■RiTEKのDVD+R DLメディア検証ページ - 2004年9月20日更新 -

(国内では)三菱化学に続いて登場したDVD+R DLメディア(RiTEK製)の検証ページです。
メディアの情報は こちら を参照。


パッケージ外観
おなじみのAll-Waysから登場


レーベル面
銀色無地です。
(記録面はうまく撮影できませんでしたが、濃い目の紫色)



〜 各種ドライブでのDVD-Video書き込み結果 〜
使用ドライブ ファームウェア ライティングソフト 書き込み速度 書き込み結果 用意した
ファイル容量
初期型PlayStation2
(SCPH-10000) での再生
SONY
DRU-700A
VY06 nero 6.3.1.20 2.4倍速 無事成功 約7.93GB ディスク外周エリアが再生できない
日立LG
GSA-4120B
※日立版
A110 nero 6.3.1.20 2.4倍速 無事成功 約7.93GB ディスク外周エリアが再生できない
NEC
ND-3500A
2.27 nero 6.3.1.20 2.4倍速 書き込み開始と
同時にエラー
約7.94GB -
BenQ
DW1620
B7H9 nero 6.3.1.20 2.4倍速 無事成功 約7.94GB ディスク外周エリアが再生できない
Pioneer
DVR-A08-J
※銀ベゼル
1.14 nero 6.3.1.20 2.4倍速
※4倍速は選択できない
途中で焼きミス 約7.94GB -
Pioneer
DVR-A08-J
※銀ベゼル
1.14 nero 6.3.1.20 2.4倍速
※4倍速は選択できない
無事成功 約7.94GB マウントできない


【各種補足事項】

ここで使用した日立LG GSA-4120Bは、I-O DATAのDVR-ABH12W (GSA-4120B) に、バッファロー配布のDVSM-D5812FB (GSA-4120B) 用のファームA110を入れたものです。
この場合、DVD+R DLに関してはROM化の設定変更ができず、問答無用で強制的にROM化されます。(DVD+RはROM化されない)
ファーム2.27のNEC ND-3500AはRiTEKのDLメディアを全く受け付けないので、どうしようもありません。(今後のファームアップに期待)
DRU-700Aで焼いたのはひどい焼きムラが発生してしまってます。(外周の変色があまりに薄すぎ)
DVR-A08-J では、1枚目は途中で焼きミスしてしまったので、2枚試しています。(2枚目は無事書き込み完了)
ファームウェアは、いずれのドライブも検証時で最新のものです。
ライティングソフトは初めRecordNow! 7.21を使う予定でしたが、なぜか作成したDVD-Videoファイルを受け付けてくれないので、nero6を使ってます。
※しかしなぜRecordNow! 7.21ではDVD-Videoファイルを受け付けてくれないか不明。ピクセラ PIX-MPTV/P4WでキャプチャーしたMPEGファイルを、Ulead DVD MovieWriter 3 SEで普通にオーサリングしたものですが・・・(←B's7.20でも受け付けてくれます)
その後別のMPEGファイル(ピクセラ PIX-MPTV/P4Wでキャプチャーしたもの)を同じくUlead DVD MovieWriter 3 SEでオーサリングしたものはRecordNow! 7.21で受け付けてくれたりするので、よく分かりません。ちょっとその辺勉強中(^^;

A08-J の1枚目は途中で焼きミスしてしまいました。




■計測結果

PlexTools Professional 設定 (測定ドライブはPX-712A Firm 1.05)
PI/PO テスト  テスト時間 → 速度1(高精度測定)
 SUM8 Test


KProbe 2.4.2 設定
Remove the spike  チェックする


各種設定等補足
測定ドライブ 計測ソフト ECC 測定速度
SONY DRU-700A KProbe 2.4.2 PI=8 / PIF=1 4倍速 CLV
PLEXTOR PX-712A PlexTools Professional
2.16A
8 2倍速 CLV







SONY DRU-700A で書き込みしたディスクの計測結果
POF = 2
※計測が途中で止まってしまってます。POFも若干ながらカウント。
ちょうど半分のところで測定が止まってしまいました。
そのため、↑の(KProbeの)グラフには後半レイヤは含まれていません。





日立LG GSA-4120B で書き込みしたディスクの計測結果
POF = 1095
※計測が途中でとまってしまってます。グラフでは目立たないですがPOFが1095もカウント。





BenQ DW1620 で書き込みしたディスクの計測結果
POF = 0





Pioneer DVR-A08-J で書き込みしたディスクの計測結果
P X - 7 1 2 A で マ ウ ン ト で き な い !



見ての通り、かなり悪いです。
この中ではBenQ DW1620が一番まともですが、PlexToolsではMAX値が1000近くまでいっているので、安心して使うにはちょっと無理があります。(ただ、DRU-700A + KProbeでは比較的いい結果なので、読むドライブによってはまともに使えそうですが)
その他のドライブではまるでだめで、とても実用レベルで使えるものではなさそうです。
まだ出たばかりのメディアなので、今後のファームアップに期待!




■結論

今後、ファームウェアのアップデート等によってどんどんよくなっていくとは思いますが、少なくともメディア登場時の状況では、


DVD+R DLメディアは、三菱化学1択!


ということで・・・
値段的にも三菱より少し安いだけなので、RICOHメディア登場までは三菱を使うのがどう見ても正解かと思います。




トップへ