■PxScanを使ってみよう!

掲示板での報告で知りましたが、PxScanというソフトがあるということなので、実際に使ってみた結果を簡単にレポートしてみたいと思います。
基本的にPlexToolsProfessional と同じことができるみたいですが、PxScanはフリーソフト。プレクスタードライブは純正品以外にも結構出回っているので、バッファロー販売のPX-716Aを買ったまではよかったものの、PlexToolsがついていない!なんてときは、PxScanを試してみましょう!708A2にも使えるかも?


公式サイト
このページで使用したソフトのバージョン
PxScan 1.5.5 (計測ソフト本体)
PxView 1.10 (グラフ表示用)
日本語訳 ← 重いので注意


検証時環境
マザーボード intel D865PERLK(865PEチップセットインテル純正品)
OS Windows2000 Professional + SP4
CPU Celeron 2.6GHz(FSB400)
メモリ PC3200 BULK(SAMSUNG) 256MB × 2
ビデオカード RADEON 9500(64MB)
サウンドカード オンボードのものを使用
FDドライブ 不明
SATA HDD Seagate ST3160827AS (160GB)
プライマリマスター PLEXTOR PX-716A TLA #0202 (今回未使用)
プライマリスレーブ Pioneer DVR-A09-J
セカンダリマスター BenQ DW1620
セカンダリスレーブ PLEXTOR PX-716A TLA #0304 (今回使用)
USB2.0ドライブ PLEXTOR PX-712U (今回使用)




■まずはPlexToolsProfessional で計測

○Nero CD-DVD Speed 3.70
○Pioneer DVR-A09-J (Firm 1.17)
○太陽誘電8倍速DVD-Rメディア(TYG02)


の組み合わせで、速度MAX(12倍速)でデータディスクを作成し、それを各種条件で計測しています。

まずは、本家PlexTools Professional XL 3.00 での結果を載せておきます。


Sum8 Test (PIE Test)
※速度1(高精度測定) 2倍速CLV


Sum1 Test (PIF Test)
※速度1(高精度測定) 2倍速CLV


Beta/Jitter Test
※8ECC


TA Test













■PxScanを実際に使ってみる

次にPxScanで計測しますが、(2005年3月12日現在)PxScanの最新バージョン 1.5.5 はDOS窓で動作する仕様になっています。
ここではCドライブのすぐ下に pxscan という名前のフォルダをつくり、その中に pxscan.exe と scan.bat を置いています。

scan.bat は、以下の3つの条件のものを用意しました。


BATファイル(1)
pxscan all "destfile=" drivenbr=3
すべての項目を実行
BATファイル(2)
pxscan pisum8 ta "destfile=" drivenbr=3
Sum8 Test と TA Test のみを実行
BATファイル(3)
pxscan pisum8 speed=12 "destfile=" drivenbr=3
速度12倍速CAV で Sum8 Testのみを実行


※注意点
通常、"drivenbr= "の後にくる数値は "1" ですが、今回のうちの環境では、セカンダリスレーブに繋いだPX-716Aで計測するため、"3" にしています。(PC環境によって、"drivenbr= "の後にくる数値は異なってくると思われます)



操作方法等は、以下の画面を参考にしてみてください。


BATファイル(1) を実行中の図
こんな感じで、実際に計測中。
速度指定しないときは、PlexToolsと同様に2倍速CLV になるみたいです。


うまく動作しないときは、AdaptecのASPI をインストールしてみるといいかもしれません。(私は以前からシステムASPI はAdaptecのバージョン4.60を使ってます)
よくわからないときは、KProbe をインストールし、再起動すると、(多分)正常動作します。




■結果

計測完了すると、拡張子 *.pxd のファイルができるので、PxView 1.10 に読ませて結果をグラフィカルに表示させてやります。(iniファイルで表示の変更も可能)


BATファイル(1)の結果
全部まとめてグラフ化してくれますが、フルテストだと1時間25分くらいかかります。



BATファイル(2)の結果
これは28分くらいで完了。



BATファイル(3)の結果
見ての通り、2倍速CLV と、12倍速CAV では全然結果が違います。
ただ時間的には当然速く、8分で終了。


全般的な傾向は、PlexToolsProfessional でもPxScanでもほぼ同じ感じになりました。(ただし、同じ測定条件の場合)
この1枚だけでは判断しにくいところもありますが、なんとなくPxScanの方がいいような・・・?




■外付けドライブで使えるか?

上記の方法では外付けドライブでは動作しませんが、neroのASPI を pxscan.exe のあるフォルダにおいてやると、外付けドライブでも動作させることが可能でした。
※neroのASPI は、nero6のインストールパッケージから抽出したものの方がバージョンが新しい場合が多いので、最新バージョンのnero ASPI を使いたいときはそちらを要チェック。

○用意したBATファイル
  pxscan all "destfile=" drivenbr=4

外付けドライブの PX-712U で計測中の図
表記はPX-712Aですが、実際はPX-712Uです。
しっかり認識される上に、計測も可能。



結果
フルテスト実行してますが、TA Testは当然無理です。




■DVR-A09-J で動作したりはしないか?

DW1620は認識されませんが、DVR-A09-J は認識はされてます。そこで、試しに(A09-Jで)フルテストを実行。
なにやら計測開始し始めますが・・・途中で終了。
*.pxd ファイルも生成されませんでした。(これはしょうがないということで)




トップへ





おまけ
DW1620でのディスク品質テスト