CD-R実験室トップ
Pioneer DVR-S12J トップ ドライブ情報等 CD関連の各種性能 CD関連のベンチマーク
各種速度でのDVD-R書き込みグラフ DVD関連のベンチマーク
MB 4倍速DVD-R TYG02系 MXL RG03系 各種森メディア 誘電8倍速DVD+R
その他8倍速DVD-R 16倍速DVD±R 2層メディア


■Pioneer DVR-S12J - 2007年6月3日更新 - 

バルク版、OEM版の DVR-212 はかなり前に発売になったものの、いつもの純正版は未販売状態。
ひょっとして純正版は発売されないのか!?とも思い始めましたが、忘れた頃になってようやくSATA純正版 DVR-S12J が発売になりました。
(黒のみ先行販売で、銀は発売予定なし)


Pioneer DVR-S12J
Pioneer DVR-S12J
おなじみのピアノブラックな純正版です。
登場時の価格は1万1千円前後と、今時のドライブにしては少々お高め。
- 公式サイト -
- 代理店 -
AKIBA PC Hotline!
ASCII.jp


すでにバルク版、OEM版が発売されていて、性能等は大体予想がつきますが、実際調べてみても予想通りです。

メインチップはネイティブSATAの証である NEC MC-10042 が搭載。
ベゼルデザインはPATAの DVR-A12J と同じで、前から見る分には区別が付かない。
DVD±R 6倍速書き込み対応。
ドライブ本体に静音の処理が施されている & DVD-Video再生時は自動的に回転数が落とされる等、静音性を意識した作りになっている。
DVD±R 8倍速書き込み、DVD±R 12倍速書き込みは、メディアによって Z-CLV になったり、P-CAV になったりと、差別化されている。(TYG02はZ-CLV で、TYG03はP-CAV 等)
Nero CD-DVD Speed のディスク品質テストで一応動作可能。
ただし、速度制御ができないということもあり、あまり期待しないほうがいいかもしれない。
(LITE-ON等では可能な、Jitter計測も不可)
EACで設定するオフセット値はいつものPioneer通りで、読み(+18) 書き(+48)
EACでは、CDRDAOを経由してもしなくても書き込み可能。(ただし、CDRDAOを経由すると先頭48サンプルが0で補完されてしまうので、経由しない方を推奨)
読みの方は残念ながらディスク終端18サンプルを読めない。
CD Manipulatorでも普通に書き込み可能。(通常版、Fix版、どちらも可能)
BookTypeの設定変更はできない。
1層DVD+R はBookTypeそのままで、2層DVD+R は強制的にROM化される。
記録済みDVD-Rの読み速度が速くない。(12.5倍速くらいしか出ない)
読み速度の変更はできないものの、各種音楽ディスクの読みは比較的いい部類に入る。
DVD-R版DiscT@2が可能。
トレイの色は黒。
暁のラブレターでは今まで同様、やや微妙な結果になる。
ピュアリードなる、音楽CDリッピングに効果ありそうなモードを新たに搭載。ただしエラー入りCDS200ディスク等ではかえって逆効果になってしまうので、とりあえず使っておけばいい、というものでもなさそう。(詳細後述)


112で話題になったCD-R不具合は気になるところですが、DVD-R焼きに関してはやはりPioneerはいいなぁというのが正直なところで、8倍速 Z-CLV 書き込みでも、Z-CLV の欠点があまり見えないいい焼きをしてくれます。(メディアにもよりますが)

すでに発売済みのバルク版 DVR-212、バッファロー版 DVR-212 との違いは大体以下の通り。

純正版
DVR-S12J
(DVR-212L)
バルク版
DVR-212
バッファロー版
DVR-212
 フロントベゼル オリジナルデザイン 普通のデザイン 普通のデザイン
 LabelFlash 対応 非対応 非対応
 DVD版DiscT@2 対応 非対応 非対応
 PURE READ 対応 非対応 非対応
 パイオニアドライブユーティリティ 対応 非対応 非対応
 1層DVD+R ROM化 ROM化されない ROM化されない ROM化される
 2層DVD+R ROM化 ※参考 ROM化される ROM化される ROM化される
 トレイの色 アイボリー or 黒 アイボリー or 黒

※LabelFlash、DVD版DiscT@2については、純正版との差というよりは、型番に "L" が付くか付かないかの差ということになると思います。
※トレイの色は、バルク版とバッファロー版はアイボリーも存在しますが、純正版はすべて黒(のはず)です。




■Pioneer DVR-S12J の主な特徴等 ※確認時のファームウェアは 1.21

調査項目 結果(内容) 補足説明 (なんで調べているか?等)
ベンダーID PIONEER
プロダクトID DVD-RW DVR-212L
メインチップ MC-10042
購入時ファームウェア 1.21
製造国表示 CHINA
排気ファン なし
5V定格 1.8A
12V定格 1.1A
ヘッドホン端子 なし
付属のブランクメディア LabelFlash対応メディア
付属ソフト パイニアドライブユーティリティ 1.11
CyberLink Medi@Show 3.0.0.3729
CyberLink PowerDVD 7.0
CyberLink Power2Go 5.50.2916
CyberLink PowerProducer 3.07.3816
CyberLink PowerDirector 5.00.2609a
CyberLink PowerBackup 2.50.2702
CyberLink LabelPrint 2.00.1415

↑はインストールしてバージョン確認
その他InstantBurnが付属 (InstantBurnは未インストール)
Exact Audio Copy での
Read sample offset correction
+18サンプル
Exact Audio Copy での
Write samples offset
+48サンプル
Exact Audio Copy での
Combined read/write sample offset correction
+66サンプル
Exact Audio Copy での
Overread into Lead-In and Lead-Out
非対応という判定結果
音楽CDリッピング可能領域 ディスク終端18サンプルを読めない
音楽CD書き込み可能領域 Exact Audio Copy を使い、"Write samples offset" を "+48" に設定することで、位置ずれ、データの書き漏らしのない完璧な音楽CD作成が可能 CDRDAO経由なしの設定にする必要があります
※CDRDAO経由のオプションは、「EAC」 → 「書き込み」 タブのところにあります
エラー入りCDS200系ディスク
(通称コピーコントロールCD)
の読み
認識、読み共に良好
NeroDriveSpeed での速度制御 CD、DVDともに制御不可
ただし、付属のパイオニアドライブユーティリティを使うことで速度を落とすことは可能
Nero DriveSpeed 3.0.11.1 にて確認
CD-Rオーバーバーン Nero CD-DVD Speed 4.7.5.0 でのシミュレーションでは、82分48秒くらいまで可能という判定結果
DVD+Rオーバーバーン 非対応
1層DVD+R ROM化 できない Nero CD-DVD Speed 4.7.5.0にて確認
2層DVD+R ROM化 強制的にROM化される Nero CD-DVD Speed 4.7.5.0にて確認
DVD+RW ROM化 できない Nero 7.9.6.0 にて確認
Exact Audio Copy での読み書き 読み → 可能
書き → 可能
CDRDAO経由しなくても書き込み可能です
※CDRDAO経由のオプションは、「EAC」 → 「書き込み」 タブのところにあります
CD Manipulator 2.70 での読み書き 読み → 可能
書き → 可能
CD-R最低書き込み速度 4倍速
フルCLVでのCD-R書き込み最高速度 16倍速
フルCLVでのDVD-R/DVD+R書き込み最高速度 1層は6倍速
2層は詳細未確認
ROM化したDVD+R、DVD+R DLディスクの認識 DVD+R、DVD+R DL共に本来のBookTypeで認識 なんでこんなことを調べているかというと、ドライブによってはROM化したディスクをROM化していないと判断してしまったり、逆にROM化していないのにROM化したかのように処理してしまうことがあるからです。(DVR-S12J はBookTypeの判別ドライブとして正常に使用可能)
(作り間違えた)
ルクセンブルクTDK8倍速メディアの認識
TTG02 詳細はこちら を参照
保証 1年
トレイの色
搭載バッファ容量 2MB
データ転送速度 PIOモード 4
MultiWord DMA-2
Ultra DMA-4
ドライブのLEDとマザーボードHDDのLEDは同期するか? 書き込み中はドライブのLED、HDDのLEDともに点灯しっぱなし
MediaCodeSpeedEdit でのファームウェア情報 -
Nero CD-DVD Speed のディスク品質テストで動作するか? 一応動作可能
暁のラブレター書き込み能力 微妙に嫌な感じになる aiko/暁のラブレターは、書き込みのとき問題が出やすいという特殊データが入っている音楽ディスクです。
こちら を参照。
購入時ジャンパー位置 -


■トレイの色

一応載せておきますが、いつものように黒です。



■DVD-Video再生はうるさくはない

最低で12倍速と表示されますが、DVD-Video再生時はアドバンスド静音ファームウェアが働くのでうるさくはないです。
(付属ツールで、最初から回転数を落とすことも可能)


■Nero CD-DVD Speed 4.7.5.0 での謎のメッセージ

AD-7173S、GSA-H62N のときもそうでしたが、DVR-S12J になんらかのメディアをマウントさせた状態で Nero CD-DVD Speed 4.7.5.0 からアクセスすると、下のようなメッセージが出るときがあります。


よくわかりませんが、Nero CD-DVD Speed 4.7.0.4 だと出ないので、あまり深く気にしないということで。


■PURE READ について

付属のドライブユーティリティ でPURE READ なる音楽CDリッピング時に影響がありそうなモードが搭載されてますが、意図的にエラーが混入されているCDS200系ディスク(コピーコントロールCD)の場合、パーフェクトモードに設定すると逆効果になります。(読み取りエラーが発生した箇所で、音が飛んでしまう)


ディスクにもよりますが、PURE READは使えば絶対よくなるというものではなく、特に問題ないときは標準モードで使うのがよさそうな気がします。
意図的にエラーが混入されているCDS200系ディスクでは、マスターモードと標準モードでは同じWAVEファイルができるので、この機能を使うならまずマスターモードを試すのがいいかもしれません。


CDS200.0.4ディスクをパーフェクトモードでリッピングしたときのログ(EAC使用)
CDS200.0.4ディスクをマスターモードでリッピングしたときのログ(EAC使用)
CDS200.0.4ディスクを標準モードでリッピングしたときのログ(EAC使用)


パーフェクトモードでは、"疑いのある位置" のところが一瞬無音になってしまい、とてもまともには聞けないレベルのWAVEファイルなってしまいます。
マスターモードでは "時間的問題" が出ますが、標準モードで吸い上げたWAVEファイルとバイナリ一致しているので、実害は出てないです。
※あくまでエラー入りCDS200系ディスクを使った場合の結果で、普通の音楽CDでキズ等が多いのなんかは、また違った結果になるかもしれません。


■DVD版DiscT@2

付属の LabelPrint だと最後の段階で 「RPCサーバーを利用できません」 と言われて実行できなかったので、Nero 7.9.6.0 を使用しています。


太陽誘電8倍速DVD-Rメディアに、ある程度記録してファイナライズしたものを使用
T@2できる領域はいつものように自動検出されてます。


完成図
相変わらずメーカーは宣伝しませんが、普通のDVD-Rの記録面に描画できます。


■半田クズ

これくらいならまだいいのですが、


これちょっと気になります。
C193の下に、かなりでっかい半田クズが・・・
軽くつっついたら、ポロッと取れました。


■開けてもわからない?

掲示板で少し話題になったので触れておきますが、Pioneerリテールパッケージは梱包に少々難ありで、仮に流通段階のどこかで開封されてたとしても、その辺判断しにくいです。(勝手に開封とかしている人はいないと信じたいですが、やはりちょっと気にはなるところです)
しかも、ドライブを入れている袋とかもテープで止めたりしていないので、悪意のあるショップだと開封しても新品で売ったりとか出来てしまいます。
Pioneerではないのですが、私は以前ショップ側で開封した、取材で使用したドライブを新品として掴まされたことあります。ショップ側はばれないと思ったのか?なにくわぬ顔して販売してましたが、自宅に戻ってチェックしたらこれは変だと。
その辺を指摘したら、ショップ側でもそのことを認め、新品に交換してもらった、なんてこともありました。



Pioneerのは、こんな感じで封印されてません。


PLEXTORは理想的な梱包形態。
箱を開けたらそのことが一発でわかるようになってます。


保証書は外箱に印刷する等して、もう少し梱包にも気を使って欲しいところです。
ソフマップ(大宮)とかだと、透明粘着テープを貼ってたりしますが、あれはあれで少し嫌なところがあるので、やはりメーカー側でしっかり封印して欲しいところ。


■箱

箱1 箱2 箱3 箱4 箱5


■各種DVDメディアの選択できる書き込み速度 & 書き込み方式について ※ファーム 1.21時

メディア 20x 18x 16x 12x 8x 6x 4x 2x
太陽誘電 16倍速DVD-Rメディア
TYG03
×
-
CAV
CAV
P-CAV
P-CAV
CLV
CLV
×
-
太陽誘電 8倍速DVD-Rメディア
TYG02
×
-
×
-
×
-
6x-8x-12x
Z-CLV
6x-8x
Z-CLV
CLV
CLV
×
-

特にこれといってありません。今までと同じで、12倍速、8倍速書き込みは(メディアよって)書き込み方式が差別化されています。


■各種ディスクのマウント時間 ※ファーム 1.21時

記録済みディスクは MountTime_Checker で。ブランクディスクと通常の音楽CDは Nero CD-DVD Speed を起動させておいて、 「ディスク種類」 のところの表示されるまでの時間を計測しています。

ディスク種類 マウント時間 ディスク種類 マウント時間
ブランクDVD-Rメディア
(TYG02)
22秒 記録済みCD-Rメディア
(太陽誘電48倍速CD-Rメディア)
16秒
記録済みDVD-Rメディア
(TYG02)
18秒 普通の音楽CD 16秒
ブランクDVD+R DLメディア
(MKM001)
28秒 プレス2層DVD-Video (CSS) 15秒
記録済みDVD+R DLメディア
(MKM001)
23秒 記録済みDVD-RAMメディア
(maxell 5倍速DVD-RAM)
24秒
ブランクCD-Rメディア
(太陽誘電48倍速CD-Rメディア)
20秒 記録済みDVD-RAMメディア
(maxell 12倍速DVD-RAM)
33秒

バルク版 DVR-212 とよく似ています。全体的には標準レベル。


■今回使用しているソフト等

【焼き関連で使用しているソフト】
Nero CD-DVD Speed 4.7.5.0
Nero DriveSpeed 3.0.11.1
Nero InfoTool 4.4.1.0
PlexToolsProfessional LE 3.12
PxScan 1.7.12
PxView 1.12.6
Exact Audio Copy V0.95 beta 4
CD Manipulator 2.70 & Fix7
Nero7.9.6.0
DVDINFOPro 4.634
MountTime_Checker
CD-Ripper
WaveCompare
wnaspi32.dll (nero)
※CD-Ripper等、ASPI が原因で動作しないソフトの場合、wnaspi32.dll を *.exe と同じフォルダに入れてやると(大抵)正常動作します。

【ここで使用しているPxScan 用バッチファイル、PxView 用config.ini】
PIE/Beta/Jitter用バッチファイル
PIE/Beta/Jitter用 config.ini
TA 用バッチファイル(デフォルト3エリア)
TA 用バッチファイル(外周を指定したもの)
TA 用 config.ini
バッチファイルの中の6桁の数値は、PLEXTORドライブ のシリアルナンバーです。(使用するドライブの S/N に書き換える必要あり)

【画像関係で使用しているソフト】
ホームページビルダー2001に付属のウェブアート デザイナー (*.png、*.jpeg 変換)
OPTPiX webDesigner 3.20.07 (画像切抜き、その他)


■各種エラー計測グラフの見方がわからない!

説明ページ


CD-R実験室トップ
Pioneer DVR-S12J トップ ドライブ情報等 CD関連の各種性能 CD関連のベンチマーク
各種速度でのDVD-R書き込みグラフ DVD関連のベンチマーク
MB 4倍速DVD-R TYG02系 MXL RG03系 各種森メディア 誘電8倍速DVD+R
その他8倍速DVD-R 16倍速DVD±R 2層メディア