CD-R実験室トップ
PLEXTOR PX-B940SA と Pioneer BDR-205 の比較の比較トップ
PLEXTOR PX-B940SA と Pioneer BDR-205 の比較(BD-R) PLEXTOR PX-B940SA と Pioneer BDR-205 の比較(DVD-R)


■PLEXTOR PX-B940SA と Pioneer BDR-205 の比較  - 2010年5月2日更新 - 

もうPLEXTORは自社開発は行えないと思うので、PLEXTORブランドから新ドライブが発売されても以前のように興味はわきませんが、Pioneerと日立LG以外からはなかなか発売されないこともあり、(BDR-205ということは承知の上で)一応買ってきました。

特に検証することもなさそうですが、タイミングよく PX-B940SA とBDR-205 のファーム1.08がほぼ同時に公開されたので、同じメディアに焼いてエラー比較をしてみようと思います。(ドライブの性能差というより、単に個体差ということになるかもしれませんが)

PLEXTOR PX-B940SA (= Pioneer BDR-205)
PLEXTOR PX-B940SA (Pioneer BDR-205)
発売直後は高いです。(約3万円)
付属ソフトもたいしたことなく、2万2千〜3千円くらいが多分適正価格。
- 公式サイト -
- 公式サイト -
代理店
AKIBA PC Hotline!
ファームウェアチェックページ

■製品ラベル、基板等

2010年3月製造品ですが、中国製になってしまいました。
バルク版BDR-205もすでに中国製になりつつあるで、(BDR-205の)日本製は流通在庫のみかもしれません。
あと、F/W:1.03 と書かれてますが、実際は1.04でした。

当然ながらBDR-205と同じ形状ですが、左下に不自然に印字されてしまってます。
もうちょっとなんとかしてほしかったというか・・・(いや、まぁ別にいいですが)

拡大
参考比較用(BDR-205バルク日本製)
RENESAS
R8J32720FPV

※BDR-205と同じです
基板自体は、(BDR-205と)バージョン等も同じっぽいです。

■ドライブ情報

DVDINFOPro HD
初期ファームは 1.04 でしたが、すぐに検証時最新の 1.08 にアップしてます。
Pioneerなので、ここで表示されるシリアルは、製品ラベルのものと一致してます。
あと、Extra Info のところに "PIONEER" の文字があります。


DVRFlash 2.7.5
予想通り、DVRFlash でもドライブの情報取得が可能。

■付属ソフト

PowerDVDのバージョンは↑の通り。
アバターは正常に再生できました。参考リンク

■DAE (PX-B940SA で16倍速でテストディスク作成) オフセット

Nero CD-DVD Speed 4.7.7.21
予想通りの結果です。

EAC
同じく、予想通りの結果です。

■ImgBurn 2.5.1.0 での動作

ImgBurnでも普通に動作します。(BD-R、DVD-R、CD-Rいずれも普通に動作)

各種ディスクのマウント時間

【調査方法】
 1. Nero DiscSpeed を起動し、"Disc Info" タブを選択。
 2. トレイを開き、メディアをのせる。
 3. イジェクトボタンを押してから、"Disc Info" タブに情報が表示されるまでの時間を計測。


ここでは Pioneer BDR-205(バルク) と比較してみます。

ディスク種類 画像 状態 マウント時間
PLEXTOR
PX-B940SA
firm 1.08
Pioneer
BDR-205
Firm 1.08
Panasonic
4倍速BD-R(1層)
ブランク 16秒 16秒
記録済み 15秒 15秒
Panasonic
2倍速BD-R(2層)
ブランク 18秒 19秒
記録済み 19秒 19秒
Panasonic
2倍速BD-RE(1層)
記録済み 16秒 16秒
Panasonic
2倍速BD-RE(2層)
記録済み 21秒 21秒
BD-Video(1層) - 12秒 12秒
BD-Video(2層) - 17秒 16秒
Verbatim
16倍速DVD-R
ブランク 17秒 17秒
記録済み 13秒 12秒
太陽誘電
48倍速CD-R
ブランク 13秒 13秒
記録済み 13秒 13秒
DVD-Video(1層) - 11秒 11秒
DVD-Video(2層) - 14秒 14秒
音楽CD - 13秒 12秒

多少の誤差はあるかもしれませんが、同等ハードということもあって、ほぼ同じです。

■箱

てっきり英語パッケージにシールが貼ってあるだけかと思ってましたが、日本向け用に印字されたパッケージでした。

■主な特徴まとめ

調査項目
PLEXTOR
PX-B940SA
Pioneer
BDR-205
ベンダーID PLEXTOR PIONEER
プロダクトID BD-R PX-B940SA BD-RW BDR-205
メインチップ RENESAS
R8J32720FPV
RENESAS
R8J32720FPV
購入時ファームウェア 1.04 1.02
検証時ファームウェア 1.08 1.08
製造国表示 CHINA JAPAN
5V定格 1.2A 1.2A
12V定格 1.1A 1.1A
Exact Audio Copy での
Read sample offset correction
+637サンプル +637サンプル
Exact Audio Copy での
Write samples offset
+30サンプル +30サンプル
Exact Audio Copy での
Combined read/write sample offset correction
+667サンプル +667サンプル
Partial MKB Version 未調査 V1
トレイの色
搭載バッファ容量 4MB 4MB

■検証時PC環境

今回からPC環境が少し変わってます。
※検証で使用したドライブは、斜め太字にしてます。

メインPC
 マザーボード ASUS P6X58D-E (Intel X58 + ICH10R)
BIOS Ver.0204
 OS Windows 7 Professional 64bit 通常版
 CPU Core i7-980X Extreme Edition
 CPUクーラー TRUE Black 120 PLUS + CLUSTER UCCL12 (x2) + AS-05
 メモリ CFD ELIXIR DDR3-1333(PC3-10600) T3U1333Q-2G 計12GB
 ビデオカード MSI R5770 Hawk
 サウンド オンボード + ONKYO GX-77M(B)
 LAN オンボード
 Marvell 9128 SATA 6Gb (AHCI) Crucial RealSSD C300 (CTFDDAC128MAG-1G1)
 ICH10R (AHCI) X25-M Mainstream SATA SSD SSDSA2MH160G2R5
 ICH10R (AHCI) WD20EARS
 ICH10R (AHCI) Panasonic LF-PB271JD
 ICH10R (AHCI) 日立LG BH12NS30
 ICH10R (AHCI) Pioneer BDR-205 (バッファロー版)
 ICH10R (AHCI) LITE-ON iHES208 ← BD-R、DVD-Rエラー計測用
 ディスプレイ 三菱 RDT231WM-S(BK)
 ケース Antec Twelve Hundred
電源は Antec Signature 850


サブPC
 マザーボード GIGABYTE GA-X58A-UD5 (Intel X58 + ICH10R)
BIOS Ver.F6C
 OS Windows 7 Home Premium 64bit 通常版
 CPU Core i7 920 D0ステッピング
 CPUクーラー ZALMAN CNPS9900 LED + AS-05
 メモリ PVT36G1600LLK 計6GB
 ビデオカード & サウンド & ディスプレイ SAPPHIRE VAPOR-X HD5770 1G GDDR5 PCI-E DUAL-DVI-I/HDMI/DP (HDMI出力)
+ DHT-S500HD + SYS-S500CS
+ TOSHIBA REGZA 42Z8000
※オンボードサウンドはBIOSで遮断
 LAN オンボード
 ICH10R (AHCI) Intel X25-M G1 (80GB MLC SSD)
 ICH10R (AHCI) WD10EADS
 ICH10R (AHCI) Pioneer BDR-205 (バルク版) ← 比較検証用
 ICH10R (AHCI) PLEXTOR PX-B940SA ← 今回購入
 オンボードPATA PLEXTOR PX-755A ← DVD-Rエラー計測用
 ケース Antec Nine Hundred Two
電源は Antec Signature 850

■Opti Drive Control のエラーグラフの見方がわからない!

人様に説明できるほど理解できていませんが、基本は同じ環境での相対比較ということになると思います。
(同じ環境で)よいと思われる条件、悪いと思われる条件でいくつか焼いてみて比較して、自分なりに判断するしかなさそうです。(BD-Rはあまり悪い結果にならないことが多いですが、非対応のIDのBD-Rを使うと悪い例のグラフを取得することができます)

良い例


普通の例


悪い例
非常に悪い例です。ここまで悪いグラフはなかなか出せません。


CD-R実験室トップ
PLEXTOR PX-B940SA と Pioneer BDR-205 の比較の比較トップ
PLEXTOR PX-B940SA と Pioneer BDR-205 の比較(BD-R) PLEXTOR PX-B940SA と Pioneer BDR-205 の比較(DVD-R)