CD-R実験室トップ
PX-755A Part3 1ページ目
PX-755A Part3 2ページ目
PX-755A Part3 3ページ目
PX-755A Part3 4ページ目 〜 AUTOSTRATEGYを使ってCLV 書き込みをすると内周が変になるので、あえて古いファームウェアに戻して焼いてみる 〜
PX-755A Part3 5ページ目 〜 ファームウェア1.05で、フルモードでストラテジを作成してみる & AUTOSTRATEGYを使わないで焼いてみる 〜
PX-755A Part3 6ページ目 〜 もうこの際だからS-ATA版の755にも特攻してみる 〜
PX-755A Part3 7ページ目
PX-755A Part3 8ページ目


〜 2006年11月11日情報追加 〜

ファームウェア1.06が公開されたので、

AUTOSTRATEGYを有効にしたときのDVD-R 6倍速CLV 書き込みで、
内周Betaがおかしくなる現象はどうなったか?

ということで試してみようと思います。
まず、ファーム1.05の状態で、TYG02へ6倍速@AS ON (Forced) で焼いてみます。
各種グラフは以下の通り。

Nero CD-DVD Speed 4.7.0.0 + LITE-ON SHM-165P6S (Firm MV9N) ディスク品質テスト
PxScan 1.7.10.1 + PxView 1.12.6 + PX-755A (改Firm 1.05) Beta/Jitter/TA




内周Betaがおかしくなる現象は、メディアによっては起きないこともありますが、今回使用したTYG02では少しおかしくなりました。
次に、ファーム1.06にして、同じロットのTYG02に同じ条件で書き込みしてみます。
各種グラフは以下の通り。

Nero CD-DVD Speed 4.7.0.0 + LITE-ON SHM-165P6S (Firm MV9N) ディスク品質テスト
PxScan 1.7.10.1 + PxView 1.12.6 + PX-755A (改Firm 1.05) Beta/Jitter/TA


なんとも微妙な結果になりました。(このぐらいの差だと、メディアの個体差かも)
それぞれの条件で1枚しか試していないので、はっきり言えないところもありますが、内周Betaがおかしい現象はあまり変わっていないかもしれません。
今回、ファーム1.05の状態でも以前より内周Betaがおかしくなりませんでしたが、これはメディア(TYG02)が良かった可能性があります。以前試したときと同じロットのTYG02(内周が極端におかしくなるロット)が残っていればよかったのですが、残念ながらすでに使い切ってしまったので・・・
それと、以前Beta計測用に使っていた PX-716A がおなくなりになったので、今回はBeta計測用に PX-755A (改ファーム)を使ってますが、その辺の影響もあるかもしれません。

今回はあまり時間がないので、これにて終了。











■PLEXTOR PX-755A Part3 - 2006年9月16日更新 -

PLEXTOR というと、他社より高いという印象がありますが(最近はそうでもないですが)
販売終了に伴う在庫処分により、PX-755A が約6000円 と格安での販売となりました。※価格はショップにより異なります。
買う予定はまったくなかったものの、店頭で見て思わず買ってしまったので、簡単に取り上げてみたいと思います。

2006年9月16日時点で、PX-755A、PX-755SA、PX-760SA が販売終了で、PX-760A は継続販売。
SATAのドライブが販売終了(店頭在庫のみ)というのがちょっと意外な気もします。(PX-716SA とかどう見ても売れてないよなぁと思ってましたが、SATAドライブは現状では需要がないってことでしょうか?)



PLEXTOR PX-755A
PLEXTOR PX-755A Part3
おなじみの PX-755A です。税込みで6000円切る価格設定で在庫処分?
PLEXTOR未体験なら、PlexTools、Zulu2が付属の PX-755A はまさに買い時。
- 公式サイト -


- 検証時環境 -
 マザーボード ASUS P5LD2 DELUXE (intel 945P + ICH7R)
 OS WindowsXP Professional SP2 OEM
 CPU PentiumD 940
 メモリ Crucial PC2-5300 (DDR2-667) 512MB x 2
 ビデオカード GeForce 6600GT 128MB GDDR3 SDRAM
 サウンド オンボードのものを使用
 FDD TEAC 2モード
 SATA HDD Seagate Barracuda 7200.10 ST3320620AS (320GB)
 IDEマスター 光学ドライブ PLEXTOR PX-755A
 IDEスレーブ 光学ドライブ 日立LG GSA-H12N
 IT8211 ATA/ATAPI
 コントローラ1マスター
光学ドライブ LITE-ON SHM-165P6S
 IT8211 ATA/ATAPI
 コントローラ1スレーブ
光学ドライブ BenQ DW1640
 USB2.0 光学ドライブ PLEXTOR PX-716A + ラトックUSB2.0アルミケース
 ケース ソルダム MT-PRO1300(白 400W)
※電源は ENERMAX ELT620AWT に交換
※サイドカバーは開けっ放しで使用
※外付けドライブは、必要に応じて電源入れてます。


■ドライブ情報

製品ラベル
2005年12月製造品でした。
シリアルナンバーは、509144
020097
以前(登場と同時に)買った PX-755A のシリアルナンバーは、
1台目 → 509144
018005
2台目 → 509144
020890
3台目 → 509144
021802
シリアルと製造時期から判断すると、今回買ったのは、どうも初回出荷分のようです。
まだ売れずに残っていたのかという・・・



裏フタを空けたところ
予想通り、手直し箇所があります。
拡大 (期間限定)



PlexToolsProfessional 2.35 での情報
購入時点ではファームウェアは1.01でしたが、検証時最新の1.05にアップ。

■DVD+R オーバーバーン対応

ほとんどのドライブで不可能な、DVD+R オーバーバーンが可能です。
ほんのちょっと多く焼いてやれば、簡易コピー防止用とかに使えるかも。

4600MBに設定してオーバーバーン(太陽誘電8倍速DVD+Rメディア使用)
CPU利用率のところがバグったような表示になってますが、書き込み自体は正常に完了。


作成したディスクのリードテスト
正常にリード完了。
しっかりオーバーバーンできているようで、通常なら "4.38GB" となるところが、"4.49GB" となってます。

■改ファームでは PxScan で動作可能

PxScan は純正ツールよりBetaが見やすく、TAも任意のエリア6つ同時に計れるので、使えるとなにかと便利です。
http://qpxtool.sourceforge.net/problems.html
以下、DVR-A07-J (Firm 1.22) @TYG02 6x焼きディスクをPxScanで計測したものです。
(参考比較用に、PX-716A での計測結果も掲載)


PX-755A (Firm 1.05改) with PxScan 1.7.10.1 + PxView 1.12.6 Beta/Jitter
PX-755A (Firm 1.05改) with PxScan 1.7.10.1 + PxView 1.12.6 TA



PX-716A (Firm 1.10) with PxScan 1.7.10.1 + PxView 1.12.6 Beta/Jitter
PX-716A (Firm 1.10) with PxScan 1.7.10.1 + PxView 1.12.6 TA

Betaは PX-755A 計測の方が低くなったり、TAは PX-755A 計測の方がやや悪く出たりと、多少個体差的なものはありますが、これなら使えるのではないか?と思います。(1500MBエリアのTAグラフとかは、同じような傾向のグラフ)

ここでの Beta/Jitter 用バッチファイル(バッチファイルの中の6桁の数値は、ドライブのシリアルナンバーです)
ここでの TA 用バッチファイル(バッチファイルの中の6桁の数値は、ドライブのシリアルナンバーです)






以下、Nero CD-DVD Speed 4.60 にて書き込みを行い、各種条件で計測しています。



太陽誘電 8倍速DVD-Rメディア
ID : TYG02
書き込み速度は8倍速
AUTOSTRATEGY は Auto
このメディアの選択できる書き込み速度は 8x 6x 4x
Nero CD-DVD Speed 4.60 + BenQ DW1640 (Firm BSMB) ディスク品質テスト
PxScan 1.7.10.1 + PxView 1.12.6 + PX-716A (Firm 1.10) PIE/Beta/Jitter
DVDScan 0.04Beta + LITE-ON SHM-165P6S (Firm MV9N) Jitter Test (Speed=4,Interval=400)
PxScan 1.7.10.1 + PxView 1.12.6 + PX-716A (Firm 1.10) TA
コメント等
AUTOSTRATEGY は Autoでの8倍速書き込みです。
PlexToolsで設定変更はせず、買ってから普通に焼くとこんな感じになります。





太陽誘電 8倍速DVD-Rメディア
ID : TYG02
書き込み速度は8倍速
AUTOSTRATEGY は OFF
このメディアの選択できる書き込み速度は 8x 6x 4x
Nero CD-DVD Speed 4.60 + BenQ DW1640 (Firm BSMB) ディスク品質テスト
PxScan 1.7.10.1 + PxView 1.12.6 + PX-716A (Firm 1.10) PIE/Beta/Jitter
DVDScan 0.04Beta + LITE-ON SHM-165P6S (Firm MV9N) Jitter Test (Speed=4,Interval=400)
PxScan 1.7.10.1 + PxView 1.12.6 + PX-716A (Firm 1.10) TA
コメント等
PlexToolsで、AUTOSTRATEGY を無効にしての8倍速書き込みです。
これがなかなかいい感じで、AUTOSTRATEGY を使わない方が若干ながら好結果になりました。





太陽誘電 8倍速DVD-Rメディア
ID : TYG02
書き込み速度は6倍速
AUTOSTRATEGY は ON (Forced)
このメディアの選択できる書き込み速度は 8x 6x 4x
Nero CD-DVD Speed 4.60 + BenQ DW1640 (Firm BSMB) ディスク品質テスト
PxScan 1.7.10.1 + PxView 1.12.6 + PX-716A (Firm 1.10) PIE/Beta/Jitter
DVDScan 0.04Beta + LITE-ON SHM-165P6S (Firm MV9N) Jitter Test (Speed=4,Interval=400)
PxScan 1.7.10.1 + PxView 1.12.6 + PX-716A (Firm 1.10) TA
コメント等
AUTOSTRATEGY ON (Forced) での6倍速書き込みです。
しかし、内周(最初のメディアチェックポイントまで)とそれ以降の焼きがどうも違っていて、なんか変な感じです。
PX-716A のBetaグラフと、SHM-165P6S のJitterグラフの関係がなかなか興味深いことになっています。





太陽誘電 8倍速DVD-Rメディア
ID : TYG02
書き込み速度は6倍速
AUTOSTRATEGY は OFF
このメディアの選択できる書き込み速度は 8x 6x 4x
Nero CD-DVD Speed 4.60 + BenQ DW1640 (Firm BSMB) ディスク品質テスト
PxScan 1.7.10.1 + PxView 1.12.6 + PX-716A (Firm 1.10) PIE/Beta/Jitter
DVDScan 0.04Beta + LITE-ON SHM-165P6S (Firm MV9N) Jitter Test (Speed=4,Interval=400)
PxScan 1.7.10.1 + PxView 1.12.6 + PX-716A (Firm 1.10) TA
コメント等
AUTOSTRATEGY OFFでの6倍速書き込みです。
SHM-165P6S でのJitterグラフ外周がやや膨れてますが、AUTOSTRATEGY を使わない方があきらかに好結果になりました。





Next Page >>








■今回使用しているソフト等

【焼き関連で使用しているソフト】
Nero CD-DVD Speed 4.60
PlexToolsProfessional 2.35
PxScan 1.7.10.1
PxView 1.12.6
DVDScan 0.04 Beta


【ここで使用しているPxScan 1.7.10.1 用バッチファイル、PxView 1.12.6 用config.ini】
PIE/Beta/Jitter用バッチファイル
PIE/Beta/Jitter用 config.ini
TA 用バッチファイル(デフォルト3エリア)
TA 用バッチファイル(外周を指定したもの)

TA 用 config.ini

バッチファイルの中の6桁の数値は、PX-716A のシリアルナンバーです。(使用するドライブの S/N に書き換える必要あり)

【画像関係で使用しているソフト】
ホームページビルダー2001に付属のウェブアート デザイナー (*.png、*.jpeg 変換)
OPTPiX webDesigner 3.10.00 (画像切抜き、その他)


■各種エラー計測グラフの見方について

以下に書いてあることは、GSA-H12N のページに書いたものの流用です。


■最も一般的な PlexToolsProfessional の PIE Sum8 Test
PLEXTORのドライブ(PX-760A、PX-755A 等)に標準添付している、非常に使えるツールです。
PIE Sum8 Testはエラーが少ないほどよく、MAXが50くらいを超えなければまず問題ないと思います。100を超えてくるとちょっと気持ち悪いなぁ、200を超えたら多分大丈夫だろうけど、少し不安・・・
という感じで見ればいいと思います。
公式にはMAX280を超えたら品質的に問題あり、ということになりますが、MAX280はOKで、MAX281がNGという極端な見方をするのはあまりよくないと思います。なぜなら、計測に使用するドライブによってエラー値が異なってくるのが普通だからです。(同じ型番、同じファーム、同じ製造時期のドライブでも)
同じ理由から、他の人のグラフと細かいところまで比較するのはあまり意味がないと思われます。

なお、うちでは速度2に設定していますが、時間があれば速度1が理想的です。(速度1、速度2ともに2倍速計測を行いますが、速度2は間引いて計測するため)
ただ、速度1だと30分近くかかるので、時間がないときは速度2、3でもいいかと思います。速度2なら15分程度で終わります。
さらに時間があれば、Sum1 Testも行うことをお勧めします。


良い例
MAX値が20まで届かず、エラーが最初から最後までほぼ均一。


悪い例
縦軸280のところにボーダーラインがあるのが分かると思います。
あと少しでこのボーダーラインを超えそうで、あまり良いとはいえない状態。





■PxScan + PxView
PX-716A でフル動作、PX-712A ではTA以外動作、PX-755A、PX-760A では改ファームで動作するメーカー非公式ツール。

BetaグラフがPlexToolsProfessionalより見やすく、(と思います) TAもPlexToolsProfessionalより細かく表示してくれる & 最大6エリアを計ることが可能なので、場合によってはPlexToolsProfessionalより使えます。
PIE、Beta、Jitterを連続して計ることが可能(PlexToolsはこれができない)なのも便利です。
ただし、時間がかかります。(PIE、Beta、Jitter計測の場合で約1時間かかる)
← これの時間確保が大変!AD-7173A のページでは1層DVD±Rを40枚計測してますが、1層DVD±RのPxScanだけで40時間近くもかかります。5xCAV 読みを行えば時間は短くなりますが、デフォルトの2xCLV 読みの方がいいと思うので、5xCAV 読みは行ってません。

Jitterグラフの見方は少々見方が難しいところがあるので説明省略。
Betaは-5%〜+15%の範囲に収まっているか?が目安になり、高すぎても低すぎてもよくありません。経験上Betaは低くなることが多いですが、-5%を下回っても実際は問題ないケースが多いと感じてます。
また、WOPC的動作をするドライブでは焼き面の色の変化具合が段々になることがありますが、その辺が気になるときはBetaを計ってみるといいと思います。(思ったよりBetaグラフが階段状になっていなかったり、逆に見た目より思いっきり階段状になっていたりといろいろ)
あまりにBetaが極端に階段状になるのはよくないかもしれません。



Betaが一定範囲内に収まっているとき Betaが一定範囲内に収まっていないとき
Betaが-5%〜+15%の範囲に収まっていないときは、赤色で表示してくれます。


TA(TimeAnalyzer)はJitterをヒストグラム表示したもので、これはディスクの記録状態を判別しやすいです。
山がいくつか並んでますが、山の頂点の位置のずれがなく、できるだけ山のとなり同士が干渉していないのが理想的です。
PIEが低くても、TAがやけに悪いなんてときは要注意かもしれません。(基本的に読みにくいディスクのはずのため)


良い例
山の頂点のズレがほとんどなく、隣の山同士の干渉も少ないです。理想的な状態。


悪い例
ピット(青色)は山の頂点がはっきりとズレていて、ランド(赤色)は隣の山と干渉しまくり。悪い状態です。
※PxScan + PxView のTA グラフを見るときは、 avg: の横の数値をまず見るといいと思います。(数値が小さいほど読みやすいディスク)

なお、PxScanとPxViewはセットで使うもので、PxScanでデータを取得後、そのデータをPxViewに読ませてグラフ化します。
ただ、その場合、書き込みに使用したドライブのシリアルも表示されてしまうので、(※ドライブによっては表示されないこともあります)
それが嫌なときはPxViewを起動してから、PxScanを走らせるといいと思います。

※うちではTA 用にPlexToolsProfessaional ではなく、PxScan を使用していますが、その最大の理由はPlexToolsProfessional の場合 "Excellent" 等の文字も含めてグラフを掲載する作業が非常に面倒なためです。





■DVDScan
Jitter計測というと、昔はBenQかPLEXTORと決まってましたが、DVDScanの登場によりLITE-ONでもJitter計測が可能になりました。
個人的には好きなツールで、特にJitter計測がいい感じです。(LITE-ONドライブは値段的に安く、Hyper Tuning を使えば記録品位的にも良くなるので、5インチベイが空いているなら増設するのをこっそりとお勧めしておきます)
BenQドライブと違ったJitterグラフを表示してくれることも多く、今まで見えなかったところが見えてくる。(気がします)



良い例
このくらいだとかなりいい感じです。(記録状態がよく、読みやすいディスク)


悪い例
赤のラインを大幅に上回ってしまった例。(根本的に記録状態が悪く、読みにくいディスク)





■Nero CD-DVD Speed
(上記の3ツールと比べると)実はそれほど好きなツールではないのですが、PIE、PIF、POF、Jitterと4つの主要項目が15分程度で計れるということと、書き込みに使用したドライブ名、実際の書き込みグラフ(注:Nero CD-DVD Speedで書き込みした場合のみ)がすべて1画面で分かるのでなにかと便利、ということで結果的にうちでは常に使ってます。
(私の好きなツールは、好きなほうから順に、PxScan → PlexToolsProfessional → DVDScan → Nero CD-DVD Speed)

Jitterが計れるのが利点の一つですが、Jitter計測可能なドライブは限られている点に注意。
DW1655、DW1650、DW1640は可能です。

品質スコアが0〜100まで表示されますが、これはPIFのMAX値と、POFで決まります。(DVD±Rの場合)
POFは1個でもカウントされるとまずい性質のものなので、計測中わずかPOFが1個でもカウントされると、その瞬間品質スコアが0になります。
POFがカウントされないときは、PIFのMAX値で決まりますが、90点台ならまぁ大丈夫かと思います。(品質スコアだけではすべてを判断できないと思いますが)
いい、悪いの判断は、いいと思われる条件、悪いと思われる条件で何枚か焼き、自分なりに判断基準を作るといいと思います。

なお、通常のライティングソフトで(DVD-Rに)焼いた場合、DW1640では書き込んだドライブ名は表示されませんが、DW1650、DW1655は表示されます。


CD-R実験室トップ
PX-755A Part3 1ページ目
PX-755A Part3 2ページ目
PX-755A Part3 3ページ目
PX-755A Part3 4ページ目 〜 AUTOSTRATEGYを使ってCLV 書き込みをすると内周が変になるので、あえて古いファームウェアに戻して焼いてみる 〜
PX-755A Part3 5ページ目 〜 ファームウェア1.05で、フルモードでストラテジを作成してみる & AUTOSTRATEGYを使わないで焼いてみる 〜
PX-755A Part3 6ページ目 〜 もうこの際だからS-ATA版の755にも特攻してみる 〜
PX-755A Part3 7ページ目
PX-755A Part3 8ページ目