CD-R実験室トップ
PX-760A トップ ドライブ情報等 CD関連の各種性能 各種DVDメディアエラーチェックページ
DVD関連のベンチマーク (1) DVD関連のベンチマーク (2) GigaRec VariRec 分解 & 移植手術


■PLEXTOR PX-760A - 2006年3月5日更新 -

当初の予定では2005年11月に販売するはずだったドライブですが、18倍速焼きに問題があった?等々の理由で大幅発売延期。
(代わりに)速度制限された PX-755A が販売されました。

PX-760A は 「発売時期を2月下旬に発表する」 とアナウンスされていたことから、早くても3月下旬以降の発売だろうと予想してましたが、逆の方向で予想がはずれ、2006年2月下旬にめでたく発売開始されました。急に忙しくなった・・・


PLEXTOR PX-760A
PLEXTOR PX-760A
いきなり4台購入
最初の1台目は発売日2日前にめでたくフライングゲット。
正式発売日に、2台目をゲット。
3台目は、かなり前にソフマップ通販に申し込んでおいたものです。
(4台目は諸事情により、ヤケクソ購入)
- 公式ページ - 
AKIBA PC Hotline!
ASCII24 - Akiba2GO!
価格.com


仕様、性能的に PX-755A とほとんど同じっぽいので、PX-755A とあまり変わらないだろうと予想しつつ、いつもの要領で調べて見ようと思います。




■各種DVDメディアの選択できる書き込み速度 & 書き込み方式について ※ファーム 1.00 or 1.01 時

メディア 18x 16x 12x 10x 8x 6x 4x 2x
(2.4x)
1x
三菱化学 8倍速DVD+R DLメディア
MKM003
×
-
×
-
×
-
P-CAV
×
-
×
-
太陽誘電 16倍速DVD-Rメディア
TYG03
CAV
CAV
P-CAV
×
-
P-CAV
CLV
×
-
×
-
×
-
太陽誘電 8倍速DVD-Rメディア
TYG02
×
-
×
-
P-CAV
×
-
P-CAV
CLV
CLV
×
-
×
-
太陽誘電 4倍速DVD-Rメディア
TYG01
×
-
×
-
×
-
×
-
×
-
×
-
CLV
CLV
×
-
TDK 1倍速DVD-Rメディア
TDKG02000000
×
-
×
-
×
-
×
-
×
-
×
-
×
-
CLV
×
-




■各種ディスクのマウント時間 ※ファーム 1.00 時

記録済みディスクは MountTime_Checker で。ブランクディスクと通常の音楽CDは Nero CD-DVD Speed を起動させておいて、 「ディスク種類」 のところの表示されるまでの時間を計測しています。


PX-760A (Firm 1.00) PX-755A (Firm 1.02) ※参考比較用
ディスク種類 マウント時間
ブランクDVD-Rメディア
(TYG02)
16秒
記録済みDVD-Rメディア
(TYG02)
17秒
ブランクDVD+R DLメディア
(MKM003)
32秒
記録済みDVD+R DLメディア
(MKM003)
41秒
ブランクCD-Rメディア
(太陽誘電48倍速)
12秒
記録済みCD-Rメディア
(太陽誘電48倍速)
13秒
プレス2層DVD-Video (CSS) 13秒
普通の音楽CD 16秒
記録済みDVD-RAMメディア
(maxell 5倍速DVD-RAM)
-
ディスク種類 マウント時間
ブランクDVD-Rメディア
(TYG02)
16秒
記録済みDVD-Rメディア
(TYG02)
16秒
ブランクDVD+R DLメディア
(MKM003)
30秒
記録済みDVD+R DLメディア
(MKM003)
38秒
ブランクCD-Rメディア
(太陽誘電48倍速)
12秒
記録済みCD-Rメディア
(太陽誘電48倍速)
13秒
プレス2層DVD-Video (CSS) 13秒
普通の音楽CD 17秒
記録済みDVD-RAMメディア
(maxell 5倍速DVD-RAM)
-


多少の誤差的な差はありますが、全体的に PX-755A と似ています。
2層メディアのマウントがやや遅めですが、それ以外は標準的。
また、今時のドライブにしては、珍しくRAMは読めません。(仕様)




■PLEXTOR PX-760A の主な特徴等 (一部主観意見含む)

※初期ファーム1.00では、TYG01、TYG03では正常にフルモードAUTOSTRATEGYが作成できるものの、TYG02ではできないという不具合が(うちの)PC環境では起きています。(4台とも)

※ただ、100%失敗するかというとそういうわけでもなく、ごくまれに正常にフルモードAUTOSTRATEGY作成が正常に完了することはありました。(TYG02にて)

※出所がイマイチ不明のファーム1.01(改)を入れたところ、この問題は起きません。


→正規ファームウェア1.01にてこの問題は解決されました。

以下、一部 PX-755A とかぶっているところあります。

どう見ても PX-755A からのマイナーバージョンアップモデル。
使用感は PX-755A にそっくりで、18倍速書き込みに魅力を感じないなら、(値段の安い) PX-755A で十分のような気がします。
メインチップはPX-755Aと同等品。(LC897496K)
SANYOというと暁のラブレター書き込み時に不具合が起きることで知られてますが、その問題が見事解決されてます。(PX-716A 以前のPLEXTORドライブとの比較)
PX-755A 同等のAUTOSTRATEGYを装備。
ただ、初期ファーム1.00では、うちのPC環境ではTYG02でフルモードストラテジ作成が正常に完了しないという不具合が起きていますが。(TYG01とTYG03は問題なし)

→ファーム1.01で改善。
PlexToolsでドライブの焼き時間の確認ができるので、買い替えのときや、中古購入のときなんかはなにかと便利。
付属の PlexToolsProfessional を使うことで、全く印象の異なるドライブに変化。
他社製ドライブにない多くの機能があり、PLEXTORは1台あるといろいろと便利なことがあります。

Q-Checkの各項目で、各種メディアの品質テストが可能。(特に、Betaが可能なのはPLEXTORくらいしかない)
普通に音楽CD読み書きするだけで、ドライブ固有の位置ずれを自動補正。
PlexToolsProfessional 2.35では、わざわざ30サンプルずれて読み、書くときにずれた分をまた戻して焼くということをしています。(この現象は、後になって発覚しました)
通常のソフトで、普通に読み書きするだけで、位置ズレは起きません。
普通に音楽CDを読むだけで、ズレ補正だけでなく、EACで言うことの 「Overread into Lead-In and Lead-Out」 を自動的に行ってくれる。
1stセッション有効のオプションを使うことで、たちの悪いマルチセッションディスク も安心してマウント可能。
高品位CD-R焼きに有利とされる、GigaRec0.9xが可能。
逆に、GigaRec1.3xでは、CD-Rにより多くのデータを記録することが可能。
CD-Rの焼き加減を変化させる、VariRecが可能。
Silent Modeにより、ドライブの静音化が可能。
物理的にディスクを破壊しない、ディスクシュレッダーを装備。
ディスクにパスワードを設定可能な、セキュアレコーディング機能を装備。
初期出荷TLA は、久しぶりに #0000
事実上は TLA #010*
フロントパネルは、白のほかに黒、銀が同梱。(必要に応じて自分で交換)
奥行きは、PX-716A と同サイズ。
PX-716A で起きていた、「トレイ左カックン」 はしっかり修正されている。
DVD±Rメディアへの6倍速Full CLV 書き込みは今回もしっかりサポート。
付属のZulu2は、オフラインでも使用可能 & 他社製ドライブも使用可能。
BookTypeの設定変更は、PlexToolsで1層DVD+R、2層DVD+R個別に設定可能。
DVDメディアへのVariRecは非サポート。
ExactAudioCopy では、CDRDAO経由してもしなくても書き込み可能。(V0.95 beta 3にて確認)
CD Manipulator 2.70 では、これまで同様普通に書き込み可能。
※PX-755A と同じです。
ExactAudioCopyを使い、「Write samples offset」 を 適切に設定して音楽CDを作成した場合、ディスク終端の30サンプル分は書くことができない。(PX-755A と同じ)
ExactAudioCopyを使い、「Write samples offset」 を デフォルト(=0)のまま音楽CDを作成した場合、ディスク先頭の30サンプル分は書くことができない。(PX-755A と同じ)

非常に些細な問題ですが、↑の問題を解決するには、「Write samples offset」 を 適切に設定して、なおかつ書き込む音楽データ終端に、588のゼロサンプルを追加するしかありません。

ただ、これらのことは、PlexToolsProfessional がすべて自動で(最適な設定で)行ってくれるので、よく分からないときはPlexToolsProfessionalを使うといい感じです。
※ディスク終端の30サンプルが「0」の場合は、この問題は気にする必要ありません。
※CUEシートから音楽CDを作るときは、EACを使うのがベスト。

これは誤った情報でした。こちら を参照。
音楽CDの読みに関しては、EAC、PlexToolsProfessional ともに全領域読むことが可能 & CDRipperを使うことで、LBAマイナス領域の音楽データもリップすることが可能と、文句なしの性能。(PX-755A と同じ)


初期ファーム & うちのPC環境で、TYG02のフルモードAUTOSTRATEGYが作成できないというのは予定外でしたが、それ以外はほぼ予想通り。
別の言い方をすると、(初期ファームの段階では) PX-755A の方が安心感があります。
ファームアップで安定するまで、待ちが正解かも。ただ、改ファーム1.01での焼きが実は結構いい感じなのですが。

※正規ファーム1.01にて解決されてます。

その他のいつもの調査項目は以下の通り。(一部↑で書いたのと重複あり)

項目 結果(データ)
主要チップ LC897496K
製造国表示 CHINA
排気ファン なし
5V定格 1.7A
12V定格 2.4A
ヘッドホン端子 なし
付属のブランクメディア なし
付属のソフト PlexTools Professional 2.32a
Zulu2 for Plextor 2.0.321
PowerDVD 6 (詳細バージョン未確認)
Power2Go 4 (詳細バージョン未確認)
PowerProducer 3 (詳細バージョン未確認)
PowerDirector 4 (詳細バージョン未確認)
InstantBurn 4 (詳細バージョン未確認)
PowerBackup 1.5 (詳細バージョン未確認)
Medi@Show 3 (詳細バージョン未確認)
LabelPrint 1.0 (詳細バージョン未確認)
Read sample offset correction ±0 ※2006年11月25日修正
Write samples offset ±0 ※2006年11月25日修正
Combined read/write sample offset correction ±0
DVD+R DVD+RW、DVD+R DLメディアのROM化 1層、2層ともに、ROM化する、ROM化しない、どちらも可能
DVD-RAMに記録したデータは読めるか? 不可
Exact Audio Copy での読み書き
(V0.95 beta 3にて確認)
読み
書き ※CDRDAO経由してもしなくても可能
CD Manipulator 2.70 での読み書き
読み
書き
(CD-DAの)読み速度の変更はできるか? 可能(最低は4倍速)
CD-R最低書き込み速度 4倍速
フルCLVでのCD-R書き込み最高速度 16倍速
フルCLVでのDVD-R/DVD+R書き込み最高速度 1層DVD±Rは6倍速
2層DVD+Rは6倍速
2層DVD-Rは未確認
ROM化したDVD+R、DVD+R DLディスクの認識 DVD+R、DVD+R DL共に本来のBookTypeで認識
※なんでこんなことを調べているかというと、ドライブによってはROM化したディスクをROM化していないと判断してしまったり、逆にROM化していないのにROM化したかのように処理してしまうことがあるからです。(PX-760A はBookTypeの判別ドライブとして正常に使用可能)
ルクセンブルクTDK8倍速メディアの認識 TTG02 詳細はこちら を参照
保証 1年
トレイの色
搭載バッファ容量 2MB


【補足1】
B's8.29ではあっかんべーしませんでした。(対応していないが、MAXで書き込み可能)

【補足2】
PxScan 1.7.9 では残念ながら動作しませんでした。実はこれが最大の不満点。
対応希望、と言うのは無茶な要求と言うのは承知してますが。
PxScanのTAのログとか、なかなかいい感じです、これ。(peak shift pits、peak shift lands を数値で表してくれるところとか)

PxScan TA Test ログ

【補足3】
付属のZulu2バージョン。

【補足4】
PX-755A f/w 1.02 と PX-760A f/w 1.01(改) が同じ件


【補足5】
まうまうさんの、PX-755+2.5A/760-2.5Aメモ PX-716A/755A/760Aメモ


【補足6】
掲示板でも報告ありましたが、PlexToolsProfessional 2.32a では、716系に比べてTAが悪く出る傾向があります。
すでにWeb上に多くアップされている、PX-716A のTAと比べるときは要注意。




■TYG02 連続焼き

しあにんなお昼ごはんさんでやられている企画ですが、あまりに気になる内容だったため、うちでも似たようなことをやってみます。(パクリっぽくてすいません)

使用する PX-760A は、1台目購入品(S/N 508974212976)で、ファームウェアは初期状態の1.00です。
ライティングソフトは Nero CD-DVD Speed 4.11 で、メディアはVictorブランドのTYG02を使用。
書き込み速度は、いずれの条件のときも8倍速です。


Victor 8倍速DVD-Rメディア
ID : TYG02


まず、AUTOSTRATEGYデータベースはすべて削除しておきます。


1回目
AUTOSTRATEGY は 「Auto Selection Mode」 を選択
Nero CD-DVD Speed 4.11 + DW1640 (Firm BSOB) でのディスク品質テスト結果
とりあえず、1枚目はこんな感じです。
書き込み完了後、データベースに登録されてました。



2回目
AUTOSTRATEGY は 「Auto Selection Mode」 を選択
(データベースはそのままの状態です)
Nero CD-DVD Speed 4.11 + DW1640 (Firm BSOB) でのディスク品質テスト結果
2枚目はこんな感じです。
書き込み時の挙動から、登録されたストラテジで焼いているようでした。



3回目
AUTOSTRATEGY データベースをいったん削除し、フルモードでストラテジ作成
※フルモードでのストラテジ作成は正常に完了しないので、半ば強制的にPlexToolsを終了させてます
AUTOSTRATEGY は 「AS ON Mode (Reference)」 を選択
Nero CD-DVD Speed 4.11 + DW1640 (Firm BSOB) でのディスク品質テスト結果
3枚目はこんな感じです。



4回目
AUTOSTRATEGY は 「AS ON Mode (Forced)」 を選択
Nero CD-DVD Speed 4.11 + DW1640 (Firm BSOB) でのディスク品質テスト結果
4枚目はこんな感じです。



5回目
AUTOSTRATEGY は 「AS Off Mode」 を選択
Nero CD-DVD Speed 4.11 + DW1640 (Firm BSOB) でのディスク品質テスト結果
5枚目はこんな感じです。


ということで、(うちで試した条件では)思ったほどの差は出ませんでした。
この辺はドライブ、メディアの個体差等も関係してくると思うので、これが絶対的な結果でない点には注意。


CD-R実験室トップ
PX-760A トップ ドライブ情報等 CD関連の各種性能 各種DVDメディアエラーチェックページ
DVD関連のベンチマーク (1) DVD関連のベンチマーク (2) GigaRec VariRec 分解 & 移植手術