■LITE-ON SHM-165P6S Part2  - 2006年8月27日更新 -

ちょっと時間が空いたので、LITE-ON SHM-165P6S Part2 ということで取り上げてみようと思います。
なぜ SHM-165P6S かというと、最初に登場したときと比べて進化したところがあるためです。
(書き込み品質向上が期待できるHyper Tuningの対応と、DVDメディアのBeta/Jitter計測も可能なDVDScan対応)
※以前は、Online Hyper Tuning、DVDScan とものテストファームが必要でしたが、公式ファーム MS0Pでどちらも動作可能になりました。


- 検証時環境 -
 マザーボード ASUS P5LD2 DELUXE (intel 945P + ICH7R)
 OS WindowsXP Professional SP2 OEM
 CPU PentiumD 940
 メモリ Crucial PC2-5300 (DDR2-667) 512MB x 2
 ビデオカード GeForce 6600GT 128MB GDDR3 SDRAM
 サウンド オンボードのものを使用
 FDD TEAC 2モード
 SATA HDD Seagate Barracuda 7200.10 ST3320620AS (320GB)
 IDEマスター 光学ドライブ ソニーNECオプティアーク ND-4571A
 IDEスレーブ 光学ドライブ LITE-ON SHM-165P6S (Firm MS0P) ← 今回使用する2006年7月製造品
 IT8211 ATA/ATAPI
 コントローラ1マスター
光学ドライブ LITE-ON SHM-165P6S (Firm MV9N) ← 最初に買った2005年11月製造 ※今回は使用してません 
 IT8211 ATA/ATAPI
 コントローラ1スレーブ
光学ドライブ BenQ DW1640
 USB2.0 光学ドライブ PLEXTOR PX-716A + ラトックUSB2.0アルミケース
 ケース ソルダム MT-PRO1300(白 400W)
※電源は ENERMAX ELT620AWT に交換
※サイドカバーは開けっ放しで使用
※外付けドライブは、必要に応じて電源入れてます。


※今回より、PxScan用ドライブを PX-716UFL から(予備機の)PX-716A + ラトックUSB2.0ケースに変更しています。
  (PX-716UFLは、マウントしないしない病 にかかってしまい、どうやらお亡くなりになる寸前・・・)

  何度か入れ直すとマウントできるときもあるのですが、マウントさせるだけで一苦労。(716系ドライブの持病?)
  PX-716UFL は、約1年くらい主に読み用で酷使したので、寿命ということにしておきます。



製品ラベル
国内初流通品は2005年11月製造品ですが、今回は2006年7月製造品を使用しています。



DVDInfoPro 4.614
購入時のファームは MS0N でしたが、MS0P にアップ。(2006年8月27日時点での公式最新ファーム)
ファーム MS0P では、DVDScanでも動作します。



Smart-Burn utility 3.1.16t
公式ファーム MS0P ですが、見ての通りフル動作可能。
書き込み品質向上が期待できる項目は、"Force Hyper Tuning" と "Online Hyper Tuning" です。
Smart-Burn utility 3.1.16t(必須) 公式 その他

■Online Hyper Tuning を使ったときと使わないときの書き込みグラフの差について

通常のライティングソフトで焼くと気がつきませんが、Nero CD-DVD Speed でのデータディスク作成だとよく分かります。
↓のことは散々既出なことなので、今さら書くことではありませんが。



SMART-BURN 3.1.16t 全項目未チェックのとき
途中でメディアチェック等の動作はせず、一気に書き込み。(LITE-ON らしいグラフ)



SMART-BURN 3.1.16t で Online Hyper Tuning のみ有効にしたとき
書き込み中にメディアチェックをしているのが分かります。

■Online Hyper Tuning で書き込み品質に差が出るか?

↑で焼いたディスクの各種計測結果です。


SMART-BURN 3.1.16t 全項目未チェックのとき
Nero CD-DVD Speed 4.60 + BenQ DW1640 (Firm BSMB) ディスク品質テスト
PxScan 1.7.10.1 + PxView 1.12.6 + PX-716A (Firm 1.10) PIE/Beta/Jitter
"writer used" のところが "SONY DW-G120AMS0P" となってますが
実際は "LITE-ON SHM-165P6SMS0P" です
DVDScan 0.04Beta + LITE-ON SHM-165P6S (Firm MS0P) Jitter Test (Speed=4,Interval=400)
PxScan 1.7.10.1 + PxView 1.12.6 + PX-716A (Firm 1.10) TA




SMART-BURN 3.1.16t で Online Hyper Tuning のみ有効にしたとき
Nero CD-DVD Speed 4.60 + BenQ DW1640 (Firm BSMB) ディスク品質テスト
PxScan 1.7.10.1 + PxView 1.12.6 + PX-716A (Firm 1.10) PIE/Beta/Jitter
DVDScan 0.04Beta + LITE-ON SHM-165P6S (Firm MS0P) Jitter Test (Speed=4,Interval=400)
PxScan 1.7.10.1 + PxView 1.12.6 + PX-716A (Firm 1.10) TA


あまり変わってないような気もしますが、DVDScanのJitterは "Online Hyper Tuning" をチェックしたほうがよくなってます。






[1] Hyper Tuning を使わないとき
[2] Force Hyper Tuning のみを使ったとき
[3] Online Hyper Tuning のみを使ったとき
[4] Force Hyper Tuning と Online Hyper Tuning の両方を使ったとき
どれがいいのか実際に焼いてみる