■各種エラー計測グラフの見方がわからない!

という意見をたまに頂くのですが、その辺についてあまり書いていないのは、そもそも私が人様にキッチリ説明できるほど理解できていないからです。
とはいえ、エラーグラフをズラズラと並べて(説明書きを)書かないのもどうかと思うので、簡単に書いておきます。(もし間違っていること書いてたらすいません)
※一応コメントという形で書いてはいるのですが、それだけだとどうも分かりにくいようなので。


■最も一般的な PlexToolsProfessional の PIE Sum8 Test
PLEXTORのドライブ(PX-760A、PX-755A 等)に標準添付している、非常に使えるツールです。
PIE Sum8 Testはエラーが少ないほどよく、MAXが50くらいを超えなければまず問題ないと思います。100を超えてくるとちょっと気持ち悪いなぁ、200を超えたら多分大丈夫だろうけど、少し不安・・・
という感じで見ればいいと思います。
公式にはMAX280を超えたら品質的に問題あり、ということになりますが、MAX280はOKで、MAX281がNGという極端な見方をするのはあまりよくないと思います。なぜなら、計測に使用するドライブによってエラー値が異なってくるのが普通だからです。(同じ型番、同じファーム、同じ製造時期のドライブでも)
同じ理由から、他の人のグラフと細かいところまで比較するのはあまり意味がないと思われます。

なお、うちでは速度2に設定していますが、時間があれば速度1が理想的です。(速度1、速度2ともに2倍速計測を行いますが、速度2は間引いて計測するため)
ただ、速度1だと30分近くかかるので、時間がないときは速度2、3でもいいかと思います。速度2なら15分程度で終わります。
さらに時間があれば、Sum1 Testも行うことをお勧めします。


良い例
MAX値が20まで届かず、エラーが最初から最後までほぼ均一。


悪い例
縦軸280のところにボーダーラインがあるのが分かると思います。
あと少しでこのボーダーラインを超えそうで、あまり良いとはいえない状態。





■PxScan + PxView
PX-716A でフル動作、PX-712A ではTA以外動作、PX-755A、PX-760A では改ファームで動作するメーカー非公式ツール。
BetaグラフがPlexToolsProfessionalより見やすく、(と思います) TAもPlexToolsProfessionalより細かく表示してくれる & 最大6エリアを計ることが可能なので、場合によってはPlexToolsProfessionalより使えます。
PIE、Beta、Jitterを連続して計ることが可能(PlexToolsはこれができない)なのも便利です。
ただし、時間がかかります。(PIE、Beta、Jitter計測の場合で約1時間かかる)
← これの時間確保が大変!AD-7173A のページでは1層DVD±Rを40枚計測してますが、1層DVD±RのPxScanだけで40時間近くもかかります。5xCAV 読みを行えば時間は短くなりますが、デフォルトの2xCLV 読みの方がいいと思うので、5xCAV 読みは行ってません。

Jitterグラフの見方は少々見方が難しいところがあるので説明省略。
Betaは-5%〜+15%の範囲に収まっているか?が目安になり、高すぎても低すぎてもよくありません。経験上Betaは低くなることが多いですが、-5%を下回っても実際は問題ないケースが多いと感じてます。
また、WOPC的動作をするドライブでは焼き面の色の変化具合が段々になることがありますが、その辺が気になるときはBetaを計ってみるといいと思います。(思ったよりBetaグラフが階段状になっていなかったり、逆に見た目より思いっきり階段状になっていたりといろいろ)
あまりにBetaが極端に階段状になるのはよくないかもしれません。



Betaが一定範囲内に収まっているとき Betaが一定範囲内に収まっていないとき
Betaが-5%〜+15%の範囲に収まっていないときは、赤色で表示してくれます。



同じディスクを、PxScanとPlexToolsでBeta計測して比較
PxScan + PxView
PlexToolsProfessional


TA(TimeAnalyzer)はJitterをヒストグラム表示したもので、これはディスクの記録状態を判別しやすいです。
山がいくつか並んでますが、山の頂点の位置のずれがなく、できるだけ山のとなり同士が干渉していないのが理想的です。
PIEが低くても、TAがやけに悪いなんてときは要注意かもしれません。(基本的に読みにくいディスクのはずのため)


良い例
山の頂点のズレがほとんどなく、隣の山同士の干渉も少ないです。理想的な状態。


悪い例
ピット(青色)は山の頂点がはっきりとズレていて、ランド(赤色)は隣の山と干渉しまくり。悪い状態です。
※PxScan + PxView のTA グラフを見るときは、 avg: の横の数値をまず見るといいと思います。(数値が小さいほど読みやすいディスク)


なお、PxScanとPxViewはセットで使うもので、PxScanでデータを取得後、そのデータをPxViewに読ませてグラフ化します。
ただ、その場合、書き込みに使用したドライブのシリアルも表示されてしまうので、(※ドライブによっては表示されないこともあります)
それが嫌なときはPxViewを起動してから、PxScanを走らせるといいと思います。



PxScanでデータを取得後、PxViewに読ませたとき
ドライブのシリアルナンバーが表示されます。
先にPxViewを起動させておいて、PxScanを走らせたとき
シリアルナンバー等は表示されません。


※うちではTA 用にPlexToolsProfessaional ではなく、PxScan を使用していますが、その最大の理由はPlexToolsProfessional の場合 "Excellent" 等の文字も含めてグラフを掲載する作業が非常に面倒なためです。





■DVDScan
Jitter計測というと、昔はBenQかPLEXTORと決まってましたが、DVDScanの登場によりLITE-ONでもJitter計測が可能になりました。
個人的には好きなツールで、特にJitter計測がいい感じです。(LITE-ONドライブは値段的に安く、Hyper Tuning を使えば記録品位的にも良くなるので、5インチベイが空いているなら増設するのをこっそりとお勧めしておきます)
BenQドライブと違ったJitterグラフを表示してくれることも多く、今まで見えなかったところが見えてくる。(気がします)

※Nero CD-DVD Speed のJitter計測対応により、使用頻度が減ってきています。


良い例
このくらいだとかなりいい感じです。(記録状態がよく、読みやすいディスク)


悪い例
赤のラインを大幅に上回ってしまった例。(根本的に記録状態が悪く、読みにくいディスク)





■Nero CD-DVD Speed
(上記の3ツールと比べると)実はそれほど好きなツールではないのですが、PIE、PIF、POF、Jitterと4つの主要項目が15分程度で計れるということと、書き込みに使用したドライブ名、実際の書き込みグラフ(注:Nero CD-DVD Speedで書き込みした場合のみ)がすべて1画面で分かるのでなにかと便利、ということで結果的にうちでは常に使ってます。
(私の好きなツールは、好きなほうから順に、PxScan → PlexToolsProfessional → DVDScan → Nero CD-DVD Speed)
→バージョン4.7.0.0でLITE-ONドライブでのJitter計測対応したことにより、注目度アップ!

Jitterが計れるのが利点の一つですが、Jitter計測可能なドライブは限られている点に注意。
DW1655、DW1650、DW1640は可能です。
※DW1670はそもそもDVDメディアの計測自体ができない点に注意。(CD-Rは可能)
※バージョン4.7.0.0より、LITE-ONドライブもJitter計測可能になりました。

品質スコアが0〜100まで表示されますが、これはPIFのMAX値と、POFで決まります。(DVD±Rの場合)
POFは1個でもカウントされるとまずい性質のものなので、計測中わずかPOFが1個でもカウントされると、その瞬間品質スコアが0になります。
POFがカウントされないときは、PIFのMAX値で決まりますが、90点台ならまぁ大丈夫かと思います。(品質スコアだけではすべてを判断できないと思いますが)
いい、悪いの判断は、いいと思われる条件、悪いと思われる条件で何枚か焼き、自分なりに判断基準を作るといいと思います。

なお、通常のライティングソフトで(DVD-Rに)焼いた場合、DW1640では書き込んだドライブ名は表示されませんが、DW1650、DW1655は表示されます。


記録品位がいい例
PIE平均が0.39、ジッタ平均7.07%
ここまでの好結果はなかなか出ません。(これは非常にいい場合の例)


普通にいい例
PIE平均が2.80、ジッタ平均7.97%
悪くはなく、普通にいい場合の例。


あまりよくない例
PIEが右上がり、序盤でPIFが密集、ジッタ最大14.0%
全然だめではないですが、これだと大事なデータの保存には抵抗感があります。


完璧にNGの場合の例
POF(PO修復不能)は1個でもカウントされたらまずいですが、これは264185もカウント。
さらにPIFが極端に密集していて、Jitterも高く最大18.7% までいってます。(完璧にまずい場合の例)