■PX-760A Part2 正規ファームウェア 1.01 での各種DVDメディア検証結果 - 2006年3月18日更新 -

8倍速DVDメディア
■太陽誘電 8倍速DVD-Rメディア (TYG02)
■maxell 8倍速DVD-Rメディア (MXL RG03)
■TDK 8倍速DVD-Rメディア (TTH01) 超硬UV
■TDK 8倍速DVD-Rメディア (TTG02) 超硬UV
■三菱化学 8倍速DVD-Rメディア (MCC 02RG20 )
■太陽誘電 8倍速DVD+Rメディア (YUDEN000T02)
■Prodisc 8倍速DVD-Rメディア (ProdiscS04)
8倍速DVDメディア@6x or 4x 書き込み
■太陽誘電 Masterメディア (TYG02) 6x
■PRO.MASTER4.7 ULTRA HARD COAT (MXL RG03) 6x
■森メディア (MXL RG03) 6x
■森メディア (MXL RG03) 4x
16倍速DVDメディア
■太陽誘電 16倍速DVD-Rメディア (TYG03)
■三菱化学 16倍速DVD+Rメディア (MCC004)
2層メディア
■三菱化学 8倍速DVD+R DLメディア



少し中途半端ですが、ファーム1.01ではこれにて終了。




■条件等

まともに使えない状態が続いていた PX-760A ですが、ようやくバグフィックスされたファーム1.01が公開されました。
改ファームを入れていた個体も正常にファームアップ完了。
改めて、気になるDVDメディアで焼いてみようと思います。

※正式ファーム1.01と、改ファーム1.01とではそれなりに差がありましたが、見方がわからないためコメント等は省略。


ライティングソフトは Nero CD-DVD Speed 4.50
PxScan用には、PX-716UFL を使用。(読み速度は2倍速CLV)
TA Test用には、PX-716UFL を使用。
Nero CD-DVD Speed 4.50 でのディスク品質テストは、DW1640 (Firm BSOB) を使用。(読み速度は4倍速CAV)
PlexToolsProfessional 2.32a での PI/PO Sum8Test (速度2) は、PX-760A (Firm 1.01)、PX-716UFL (Firm 1.02) を使用。(読み速度は2倍速CLV)
※PI/PO Sum8Test用の PX-760A は、1台目購入品のS/N 508974212976 の個体を使用。
PoweRecは常に有効にしています。
Nero CD-DVD Speed 4.50 からBenQドライブでのCLV 読みが可能になりましたが、どうも不安定な気がするので、今まで通りCAV 読みしてます。(一部メディアのみ、CLV 読みもしています)




- 検証時環境 -
マザーボード intel D865PERLK(865PEチップセットインテル純正品)
OS Windows2000 Professional + SP4
CPU Celeron 2.6GHz(FSB400)
メモリ PC3200 BULK(SAMSUNG) 256MB × 2
ビデオカード RADEON 9500(64MB)
サウンドカード オンボードのものを使用
FDドライブ 不明
SATA HDD Seagate ST3160827AS (160GB)
プライマリマスター PLEXTOR PX-760A S/N 508974211994の個体
プライマリスレーブ BenQ DW1640
セカンダリマスター PLEXTOR PX-760A S/N 508974212976の個体
セカンダリスレーブ PLEXTOR PX-760A S/N 508974220809の個体
USB2.0 PLEXTOR PX-716UFL
PCケース ソルダム MT-PRO1300(白 400W)
※電源はAcBel 400W に交換





■追加情報

あやしげなファームを入れたところ、PX-760A でも PxScan で動きました。