■ROM化できないND-2510A

DOS/V POWER REPORT 2004年8月号に


国内正規代理店版のNEC ND-2510A でDVD+R DLメディアを焼くとROM化されるが、
並行輸入版のNEC ND-2510A でDVD+R DLメディアを焼くとROM化されない。


という内容の記事が掲載されていました。
非常に興味深い内容なので、正規代理店版のND-2510Aと並行輸入版のND-2510A(計2台!)を思い切って購入して、実際に調べてみようと思います。

こちら も参照。



今回購入したND-2510Aの特徴
購入したドライブ 製造国表記 ファームウェア シリアルナンバー 製造時期 ベゼルのロゴ 本体色
ユートビアが扱っているND-2510A
(ドライブに正規代理店のシールが
貼り付けられているもの)
MALAYSIA 2.15 45S1Q64S111 2004年5月 DVD+R
(1層用)
並行輸入版のND-2510A MALAYSIA 2.15 45KB235S111 2004年5月 DVD+R DL
(2層用)


とりあえず、ファームウェアのバージョンはどちらも同じでした。
そこで、危険兄弟のホームページ http://tdb.rpc1.org/ でダウンロードできる NEC2X00A.EXE で両ドライブのファームを吸い上げ、比較してみましたが、


違いはありません。

両者は同じものに見えますがはたして・・・?




■ドライブ情報(続き)

正規代理店版 NEC ND-2510A の製品ラベル。ユートビアのシールが貼られています。
内蔵が 内臓 に・・・(ToT)



並行輸入版の ND-2510A の製品ラベル。代理店を示すシールはなし。





正規代理店版 NEC ND-2510A のDVDINFOPro 2.54 での情報



並行輸入版 NEC ND-2510A のDVDINFOPro 2.54 での情報

ファームウェアのバージョンは同じで、Extra Info も同じです。(シリアル以外は同じ)

ここまでくると、正規代理店版も並行輸入版も差がないように見えますが、まずは実際に焼いて確認してみましょう。




■実際に書き込みを行ってみる

メディアは三菱化学の2.4倍速DVD+R DLメディア
ライティングソフトは、B's Recorder GOLD 7.19
ソースは、DVD-Videoデータ約7.94GB

書き込み完了後のDVDINFOPro 2.54 での情報は以下の通り。



正規代理店版 NEC ND-2510A で書き込んだもの
BookTypeは DVD-ROM



並行輸入版 NEC ND-2510A で書き込んだもの
BookTypeは DVD+R DL


ということで、書き込み後のディスクを見ると、正規代理店版と並行輸入版で差が出ています。
その他、PX-712A (Firm 1.02) へのマウントでも、正規代理店ので焼いたものはマウントできますが、並行輸入版ので焼いたものはマウントできないので、正規代理店の方だけROM化されている、ということで間違いなさそうです。

危険兄弟の NEC2X00A.EXE で吸い上げたファームは同じでしたが・・・




■追加検証

I-O DATAの DVR-ABN8W (= ND-2510A) はDVD+R DLメディアを強制的にROM化するので、DVR-ABN8Wから危険兄弟の NEC2X00A.EXE でファーム2.04を吸い上げ、それを今回購入した並行輸入版のND-2510Aに入れてみました。
そのときのドライブ情報は以下の通り。




シリアルナンバーは同じなので、ドライブ自体は紛れもなくROM化できなかった並行輸入版のND-2510Aです。
今度はこのファームの状態で、B's7.19でDVD-Videoを焼いてみます。



はたして Book Type はどうなったのか!?