CD-R実験室トップ
PLEXTOR PX-760SA トップ CDメディアエラーチェックページ 各種16倍速メディアエラーチェックページ
各種8倍速メディアエラーチェックページ Part1 各種8倍速メディアエラーチェックページ Part2 DLメディア
各種8倍速メディアエラーチェックページ Part3 各種8倍速メディアエラーチェックページ Part4


■PLEXTOR PX-760SA - 2006年6月10日更新 -

光学とライブといえば、インターフェースはATAPI で繋ぐのが常識。
HDDに比べてSATA化が遅れている印象ですが、(というか、メーカーサイドでその辺のことをどう考えているのかよくわかりませんが)
大手ドライブメーカーの中では、PLEXTORだけが積極的にSATA接続ドライブを販売しているのが現状です。
※2006年6月現在

ここ数年はエアフローという言葉をよく耳にしますが、その意味ではSATA接続は有利。
そんなこともあり、そろそろSATA接続のドライブを使ってみたほうがいいんじゃないか?ということで、今回は購入となりました。
※購入暦には載せてませんが、安売りされていたので思わず買ってしまった PX-712SA は実はメインドライブとして使用中。(ほぼ問題なく使えています)


PLEXTOR PX-760SA
PLEXTOR PX-760SA
変換コネクタ方式ではないので、必ずSATA接続する必要があります。
購入前に、メーカーサイトでマザーボードの対応度を要チェック。
- 公式サイト -
AKIBA PC Hotline!
ASCII24 - Akiba2GO!


検証時環境
マザーボード intel D865PERLK(865PEチップセットインテル純正品)
BIOS Ver.P21
OS Windows2000 Professional + SP4
CPU Celeron 2.6GHz(FSB400)
メモリ PC3200 BULK(SAMSUNG) 256MB × 2
ビデオカード RADEON 9500(64MB)
サウンドカード オンボードのものを使用
FDドライブ 不明
SATA HDD Seagate ST3160827AS (160GB)
プライマリマスター PLEXTOR PX-760A
プライマリスレーブ BenQ DW1640
セカンダリマスター LITE-ON SHM-165P6S
セカンダリスレーブ none
SATA PLEXTOR PX-760SA
USB2.0 PLEXTOR PX-716UFL
USB2.0 PLEXTOR PX-712U
IEEE1394 PLEXTOR PX-755A ( RS-FWEC5AL にて変換)
PCケース ソルダム MT-PRO1300(白 400W)
※電源はAcBel 400W に交換




■ドライブ情報等

外箱のTLA
初回出荷分は TLA#0103 でした。



製品ラベル
2006年5月製です。(購入日は、2006年5月27日)
MADE IN CHINA、5V=1.7A、12V=2.4A といったところは、PX-760A と同じです。



DVDINFOPro 4.6.1.0
初回出荷分のファームウェアは、1.03 (タイムスタンプは 5月12日)



PlexTools Professional 2.32a ※ドライブに付属のものです
このドライブのプロダクトIDは "DVDR PX-760A" なので、通常のソフトでは "DVDR PX-760A"
として認識されますが、PlexToolsではしっかり、"PX-760SA" として処理されてます。



★★★ 期間限定公開 ★★★
PX-760SA の基板スキャン画像
PX-760A の基板スキャン画像
PX-760SA 搭載部品
メインチップは PX-760A と同じものが搭載。
Parallel ATA → Serial ATA 変換は Marvell 88SA8040




メイン基板を一部抜粋して比較
PX-760A PX-760SA
PX-760SA は単にSATA変換基板をジョイントするという設計ではなく、
専用基板のようで、1枚のプリント版にすべての部品が搭載されています。




上が PX-760SA で、下が PX-760A
ATAPI 版もSATA版も奥行きは同じ。




上が PX-760SA で、下が PX-760A
SATAケーブルとか、SATA電源用変換コネクタは付属されていないので、
ない場合は別途購入する必要あり。




■PxInfo 1.25

PxInfo 1.25 で正式対応されたので、使用時間の動作確認をしてみます。

購入して、まだ一度も使用していない状態
0.0.0A - 0.0.0A



CD-R 1枚焼いた後(焼き時間約5分)
0.5.15A - 0.0.0A



引き津好き、DVD-R 1枚焼いた後(焼き時間は5分少々)
0.5.15A - 0.5.24A


ということで、(PlexToolsProfessional だけでなく)PxInfoでも使用時間が確認できそうです。




■暁のラブレター現象について

まず大丈夫だろうと思いつつも、一応確認しておきます。
ここでは、error.rar を使用します。(Nero 7.2.0.3b にて太陽誘電32倍速650MBメディアに8倍速書き込み)

ということで、問題なさそうです。




■DVD+R オーバーバーンについて

太陽誘電8倍速DVD+Rに、AUTOSTRATEGY OFFで4倍速書き込みしています。

Nero CD-DVD Speed 4.51.1 で調べたところ、最大4631MBまで可能と判定されました。



書き込み前の設定



実際の書き込み
無事成功しました。
CPU Usageのところの表示が変?



読み
これも正常に完了。



DW1640でのディスク品質テスト
特に問題なし・・・と思いきや、Recorded with のとこのが、
@ォェェェェェ・@・
とかなっていて、なんかバグってるぽいです。



PX-716UFL + PxScan
オーバーバーンエリアはいいのですが、内周のBetaが低く、PIE、Jitterともに比較的高め。
AUTOSTRATEGYを有効にして、8倍か6倍で焼いた方がよさそうです。



TA



DVDScan 0.02 Beta + SHM-165P6S でのJitterグラフ
やはり内周が変で、妙に高ジッタ。


CD-R実験室トップ
PLEXTOR PX-760SA トップ CDメディアエラーチェックページ 各種16倍速メディアエラーチェックページ
各種8倍速メディアエラーチェックページ Part1 各種8倍速メディアエラーチェックページ Part2 DLメディア
各種8倍速メディアエラーチェックページ Part3 各種8倍速メディアエラーチェックページ Part4