■セキュア銀色円盤 (セキュアCD) Part2 - 2005年9月3日更新 -

またしてもコピーコントロール銀色円盤が登場 〜 セキュア銀色円盤 では少し駆け足で調べたところがあるので、その後いろいろ気になったことも含め、改めて調べてみることにします。
使用したディスクは前回と同じです。
※なお、このページでは、セキュアCDのことをあえてセキュア銀色円盤と呼んでいます。(理由はもちろん、CDのロゴがないためです)


ザ・ローリング・ストーンズ / ア・ビガー・バン


さてこのセキュア銀色円盤ですが、実はかなりたちが悪いということが判明してきました。
調べれば調べるほど、2セッション目には触れたくなくなります。

まず現在のPC環境ですが、OSはWindowsXP SP2で、2セッション目の Player.EXE を実行してインストールした後、2セッション目の Uninstall.exe を実行している状態です。
このときは、PX-716UF + EAC でトラック単位では普通にリッピングできます。(別に何をすることもなく、普通の音楽CD同様に扱える)

ところが、再度2セッション目の Player.EXE を実行して↓の画面を表示させた後、




「同意する」 「同意しない」 のどちらもクリックしないで、左上の×をクリックして終了、といったことをするだけで、PX-716UF + EAC で正常にリッピングできなくなってしまいます。(つまり、オートランが有効になっていると、その時点でアウト)
→リッピング作業自体は正常に終了するものの、リッピングしたWAVEを聞いてみると、(元の曲の原型はとどめてはいるが)全然違う音になってしまう。

EACだけでなく、ONES 2.0.300、nero6、CDM 2.70等のソフトでも試してみましたが、リッピング自体は普通に完了しますが、変な音になってしまいます。

念のため、2セッション目の Player.EXE を一度も実行していないWindows2000 + SP4のPCでも試してみました。
手順は↑の画面を立ち上げた後、Ctrl + Alt + Del で強制終了。その操作をしただけで、まともにリッピングできなくなってしまいます。


同意する、同意しないと出てきますが、それ以前に勝手になにかPCに仕込まれている感じが・・・

どうやら、セキュア銀色円盤の2セッション目には非常にたちが悪いプログラムが格納されているようですが、アンインストーラーが付属しているので、まだましな方かもしれません。

なんにしても、基本的に2セッション目には触れない方がよさそうです。




■CDの作成を試してみる

2セッション目にはCD作成のプログラムがあるので、「どんなものなのか?」 ということで試してみます。
(ドライブはPX-716UF を使用)


あまり気が進みませんが、「はい」 をクリック。



再起動を求められます。



再起動後、インストールフォルダを確認
ライティング部はPadusが絡んでいそうです?



後3回って・・・
違法なことをするつもりは全くありませんが、自分で買ったものはもっと自由に扱わせてくれよと。



文句ばかり言ってもしょうがないので、続行します。



「著作権保護が設定されて」・・・だから自分で買ったのを自分で聴くだけだと。
あんまり文句言うのはやめておきます。(^^;



バックアップディスクのエラー計測結果 (1stセッションのみ)
暁のラブレターのように、焼くとエラーが出るというようなことはなさそうです。


さて、ここまではいいのですが、このバックアップディスク、バイナリがオリジナルと変わってしまってます。
ちょっと聴いただけでは気がつきませんが、かなり豪快に変わってしまうようです。


【追記】
バイナリが一致しないのは、エンコード → デコード といったことをしているのが原因みたいです。参考リンク
何でそんなことをしているかは不明ですが、付属ソフトのバックアップは、正確なバックアップではないことは間違いありません。



Player.EXE をインストールしていない、Win2k PCでリッピングしたWAVEファイルの比較
左がここで作成したバックアップディスクからリッピングしたWAVEファイル、
右がマスターディスクからリッピングしたWAVEファイルです
(共に、EAC + PX-716A でリッピング)
試しに、「一致点を探す」 にチェックしてもだめです。


PlexToolsの1stセッション有効を使い、EAC + PX-716UF で(1stセッションのみを)バックアップしたディスクは、masterディスクとバイナリ一致します。(つまり、2セッション目の CDの作成 の機能を使用すると、正確にバックアップできない)




■iPod では本当に使えないのか?

セキュア銀色円盤は、iPod をサポートしないという、世の中の流れに思いっきり反した仕様ですが、「本当に iPod では使えないのか?」 ということで試してみます。(この実験をするために、iPod shuffle を新規購入)

まず、Part1 で作成したWMAファイルを iTunes に取り込もうとしたところ、




こんな感じで、はねられてしまいます。(これは予定通り)
次に、普通にセキュア銀色円盤を PX-716UF にセットしてみましたが、「対応してません」 の情報どおり、iTunes は認識してくれません。2セッション目のソフトをアンインストールしても認識してくれませんでした。
東芝EMI はなんでこんな不評を買いそうな円盤を発売するのか?ちょっと理解できなくなってきました。


しかし、「絶対に iTunes で使えないか?」 というとそんなことはなく、やり方によっては普通の音楽CDとして認識し、MP3変換も可能です。
あんまり詳しく書いて(どこからともなく)謎の圧力がかかってくると嫌なので、詳しくは書きません・・・が、ここまでくれば分かるかと。(要は、2セッション以降は認識されないようにすればいいだけの話です)


正常に認識し、無事MP3変換できました。(PX-716UF にて)



iTunes で変換されたMP3ファイル
保護は当然 「いいえ」 になります。



iPod shuffle にも無事転送完了。


ということで、(条件が限定されますが) iTunes を使用してのMP3へのエンコード、iPod への転送は、普通の音楽CDと同様に可能です。




■その他

Part1に追加して、いくつかのドライブでトラック単位でのリッピングを調べてみました。
※ソフトはEACを使用してますが、SD-M1712 は無音WAVEになってしまったので、SD-M1712 のみnero6を使用してます。
※OSはWindows2000 SP4で、2セッション目のソフトはインストールしていない状態です。
※リッピングした後のバイナリ確認は、PX-716A でリッピングしたWAVEファイルとの比較結果です。


使用ドライブ ファームウェア 認識 リッピングしたWAVE
のバイナリ比較
PLEXTOR
PX-716A
1.08 OK -
Pioneer
DVR-A09-J
1.57 OK すべて一致
BenQ
DW1640
BSKB OK すべて一致
日立LG
GSA-4163B
A104 OK すべて一致
Panasonic
LF-M821JD
A100 OK すべて一致
NEC
ND-3530A
3.24 OK すべて一致
東芝サムスン
SD-R5372
TU56 OK すべて一致
TEAC
DV-W516E
1.0B OK すべて一致
LITE-ON
SOHW-1653S
CS0P OK すべて一致
TOSHIBA
SD-M1712
1004 OK すべて一致


SD-M1712のみなぜかEACで吸うと無音WAVEになってしまいましたが、nero6では正常に吸えました。以前のCDSにあったように、トラック1のみ吸いにくいということもなさそうです。
トラック単位でのリッピングに関しては、やはりプロテクト効果はほとんどなさそう、ということで。




GORILLAZ / ディーモン・デイズ 期間限定 スペシャル・プライス盤