■お亡くなりになったライトンドライブを蘇生させる!

DRU-700A化して使用していたLITE-ON SOHW-812Sですが、なにも考えずにSONY配布のファームVY05を入れたところ、アクセスランプが常時点滅してしまい、メディアが一切認識されなくなってしまいました。
→今から考えるとなにも考えずにSONY配布のファームを入れたのはまずかったみたいです。よく調べずに実行した私がバカでした。(T_T)

ところが幸いなことに、ライトンドライブは比較的簡単に蘇生させることが出来ます。実際にやったところうまくいったので、蘇生の経過なんかを簡単に書いてみようと思います。

【参考URL】
http://dhc014.rpc1.org/
http://codeguys.rpc1.org/





■蘇生!

お亡くなりになったドライブですが、認識自体は出来てます。(メディアを受け付けないだけです)
DVDINFOPro 2.56 での情報は以下の通り。



ここから元ハードである SOHW-812S に戻しますが、(今回は)DOSで作業するためいろいろと準備が要ります。


【用意したもの】
US0N.BIN (SOHW-812S用)
mtkflash.exe (version 1.80.1)
フロッピーディスク1 (WindowsXPで作成した起動ディスク)
フロッピーディスク2 (US0N.BIN、mtkflash.exe用)


まず、PCをフロッピーデイスクで起動できるようにBIOSを設定し、フロッピーディスク1 (起動ディスク用)を使ってシステムを起動させます。少し待つとコマンドプロントの状態になるので、フロッピーディスク2に入れ替えて、

 mtkflash 3 w /m US0N.BIN

と入力 ※条件によて、入力する文字列等は違います


こんな感じで入力。


ここまできたら、家族に電子レンジを使うな!と一応念を押し(笑) Enterキーを押すだけです。


結構時間がかかりますが、ひたすら成功を祈って待つのみ。


無事成功したら、PCを再起動すれば作業完了です。
見事(元のドライブとして)復活しました。


元のドライブに戻りました。焼きも問題ありません。




■調子に乗って、832S化してみる

832S用の VS08.BIN を dvdrw_omnipatcher.exe で少しいじってやって、あとは↑と同じ要領です。


調子に乗って832S化してみました。
これでDVD+R DLメディアも使えちゃいます。(品質的なことははさておき)
ROM化もバッチリ。



Nero CD-DVD Speed 3.12 での(DLメディアを使っての)データディスク作成
実際に書き込みも可能。



↑で作成したディスクの、KProbe 2.2.3 での測定結果
ただ、DL焼きはいまいちかも。(焼きムラも結構でてしまっています)


ということで、ほぼ予定通りの結果となりました。
SONY DRU-700Aを買ったことを少し後悔・・・

※改ファームは自己責任、ということを忘れずに!



トップへ