■またしてもコピーコントロール銀色円盤が登場 〜 セキュア銀色円盤 (CDS300)   - 2005年8月30日更新 -

iPod がヒットして以来、徐々に姿を消しつつあるコピーコントロール音楽ディスクですが、この時期に新たなコピーコントロール銀色円盤が新発売となりました。


TOSHIBA EMI

AV Watch


発売日1日前にフライングゲット!
(とうか、それが普通ですが)



同梱の説明書き
PCでの使用に関しては、何らかの不具合が起きても、「はい、それまで!」 という仕様。



マイコンピュータから開いたところ (ファイルを全部表示しない設定)
この時点で予想がつきますが、マルチセッション形式です。



マイコンピュータから開いたところ (ファイルを全部表示する設定)
どうもCDSっぽいですが・・・



ズバリ、CDS300でした。



PlexTools + PX-716A での認識
2セッション目に謎のダミーAudioトラックがあります。
※このダミーAudioトラックが実は結構厄介な存在になることがありそうです。(ディスク単位でイメージ作成するとき等)



C1/C2 Test 結果
意図的なエラーは混入されていないようで、その点は一安心。
※通常の状態だと、トラックスキャン中に固まってしまうので、1stセッション有効のオプションを使ってます。




■各種ドライブでのリッピング結果

使用ドライブ ファームウェア 認識 リッピング
PLEXTOR
PX-716A
1.08 OK -
Pioneer
DVR-A09-J
1.57 OK すべて一致
BenQ
DW1640
BSKB OK すべて一致
日立LG
GSA-4163B
A104 OK すべて一致
Panasonic
LF-M821JD
A100 OK すべて一致
NEC
ND-3530A
3.24 OK すべて一致
東芝サムスン
SD-R5372
TU56 OK すべて一致


※リッピングした後のバイナリ確認は、PX-716A でリッピングしたWAVEファイルとの比較結果です。
※ディスクイメージではなく、トラック単位でリッピングしてます。(ディスクイメージでリップすると、ドライブによっては最後の方でほぼフリーズ状態になってしまう)
※ソフトは、Exact Audio Copy V0.95 beta 2 を使用。


CDSのバージョンが300となってますが、以前の凶悪なバージョン100のようなことはなく、ほとんどのドライブで正常に認識し、そのまま吸えてしまいます。

ただこれはトラック単位での話で、ディスク単位(1stセッション)での読みとなるとちょっと状況が変わってきます。
(ND-3530A ではイメージ作成は完了しましたが、PX-716A では最後の方でフリーズ状態)


ND-3530A でディスクイメージ作成後のメッセージ
どうやら2セッション目にさしかかっても吸いにいってしまってます。


作成されたCUEシート (ND-3530A 使用)
イメージは2セッション目まで吸ってしまっているので、このCUEでは
最後のトラックのおしりに余分なデータをくっつけてしまいます。





■2セッション目のソフトをインストールしてみる

あまり気が進みませんが、2セッション目のソフトをインストールしてみます。


「お客様の責任で」 とか言ってきますが、仕方なく 「同意する」 をクリック。



トラック単位で保存中の図。



あまり余計なものはインストールしたくありませんが、
ここまできたら待つしかないので、そのまま待ちます。



HDDに取り込まれた WMAファイル
(デフォルト設定では)ビットレートは128kbps ということで、標準的。



現在使っている携帯型音楽プレイヤーは、iriver H10 ですが、このまま転送してみました。
転送自体は正常にいきましたが、H10では残念ながら聴けず・・・




■付属のプレイヤーをインストールしていると・・・

ここまでは予想通りで、プロテクト効果はほとんどなさそう (というか、なんでこんな中途半端で不評を買いそうな銀色円盤を発売したのかと・・・) ですが、予想外のこととしては


付属のプレイヤーソフト(正確には、著作権管理ソフト)をインストール
していると、まともにリッピングできなくなる。


という現象があります。


上が正常にリッピングしたトラック1で、下が付属ソフトをインストールした状態でリッピングしたトラック1(正常に吸えてない)
冒頭部はゼロデータが並んでるのが正常ですが、変なデータが混入?されてます。



同じディスクから、同じドライブでリッピングしたWAVEを比較していますが、
付属ソフトをインストールしているとまともに吸えません。
(左側がまともに吸えてないWAVEファイル)


こんな感じで、(付属ソフトをインストールしていると)なにごともなかったかのように正常に吸えるものの、実際にはプロテクトがかけられたかのようなWAVEファイルになってしまいます。
つまり、CDS300は付属ソフトをインストールすると、「CDS300ってすごいプロテクトだな。まともにリッピングできない・・・」 ということになりますが、付属ソフトをインストールしていないと、「なにこれ?普通にリッピングできるけど?」 ということに。

付属ソフトをインストールした状態でリッピングしたWAVEファイルは、聞いてみるとあきらかに元の音と違い、とても聴けたものではありません。(音質が悪いいとかではなく、完全に別の音になってしまう)
この辺はおもしろい現象でもあるので、興味を持ってしまった場合はCDS300を買ってみてもいいかも。

※PlexToolsの1stセッション有効のオプションを使うと、この現象は起きませんでした。


【結論】
●CDS300は、付属ソフトをインストールしているか?していないかで、全然状況が違う。
●付属ソフトをインストールしていなければ、ほとんどプロテクト効果がない。
●ただし、1stセッションの(Index0込みでの)バックアップはなにかと厄介。(PlexToolsを併用すると簡単?)
●付属ソフトのアンインストーラーがしっかり同梱されているので、うっかりインストールしてしまった場合でも(多分)安心。


ということになりました。




トップへ