■台湾製のSONY BD-Rメディア - 2010年10月23日更新 - 

【2010年11月28日追記】
その後パステルカラーの10枚のを買いましたが、RiTEK OEMでした。SONY自社IDを狙って入手するのは非常に難しいです。



SONY 1層BD-Rは2010年5月にRiTEK OEMになってしまい、今後もそのままいくか?と思われましたが、2010年10月の新パッケージでは自社IDが復活しました。ただし従来の日本製ではなく、台湾製です。

そうなると、「台湾製で大丈夫?」という、ごく当たり前の疑問が生じてくるので、いくつかのドライブで試し焼きしてみようと思います。


SONY 5BNR1VCPS4 (台湾製)
[BD-R-SL:RITEK-BR2-000]
2010年5月発売の↑のパッケージでは、それまでの自社製から突如RiTEK OEMになってしまいました。



SONY 5BNR1VCCS4 (台湾製)
[BD-R-SL:SONY-NN2-002]
2010年10月発売の↑のパッケージでは、(台湾製とはいえ)自社IDが復活。




■SONY 4倍速BD-Rまとめ ※2010年10月現在

パッケージ
型番
ID 原産国 コメント等
5BNR1VBXS4
[BD-R-SL:MEI-T02-001] 日本
2007年10月頃のSONY 4倍速BD-Rは日本製ですが、自社製ではなくPanasonic OEMでした。
10BNR1VBTS4
[BD-R-SL:SONY-NS2-002] 日本
2008年12月頃のSONY 4倍速BD-R
この時期のはPanasonic OEMではなく、自社製です。
10BNR1VBCS4
[BD-R-SL:SONY-NN2-002] 日本
2009年9月頃のSONY 4倍速BD-Rも自社製ですが、IDがそれまでのものと異なります。
このIDのものはドライブによっては速度違反が可能で、Pioneer BDR-S05J、BDR-S06J では12倍速という速度違反書き込みが可能です。
5BNR1VCPS4
[BD-R-SL:RITEK-BR2-000] 台湾
2010年5月頃に突如台湾製のものが登場しましたが、なんとRiTEK OEM!です。正直これでは買う意味というか価値がないです。(Panasonicが日本製自社なので)
5BNR1VCCS4
[BD-R-SL:SONY-NN2-002] 台湾
このままRiTEK OEMでいくか?と思われましたが、これまた突如自社IDが復活しました。台湾製ですが、日本製のものとIDは同じです。
25BNR1VCPP4
[BD-R-SL:RITEK-BR2-000] 台湾
↑のとほぼ同時期に発売になりましたが、これはRiTEKでした。油断も隙もないというか、SONYのつもりで買ったのがRiTEKだったとき(しかも25枚も!)の落胆ぶりは半端ないです。

まとめると、

基本的にSONY 1層BD-Rは買ってみないと中身がわからない!

ということが言えそうです。
2層に関しては自社は確認されておらず、PanasonicまたはTDK OEMです。


>> Next Page 各種ドライブでのエラーグラフ