 1.0E)
ProdiscF01 8倍速書き込みディスク
を各種ドライブで計測した結果
S/N 509144018005
の PX-755A での計測結果
S/N 509144020890
の PX-755A での計測結果
S/N 509144021802
の PX-755A での計測結果
【参考比較用】
PX-712U (Firm 1.07) での計測結果
【参考比較用】
PX-716UFL (Firm 1.02) での計測結果
【参考比較用】
PX-716A (Firm 1.09) での計測結果
この分だと読みの個体差はありそうですが、ProdiscF01 はそんなに差が出ませんでした。
しいて言うなら、S/N 509144021802 の PX-755A での計測結果が最もいい結果。





PLEXTOR PX-712SA (Firm 1.07)
TYG02 6倍速書き込みディスク
を各種ドライブで計測した結果
S/N 509144018005
の PX-755A での計測結果
S/N 509144020890
の PX-755A での計測結果
S/N 509144021802
の PX-755A での計測結果
【参考比較用】
PX-712U (Firm 1.07) での計測結果
【参考比較用】
PX-716UFL (Firm 1.02) での計測結果
【参考比較用】
PX-716A (Firm 1.09) での計測結果
PLEXTORと相性がいいと言われる太陽誘電8倍速DVD-Rメディアです。
綺麗に焼かれているようで、6つのドライブでの読みの個体差(PIE)はほとんどない状態。





Pioneer DVR-A07-J (Firm 1.22)
MXL RG03 6倍速書き込みディスク
を各種ドライブで計測した結果
S/N 509144018005
の PX-755A での計測結果
S/N 509144020890
の PX-755A での計測結果
S/N 509144021802
の PX-755A での計測結果
【参考比較用】
PX-712U (Firm 1.07) での計測結果
【参考比較用】
PX-716UFL (Firm 1.02) での計測結果
【参考比較用】
PX-716A (Firm 1.09) での計測結果
maxell 8倍速DVD-Rメディア@DVR-A07-J 6倍速焼きのディスクです。
これも綺麗に焼かれているようで、6つのPLEXTORドライブで個体差はほとんどなし。


【結論】
PX-755A の読みの個体差はどうやらありそうですが、この感じだとディスクによってずいぶんと結果が違ってきそうです。(綺麗に焼かれているとそんなに差が出ないが、そうでないと個体差が結構出る)
PX-716A と PX716UFL でも結構差が出ていますが、これはもともとこんなものです。



トップへ