CD-R実験室トップ
Pioneer DVR-S15J トップ ドライブ情報等 CD関連の各種性能 CD関連のベンチマーク
DVD-R 書き込みグラフ DVD関連のベンチマーク 8倍速DVD-R (1/2) 8倍速DVD-R (2/2)
16倍速DVD-R DVD+R CD関連の読み書きは本当に大丈夫なのか? 各種CD-R エラーチェック


■Pioneer DVR-S15J  - 2008年1月11日更新 - 

すでにバルク版は購入済みで、基本的な性能等は判明していますが、バルク版が予想以上に爆音仕様のためリテール版も購入。
改めて一通り調べたので、一応まとめておこうと思います。


Pioneer DVR-S15J
Pioneer DVR-S15J
予想通りの性能のPioneerドライブです。
(問題なのは発売直後の値段くらい?)
- 公式サイト -
AKIBA PC Hotline!
ASCII.jp


※一部バルク版のコピペです。

メインチップは、DVR-S12J と同じもの(MC-10042)が搭載。
性能的なことは DVR-S12J とそっくりで、買い換えるメリットはあまりないかもしれません。
バルク版と比べて静音設計。実際かなり違います。
バルク版はTYG03等の高速メディアをマウントさせると非常にうるさいですが、リテール版(本ドライブは)個人的には許容範囲の動作音。
DVD±R 8倍速書き込み、DVD±R 12倍速書き込みは、メディアによって Z-CLV になったり、P-CAV になったりするのは、バルク版 DVR-215 と同様。
DVD±R 6倍速書き込みは今まで通り可能。
20倍速ストラテジが追加されたメディアについては、18倍速ストラテジが削除されてしまっている。
電源の仕様が DVR-S12J よりも少し厳しくなった。
 DVR-S12J → 5V = 1.8A、12V = 1.1A
 DVR-S15J → 5V = 2.1A、12V = 1.4A
バルク版と違い、Labelflash、DVD版DiscT@2、PureRead、PowerRead といった機能が搭載。
(ただ、いずれも特別欲しい機能でもないですが)
S12J のときには付属していた、Labelflash 対応メディアが付属しなくなった。
付属のパイオニアドライブユーティリティで、リード時のメディアの回転数を落とすことが可能。(バルク版では不可)
記録したDVD-R の読み速度が16倍速出るようになった。(DVR-S12J は12.5倍速)
各種音楽ディスクの読み性能は比較的よく、エラー入りCDS200系ディスク等でも複数回リッピングしてもバイナリ一致 & 音飛びはなし。
ただし、パイオニアドライブユーティリティでパーフェクトモードにするとかえって悪くなる点には注意。
EACで設定するオフセット値は、DVR-S12J と同じで、読み(+18) 書き(+48)
EACでは、CDRDAOを経由してもしなくても書き込み可能。(ただし、CDRDAOを経由すると先頭48サンプルが0で補完されてしまうので、経由しない方を推奨)
CDRDAOを経由しないで書き込めば、用意したWAVEファイルを書き漏らすことなく音楽CD作成が可能です。
読みの方は、ディスク終端18サンプルを読めない。
ROM化関連は、1層DVD+RはROM化されずBookTypeそのままで、2層DVD+Rは強制的にROM化される。
CD Manipulator 2.70 では通常版で書き込み可能。
暁のラブレターでは今まで同様、やや微妙な結果になる。



あと、前に掲示板で話題になった気がするので、開封直後の状態を載せておきます。


少し見にくいですが、フロント部はしっかりマスキングされてます。


CD関連に関しては、購入直後はさすがに全然問題なさそうです。
(ただ、12系ドライブのCD不具合は時限式が多かったので、今後使ってみないとなんともいえないところはありますが)





バルク版との違いは、大体以下の通り。

純正版
DVR-S15J
(DVR-215L)
バルク版
DVR-215
 フロントベゼル オリジナルデザイン 普通のデザイン
 LabelFlash 対応 非対応
 DVD版DiscT@2 対応 非対応
 PURE READ 対応 非対応
 パイオニアドライブユーティリティ 対応 非対応
 1層DVD+R ROM化 ※参考 ROM化されない ROM化されない
 2層DVD+R ROM化 ※参考 ROM化される ROM化される




■Pioneer DVR-S15J の主な特徴等 ※確認時のファームウェアは 1.14

調査項目 結果(内容) 補足説明 (なんで調べているか?等)
ベンダーID PIONEER
プロダクトID DVD-RW DVR-215L DVR-S15J ではなく DVR-215L です
メインチップ MC-10042
購入時ファームウェア 1.14
製造国表示 CHINA
排気ファン なし
5V定格 2.1A DVR-212 は 1.8A
12V定格 1.4A DVR-212 は 1.1A
ヘッドホン端子 なし
付属のブランクメディア なし 今回はブランクメディア付属していませんでした
付属ソフト パイオニアドライブユーティリティ 1.12
PowerDVD 7.0.3320
Power2Go 5.50.3430
PowerBackup 2.50.3327
PowerDirector Express 5.00.2730b SEP
PowerProducer 3.07.4303a
InstantBurn 5.3004
LabelPrint 2.0.2208
Exact Audio Copy での
Read sample offset correction
+18サンプル
Exact Audio Copy での
Write samples offset
+48サンプル
Exact Audio Copy での
Combined read/write sample offset correction
+66サンプル
Exact Audio Copy での
Overread into Lead-In and Lead-Out
非対応という判定結果
音楽CDリッピング可能領域 ディスク終端18サンプルを読めない
音楽CD書き込み可能領域 Exact Audio Copy を使い、"Write samples offset" を "+48" に設定することで、位置ずれ、データの書き漏らしのない完璧な音楽CD作成が可能 CDRDAO経由なしの設定にする必要があります
※CDRDAO経由のオプションは、「EAC」 → 「書き込み」 タブのところにあります
エラー入りCDS200系ディスク
(通称コピーコントロールCD)
の読み
認識、読み共に良好
NeroDriveSpeed での速度制御 付属のパイオニアドライブユーティリティでは速度を落とすことが可能 (Nero DriveSpeed では不可)
CD-Rオーバーバーン Nero DiscSpeed 4.9.0.0 でのシミュレーションでは、82分43秒くらいまで可能という判定結果
DVD+Rオーバーバーン 非対応
1層DVD+R ROM化 RO化はされない Nero DiscSpeed 4.9.0.0にて確認
2層DVD+R ROM化 強制的にROM化される Nero DiscSpeed 4.9.0.0にて確認
DVD+RW ROM化 BookType設定変更不可 Nero DiscSpeed 4.9.0.0にて確認
Exact Audio Copy での読み書き 読み → 可能
書き → 可能
CDRDAO経由してもしなくても書き込み可能です
※CDRDAO経由のオプションは、「EAC」 → 「書き込み」 タブのところにあります
CD Manipulator 2.70 での読み書き 読み → 可能
書き → 可能
Fix版でなく、通常版ので可能です
CD-R最低書き込み速度 4倍速
フルCLVでのCD-R書き込み最高速度 16倍速
フルCLVでのDVD-R/DVD+R書き込み最高速度 1層は6倍速
2層は詳細未確認
ROM化したDVD+R、DVD+R DLディスクの認識 DVD+R、DVD+R DL共に本来のBookTypeで認識 なんでこんなことを調べているかというと、ドライブによってはROM化したディスクをROM化していないと判断してしまったり、逆にROM化していないのにROM化したかのように処理してしまうことがあるからです。(DVR-S15J はBookTypeの判別ドライブとして正常に使用可能)
(作り間違えた)
ルクセンブルクTDK8倍速メディアの認識
TTG02 詳細はこちら を参照
保証 1年
トレイの色
搭載バッファ容量 2MB
データ転送速度 PIOモード 4
MultiWord DMA-2
Ultra DMA-4
ドライブのLEDとマザーボードHDDのLEDは同期するか? 書き込み中はドライブのLED、HDDのLEDともに点灯しっぱなし
MediaCodeSpeedEdit でのファームウェア情報 -
Nero CD-DVD Speed のディスク品質テストで動作するか? 動作しない NeroDiscSpeed 4.9.0.0 で確認する限りではできません。(旧バージョンのNero CD-DVD Speed では未確認)
暁のラブレター書き込み能力 微妙に嫌な感じになる aiko/暁のラブレターは、書き込みのとき問題が出やすいという特殊データが入っている音楽ディスクです。
こちら を参照。
購入時ジャンパー位置 -


■トレイの色

いつもの通り黒です。


■(CSS) DVD-Video再生はうるさくはない

Nero DriveSpeed だと↑のように速度制御ができませんが、パイオニアドライブ
ユーティリティで制御していればうるさくはないです。


■DVD版 DiscT@2

CD-R へは残念ながら今回もできませんが、いつものようにDVD版DiscT@2は可能です。(パイオニアはこの機能を宣伝していませんが)
ただ付属の LabelPrint では 「RPCサーバーを利用できません」 となってしまったので(オフライン専用PCです)
Nero 8.1.1.4 を使用しています。


TYG02に約2GB記録した状態ですが、描画できる領域は自動検出されてます。


仕上がりはこんな感じ。今までと同じです。





わざわざ専用メディアを使わなくても、お絵かきできます。

■PURE READ

DVR-S12J に引き続いて PURE READ が実装されていますが、同じような検証をしてみます。
やり方としては、エラー入りCDS200系ディスクをEACのバーストモードでリッピングし、PURE READ の各モードで差が出るか?といったことをやってみます。


- 各種モードの説明 -


パーフェクトモードでは S12J と同様、リッピング時に 「疑いのある位置」 が大量に出て、吸い上げたWAVEファイルは音飛びまくりです。
マスターモードでは今回は問題が出す、普通にリッピング完了。
標準モードでも普通に完了します。
バイナリ比較でも、マスターモードと標準モードでリッピングしたものは一致していて、音飛びもないので、PURE READを使うにしてまずはマスターモードを使うのが、一番無難な気がします。


CDS200.0.4ディスクをパーフェクトモードでリッピングしたときのログ(EAC使用)
CDS200.0.4ディスクをマスターモードでリッピングしたときのログ(EAC使用)
CDS200.0.4ディスクを標準モードでリッピングしたときのログ(EAC使用)


■付属ソフト

PowerDVD 7.0.3320
PowerDirector Express 5.00.2730b SEP
Power2Go 5.50.3430
PowerProducer 3.07.4303a
PowerBackup 2.50.3327
InstantBurn 5.3004
LabelPrint 2.0.2208
インストールするソフトは選べるようになってます。


リテール版のみ使用可能なパイオニアドライブユーティリティ。
DVR-S12J では1.11でしたが、本ドライブは1.12が付属。


■箱

箱1 箱2 箱3


■各種DVDメディアの選択できる書き込み速度 & 書き込み方式について ※ファーム 1.14時

メディア 20x 18x 16x 12x 8x 6x 4x 2x
太陽誘電 16倍速DVD-Rメディア
TYG03
CAV
×
-
CAV
P-CAV
P-CAV
CLV
CLV
×
-
太陽誘電 8倍速DVD-Rメディア
TYG02
×
-
×
-
×
-
6x-8x-12x
Z-CLV
6x-8x
Z-CLV
CLV
CLV
×
-

バルク版と同じです。


■各種ディスクのマウント時間 ※ファーム 1.14時

記録済みディスクは MountTime_Checker で。ブランクディスクと通常の音楽CDは Nero CD-DVD Speed を起動させておいて、 「ディスク種類」 のところの表示されるまでの時間を計測しています。

ディスク種類 マウント時間 ディスク種類 マウント時間
ブランクDVD-Rメディア
(TYG02)
24秒 記録済みCD-Rメディア
(太陽誘電48倍速CD-Rメディア)
17秒
記録済みDVD-Rメディア
(TYG02)
18秒 普通の音楽CD 19秒
ブランクDVD+R DLメディア
(MKM001)
29秒 プレス2層DVD-Video (CSS) 15秒
記録済みDVD+R DLメディア
(MKM001)
27秒 記録済みDVD-RAMメディア
(maxell 5倍速DVD-RAM)
28秒
ブランクCD-Rメディア
(太陽誘電48倍速CD-Rメディア)
20秒 記録済みDVD-RAMメディア
(maxell 12倍速DVD-RAM)
37秒

あまり速くないのもありますが、全体的にバルク版 DVR-215 と同じような感じです。


■今回使用しているソフト等

【焼き関連で使用しているソフト】
Nero DiscSpeed 4.9.0.0
Nero DriveSpeed 3.6.0.0
Nero InfoTool 5.1.0.0
PlexToolsProfessional LE 3.13
PxScan 1.7.12
PxView 1.12.6
Exact Audio Copy V0.95 beta 4
CD Manipulator 2.70
Nero8.1.1.4
DVDINFOPro 4.75
MountTime_Checker
CD-Ripper
WaveCompare
wnaspi32.dll (nero)
※CD-Ripper等、ASPI が原因で動作しないソフトの場合、wnaspi32.dll を *.exe と同じフォルダに入れてやると(大抵)正常動作します。

【ここで使用しているPxScan 用バッチファイル、PxView 用config.ini】
PIE/Beta/Jitter用バッチファイル
PIE/Beta/Jitter用 config.ini
TA 用バッチファイル(デフォルト3エリア)
TA 用バッチファイル(外周を指定したもの)
TA 用 config.ini
バッチファイルの中の6桁の数値は、PLEXTORドライブ のシリアルナンバーです。(使用するドライブの S/N に書き換える必要あり)

【画像関係で使用しているソフト】
ホームページビルダー2001に付属のウェブアート デザイナー (*.png、*.jpeg 変換)
OPTPiX webDesigner 3.30.03 (画像切抜き、その他)


■各種エラー計測グラフの見方がわからない!

説明ページ


CD-R実験室トップ
Pioneer DVR-S15J トップ ドライブ情報等 CD関連の各種性能 CD関連のベンチマーク
DVD-R 書き込みグラフ DVD関連のベンチマーク 8倍速DVD-R (1/2) 8倍速DVD-R (2/2)
16倍速DVD-R DVD+R CD関連の読み書きは本当に大丈夫なのか? 各種CD-R エラーチェック