■東方紺珠伝 Part2 - 2016年3月13日更新 - 


ここはBD-Rに興味がある人に同人ゲームを紹介するという、
なかなかにおせっかいなページです
(知らない人も多いと思うので、紹介します)



東方紺珠伝 Part2です。 → Part1(重いので注意)
攻略法もまとまってきたのと、久しぶりにやったらやはり非常に面白いゲームだと思うので、勝手に紹介します。

東方紺珠伝は難しいゲームで、(ZUNさんによると、難しさのベクトルが違うそうです)初見ではまずクリアが無理なタイプの弾幕シューティングゲームです。特に5面ボスは特徴をよく把握していないと、あっという間にゲームオーバーになります。

初見は完全無欠モードでやるべきゲームですが、最終的にはレガシー Lunatic 早苗でプレイすると面白いと思うので、ここではレガシー Lunatic 早苗でプレイしています。

東方紺珠伝
ゲームショップでは売っていません、
メロンブックスやあきばお〜等で扱っています。


- 各機体の特徴について -
霊夢
当たり判定が小さいことでグレイズしにくいのが欠点。本作では不利と思える機体性能ですが、Lunaticでノーミス、ノーボム、フルスペカを達成している人は霊夢を選択しています。
魔理沙
いつも通りです。機体性能的にレガシーモードは向いていないので、完全無欠モードの方が(多分)楽しめます。
早苗
レガシーモードで真価を発揮する機体。ボム中にグレイズが稼ぎやすく、レガシーモードではこの機体が1番クリアしやすいです。スコアアタック用機体としても向いています。
本ページでは早苗を使用しています。
鈴仙
同じくレガシーモードで真価を発揮する機体。ただし個人的には言われているほど強くない気もします。(連続被弾してしまうので)

ということで、レガシーモードなら早苗が最もクリアに近く、パターン化すればLunaticクリアも意外と簡単にいけます。
鈴仙でもクリアはできましが、早苗の方が圧倒的に楽です。
逆に霊夢と魔理沙では(レガシー)Lunaticは非常に難しいです・・・何度かトライしましたが、クリアできる気がしません。(完全無欠ならリトライしまくりでクリアできますが)

【補足】
早苗の弱点は、6面ボスとショットの相性が悪いことです。他機体と比べて(6面ボスへは)ダメージが通りにくいです。そのため(6面ボス戦は難易度が高過ぎることもあり)基本ボムゲーです。
4面ボスと相性悪いという人もいますが、4面ボスは高速ショットが陰陽玉を高速破壊してくれるので、相性はいい方かと思います、というか、よいです。
道中はこの機体がもっともパターン化しやすく、トータルで見れば(レガシーモードでは)1番クリアに近い機体です
【OSについて】
GeForce GTX 750 Ti + Core i5 4590S の環境ですが、Windows8.1よりWindows10の方が処理落ちが少なく、快適です。




■Lunatic レガシー 早苗 クリア重視パターン

クリア重視といっても、事前に完全無欠モードをやっておかないと難しいです。
道中、ボス戦ともパターン化できるところはできるだけ頑張ってます。難易度が高いところや、ボムを使用した方がいいところでは躊躇なく決めボムしてます。
結構被弾していますが、残機がかなり増やせるので、最終的に残機5でクリア出来ています。
難所の5面道中はほぼ思い通りプレイできました。(1箇所惜しくも被弾)
5面道中は紺珠伝で一番面白いです。BGMもよく、個人的には5面道中のBGMは過去作含めて1番好きです。
3面道中ラストチャプターは、早苗ならではの立ち回りで、かなり簡単に(ボム無しで)欠片を取れます。
5面道中ラストチャプターは、早苗の高速ショットを使うと意外と楽に抜けられます。
6面道中ラストチャプターは、早苗ならではの立ち回りで、かなり余裕を持って欠片を取得できています。


Lunatic レガシー 早苗 クリア重視パターン (1-3面)

Lunatic レガシー 早苗 クリア重視パターン (4-6面)



↑では失敗していますが、3面ボスの 「紺色の狂夢」 は安地が狙えます。
非常に難易度が高いですが、4面開始時に2ボムあると都合がいいので、あえてトライしています。(死んだら死んだでボム補充できるので)
以前ニコニコ動画にアップしたもの


トップへ