CD-R実験室トップ
PX-755A トップ ドライブ情報等 CD関連の各種性能 DVD+R DLメディアエラーチェックページ
DVD関連のベンチマーク (1) DVD関連のベンチマーク (2) GigaRec
PlexTools Professional Zulu2 森メディア 各種4倍速メディアエラーチェックページ
各種8倍速メディアエラーチェックページ Part1 各種8倍速メディアエラーチェックページ Part2
各種8倍速メディアエラーチェックページ Part3 各種8倍速メディアエラーチェックページ Part4
各種16倍速メディアエラーチェックページ Part1 各種16倍速メディアエラーチェックページ Part2


■PLEXTOR PX-755A Part1 - 2006年1月4日更新 -

当初2005年11月上旬に発売開始か!?とも言われていた PX-760A ですが、徐々に発売が送れていき、ネット上の各所通販ページでも いつの間にか存在自体がなかったことになっている という状態。
「一体いつになったら発売になるのか?」 とやきもきした状況が続いていました。

しかたないので、気長に待つか・・・と思っていたところ、

P X - 7 5 5 A

なる、型番的に後戻りしたドライブが急遽発表 & 発売。
どうやら当初発売予定だった PX-760A の速度制限バージョンっぽいですが、発売日を入念にチェックしつつ登場と同時に即ゲット。
前作、PX-716A と比較しつつ、気になることを調べてみよう思います。


PLEXTOR PX-755A
PLEXTOR PX-755A
PX-716A はなにかと個体差で話題になるドライブだったので、今回はいきなり3台購入。
ここでは、読み書きで中間的な結果を残した、S/N 509144020890 の個体を使います。
- 公式ページ - 
AKIBA PC Hotline!
ASCII24 - Akiba2GO!
価格.com




■各種DVDメディアの選択できる書き込み速度 & 書き込み方式について ※ファーム 1.01 時

メディア 16x 12x 10x 8x 6x 4x 2x
(2.4x)
三菱化学 8倍速DVD+R DLメディア
MKM003
×
-
×
-
P-CAV
未確認
CLV
未確認
×
-
RICOH 8倍速DVD+R DLメディア
RICOHJPND01
×
-
×
-
×
-
Z-CLV
多分
P-CAV
が正解
未確認 未確認
×
-
太陽誘電 16倍速DVD-Rメディア
TYG03
CAV
P-CAV
×
-
P-CAV
CLV
×
-
×
-
太陽誘電 8倍速DVD-Rメディア
TYG02
×
-
P-CAV
×
-
P-CAV
CLV
CLV
×
-
太陽誘電 4倍速DVD-Rメディア
TYG01
×
-
×
-
×
-
×
-
×
-
CLV
CLV


2層メディアは Z-CLV で焼くドライブが多いですが、PX-755A の場合、三菱 8倍速2層メディア@10倍速書き込みは P-CAV です。(RICOH 8倍速2層メディア@8倍速書き込みは、Z-CLV) → 多分 P-CAV が正解。
RICOH 2層メディア1枚焼いた限りでは、こんな感じ になります。

基本的に、CLV 焼きできる速度までは CLV 焼きで、CLV 焼きできない高速焼きのときは、P-CAV または CAV 焼きになることが多いようです。




■各種ディスクのマウント時間 ※ファーム 1.01 時

記録済みディスクは MountTime_Checker で。ブランクディスクと通常の音楽CDは Nero CD-DVD Speed を起動させておいて、 「ディスク種類」 のところの表示されるまでの時間を計測しています。


PX-755A (Firm 1.01) PX-716A (Firm 1.09) ※参考比較用
ディスク種類 マウント時間
ブランクDVD-Rメディア
(TYG02)
16秒
記録済みDVD-Rメディア
(TYG02)
16秒
ブランクDVD+R DLメディア
(MKM003)
28秒
記録済みDVD+R DLメディア
(MKM003)
42秒
ブランクCD-Rメディア
(太陽誘電48倍速)
12秒
記録済みCD-Rメディア
(太陽誘電48倍速)
13秒
プレス2層DVD-Video (CSS) 13秒
普通の音楽CD 17秒
記録済みDVD-RAMメディア
(maxell 5倍速DVD-RAM)
-
ディスク種類 マウント時間
ブランクDVD-Rメディア
(TYG02)
16秒
記録済みDVD-Rメディア
(TYG02)
18秒
ブランクDVD+R DLメディア
(MKM003)
30秒
記録済みDVD+R DLメディア
(MKM003)
36秒
ブランクCD-Rメディア
(太陽誘電48倍速)
12秒
記録済みCD-Rメディア
(太陽誘電48倍速)
13秒
プレス2層DVD-Video (CSS) 13秒
普通の音楽CD 17秒
記録済みDVD-RAMメディア
(maxell 5倍速DVD-RAM)
-


ファーム1.09の PX-716A でも同時に調べましたが、大体似たような結果になりました。
2層DVD+Rメディアのみやや差がでましたが、この辺は今後のファームアップでの改善を期待。




■PLEXTOR PX-755A の主な特徴等 (一部主観意見含む)

PX-740A、PX-750A は自社製ではありませんが、本ドライブは PX-716A に続く自社製ドライブ。
ただ、これまでは新ドライブのたびにDVD書き込み速度がアップしてきたものの、1層DVD±RはMAX 16倍速と頭打ち状態。
メリットとなるのは、

○DVD+R DL 書き込みが6倍速から10倍速へアップ。(2層をほとんど焼かない場合はメリットがあまりない)
○AUTOSTRATEGYが大幅に性能アップし、積極的に利用できるように変更。
○GigaRec 0.9x を初めてサポート。(理論上は、0.8x より再生互換性がいいはず)
○複数同時書き込み対応の Zulu2 が付属している。※Zulu2は単体で買うと7140円


PX-716A より劣っていることとしては、バッファが8MB → 2MBに減っていることがあげられますが、使っている上で別に不満に感じることはありませんでした。(バッファが2MBだから、途中で焼きがストップするとかいうことはない)
また、多くのメーカーがDVD-RAM読み書きに対応している中、PX-755A では読み書きとも非サポート。
PX-716A で初登場した AUTOSTRATEGY が大幅に進化。
基本的に積極的に使用するようになっているようで、効果自体もかなりあります。(別の言い方をすると、ファームウェアがいまいちのところあり)
※かえって悪くなることもあります。(ファーム1.01確認時)

ヘルプの記述

高速焼きでAUTOSTRATEGYを有効活用するには、3.AS ON Mode (Reference) を使用し、ストラテジ作成にはフルモードを使うのがよさそうです。
以下、マニュアルの記述から抜粋。

ドライブが最高速書き込み 16x(PX-716A/PX-755A)、18x(PX-760A)を許可しているメディアに対して最高速が指定された場合には、AutoStrategyは行われない。
クイックモードでのAUTOSTRATEGY作成では、登録されるストラテジは、CAV 書き込みの最低速度のものが登録される。
フルモードでのAUTOSTRATEGY作成は、複数の速度のストラテジが登録される。
AUTOSTRATEGY ON (Reference) では、AUTOSTRATEGYデータベースから最適なストラテジを選択し、なければファームウェアのストラテジを使用する。
メインチップはこれまで同様にSANYO製のもを搭載。(LC897496K)
SANYOというと暁のラブレター書き込み時に不具合が起きることで知られてますが、今回はその問題が見事解決されています。
付属のPlexToolsProfessional を使用することで、CD、DVDメディアの各種品質テストを行うことが可能。
PLEXTOR新ドライブ発売というと、TLAに注目しなければならないことが過去に何度かありましたが、今回はあまり気にしなくてよさそうです。
また、TLAが全角なら日本製、半角なら中国製の法則は、全然通用しなくなってます。
全角ですが、中国製。
フロントパネルは、白のほかに黒、銀が同梱。(必要に応じて自分で交換)
奥行きは、PX-716A と同サイズ。
上が PX-716A で、下が PX-755A
背面のデザインは、PX-716A と同じ。
上が PX-716A で、下が PX-755A
PX-716A で起きていた、「トレイ左カックン」 はしっかり修正されている。
DVD±Rメディアへの6倍速Full CLV 書き込みは今回もしっかりサポート。
DVD+R DLも6倍速Full CLV 焼きです。
PX-716A 同様、静音ドライブとして最適。(常に低速で読むように、ドライブ本体に設定保存ができる)
東芝EMIが発売している、セキュアCDのようなたちの悪いディスクでも、PlexToolsの1stセッション有効のオプションを使うことで安心してマウント可能 & iTunesで取り込み可能になる。
付属のZulu2は、オフラインでも使用可能 & 他社製ドライブも使用可能。
BookTypeの設定変更は、PlexToolsで1層DVD+R、2層DVD+R個別に設定可能。
記録済みディスクの内容を破壊する PlexEraser 搭載。(物理的には破壊しないシュレッダー)
DVDメディアへのVariRecは非サポート。(今回のAUTOSTRATEGYがあれば不要ですが)
ExactAudioCopy では、CDRDAO経由しなくてもしても書き込み可能。
CD Manipulator 2.70 では、これまで同様普通に書き込み可能。
ExactAudioCopyを使い、「Write samples offset」 を 適切に設定して音楽CDを作成した場合、ディスク終端の30サンプル分は書くことができない。(PX-716A と同じ)
ディスク終端の30サンプルが「0」の場合は、この問題は気にする必要なし & この問題自体非常に些細なことなので、通常は全く気にする必要なし。
これは別の PX-755A 特有の現象ではなく、他のドライブでも一般的なライティングソフトで音楽CDを作成すると必ず起きます。(ルネサスチップ搭載しているドライブ以外)
ただし、EACでオフセットを設定した場合、用意した音楽データを全部書けるドライブは結構ありますが。
逆の言い方をすると、ルネサスチップ積んだ最近の記録型DVDドライブ(日立LGのドライブ、SONY DW-G110A 等)では、書き漏らしは起きません。
いずれにしても些細な問題ですが、一応知っておいた方が、なにかあったときに役に立つかもしれません。
これは誤った情報でした。こちら を参照。
PlexToolsProfessional で音楽CDを作成した場合は、ディスク終端に588のゼロサンプルが自動追加されるので、用意した音楽データを漏らすことなく焼いてくれる。(PX-716A と同じ)
※PlexToolsProfessional では、オフセット補正も自動的に行ってくれます。(PX-716A と同じ)
こちら も参照。
音楽CDの読みに関しては、EAC、PlexToolsProfessional ともに全領域読むことが可能 & CDRipperを使うことで、LBAマイナス領域の音楽データもリップすることが可能。(読みに関しては、PX-716A と同じで最強かも)
こちら も参照。
(すでに書きましたが)暁のラブレターでの書き込み不具合がついに解決。(PX-716A より進化)


基本的には PX-716A と同じところが多いのですが、PxScanで動作しない(2006年1月現在)のが唯一予定外。PxScanを使いたい場合は、PX-716A の方がいいかもしれません。

PX-716A と全然違うのはAUTOSTRATEGYで、PX-716A のときは結局ほとんど使いませんでしたが、PX-755A では大幅に性能アップしていて、使う機会も増えてきそうです。

あと、(これはPX-716A と同じですが)音楽ディスクの読みはかなりいい感じなので、PLEXTORは1台持っておくとなにかと便利なことがあります。(1stセッション有効の機能が使えるのは、PLEXTORくらいしかない)

暁のラブレターの問題が解決されたのも、個人的にはかなりの高ポイント。

その他のいつもの調査項目は以下の通り。(一部↑で書いたのと重複あり)

項目 結果(データ)
主要チップ LC897496K
製造国表示 CHINA
排気ファン なし
5V定格 1.7A
12V定格 2.4A
ヘッドホン端子 なし
付属のブランクメディア なし
付属のソフト Zulu2 for Plextor 2.0.321
PlexTools Professional 2.29
PowerDVD 6.0
Power2Go 4.20.2116b
PowerProducer 3.02.2023a
PowerDirector 4.00.1515f
PowerBackup 1.50.2102
InstantBurn 4 (詳細バージョン未確認)
Medi@Show 3.0.0.1306
LabelPrint 1.10.1922
Read sample offset correction ±0 ※2006年11月25日修正
Write samples offset ±0 ※2006年11月25日修正
Combined read/write sample offset correction ±0
DVD+R DVD+RW、DVD+R DLメディアのROM化 1層、2層ともに、ROM化する、ROM化しない、どちらも可能
DVD-RAMに記録したデータは読めるか? 不可
Exact Audio Copy での読み書き
(V0.95 beta 3にて確認)
読み
書き
CD Manipulator 2.70 での読み書き
読み
書き
(CD-DAの)読み速度の変更はできるか? 可能(最低は4倍速)
CD-R最低書き込み速度 4倍速
フルCLVでのCD-R書き込み最高速度 16倍速
フルCLVでのDVD-R/DVD+R書き込み最高速度 1層DVD±Rは6倍速
2層DVD+Rは6倍速
2層DVD-Rは未確認
ROM化したDVD+R、DVD+R DLディスクの認識 DVD+R、DVD+R DL共に本来のBookTypeで認識
※なんでこんなことを調べているかというと、ドライブによってはROM化したディスクをROM化していないと判断してしまったり、逆にROM化していないのにROM化したかのように処理してしまうことがあるからです。(PX-755A はBookTypeの判別ドライブとして正常に使用可能)
ルクセンブルクTDK8倍速メディアの認識 TTG02 詳細はこちら を参照
保証 1年
トレイの色
搭載バッファ容量 2MB


【補足1】
B's8.23ではあっかんべーしませんでした。

【補足2】
PxScan 1.7.5.1 では残念ながら動作しませんでした。

【補足3】
PxInfo 1.24では、残念ながら使用時間が見れませんでした。

【補足4】
掲示板での報告により知りましたが、PlexToolsProfessional で、使用時間 (書き込み時間) を見ることが可能です。
(オプション → E-Mail で情報を送信 にて)
一通り検証が終わった後
DVD焼き時間は約18時間45秒。


CD-R実験室トップ
PX-755A トップ ドライブ情報等 CD関連の各種性能 DVD+R DLメディアエラーチェックページ
DVD関連のベンチマーク (1) DVD関連のベンチマーク (2) GigaRec
PlexTools Professional Zulu2 森メディア 各種4倍速メディアエラーチェックページ
各種8倍速メディアエラーチェックページ Part1 各種8倍速メディアエラーチェックページ Part2
各種8倍速メディアエラーチェックページ Part3 各種8倍速メディアエラーチェックページ Part4
各種16倍速メディアエラーチェックページ Part1 各種16倍速メディアエラーチェックページ Part2