CD-R実験室トップ
DVD-RAM検証トップ maxell 5倍速RAMメディア Panasonic 5倍速RAMメディア
Optodisc 3倍速RAMメディア その他の検証


■DVD-RAM検証 - 2005年12月5日更新 -

DVD-RAM書き込み対応5インチドライブというと、一昔前はPanasonicと日立LGくらいしかなく、しかもその2メーカーで仕様的に差別化されていたことから(カートリッジの有無)
ユーザーサイドから見ると、使う上であまり迷うことはありませんでした。(殻が必要なら松下、そうでなければ日立LG)

しかしここ最近は各社からRAM対応ドライブが販売されていて、まともに品質テスト可能なドライブも登場。


ドライブはどこのメーカーがいいのか?
メディアはどこのメーカーがいいのか?


といったことで、いろいろと興味がわいてきます。
DVD-RAMのエラー計測は意味があるのか?とう声もありますが、ここではその辺あまり深く考えず、まずはやってみることにします。

各種条件等は、

ライティングソフトは、Nero CD-DVD Speed 4.10
書き込み速度はMAXで、ベリファイは行わない設定にする。
書き込み完了したら、Nero CD-DVD Speed 4.10 + LITE-ON SHM-165P6S でディスク品質テストを実行する。
このときの読み速度は、5倍速メディアのときは5倍速で、3倍速メディアのときは3倍速。

です。
※エラー計測には、東芝サムスン SD-M1912も併用する予定でしたが、あまりにエラーが多くまともに品質テストできているとは思えない結果になったので、SHM-165P6S のみ使用しています。


すべてのドライブでまっさらなメディアを使いたいので、各メディア10枚づつ新規購入。(計30枚)
金額的に、牛版DVR-110D 3台 ≒ ↑のDVD-RAMメディア!です。



書き込みに使用したドライブ
ついでにマウント時間も載せておきます
メーカー ドライブ名 ファーム
ウェア
記録済みDVD-RAM
マウント時間
Nero CD-DVD
Speed のディスク
品質テストで
RAMが動くか?
補足
maxell
5倍速RAM
メディア
Panasonic
5倍速RAM
メディア
Panasonic LF-M821JD A101 36秒 36秒 動かない
日立LG GSA-4167B DJ12 26秒 22秒 動かない バッファロー販売のものを使用
TEAC DV-W516E 1.0D 23秒 24秒 動かない 2005年6月製造品(黒ベゼル品)
Pioneer DVR-A10-J
※元ハードは
DVR-110D
1.37 24秒 27秒 動かない DVR-110D を DVR-110化したもの
Pioneer DVR-A10-J
(純正品)
1.37 25秒 27秒 動かない 純正A10-J
NEC ND-4550A 1.27 47秒 38秒 動かない アイオーデータ販売のもの
LITE-ON SHM-165P6S MS0A 20秒 22秒 動く

※マウント時間の確認には、MountTime Checker を使用しています。
※今回は使用しませんでしたが、A10-J + DVDINFOPro の組み合わせでもRAMの品質テストは可能です。





■使用したメディア、検証時環境

maxell 5倍速RAMメディア (日本製)



Panasonoc 5倍速RAMメディア (日本製)



Optodisc 3倍速RAMメディア (台湾製)



検証時環境
マザーボード intel D865PERLK(865PEチップセットインテル純正品)
OS Windows2000 Professional + SP4
CPU Celeron 2.6GHz(FSB400)
メモリ PC3200 BULK(SAMSUNG) 256MB × 2
ビデオカード RADEON 9500(64MB)
サウンドカード オンボードのものを使用
FDドライブ 不明
SATA HDD Seagate ST3160827AS (160GB)
プライマリマスター PLEXTOR PX-716A
プライマリスレーブ none
セカンダリマスター BenQ DW1640
セカンダリスレーブ ここをいろいろ繋ぎ変えてます
PCケース ソルダム MT-PRO1300(白 400W)
※電源はAcBel 400W に交換



CD-R実験室トップ
DVD-RAM検証トップ maxell 5倍速RAMメディア Panasonic 5倍速RAMメディア
Optodisc 3倍速RAMメディア その他の検証